開けて悔しき玉手箱のブログ

浮世の世間で ある日 玉手箱を 開けてしまった........。 気づくと そこは......。

日本の仏教

浄土宗   

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

この記事は検証可能な参考文献や出典が全く示されていないか、不十分です。出典を追加して記事の信頼性向上にご協力ください。出典検索?: "浄土宗" – ニュース · 書籍 · スカラー · CiNii · J-STAGE · NDL · dlib.jp · ジャパンサーチ · TWL(2015年9月)
  1. 伝統宗派としての浄土宗。浄土宗諸派の総称としての浄土宗。鎮西派西山派に分かれる。
  2. 近現代の教団としての浄土宗。知恩院を総本山とする仏教教団。浄土宗白旗派を中心とする浄土宗系教団。

浄土宗宗務庁(京都)地図
浄土宗宗務庁(東京)

浄土宗(じょうどしゅう)は、大乗仏教の宗派のひとつである。浄土信仰に基づく日本仏教の宗旨で、法然を宗祖とする。鎌倉仏教のひとつ。本尊阿弥陀如来(舟後光立弥陀・舟立阿弥陀)。教義は、専修念仏を中心とする。浄土専念宗とも呼ばれる。浄土真宗の別称もある(親鸞を開祖と仰ぐ浄土真宗とは別である)。[要出典]

概要 

承安5年(1175年)、法然は43歳の時に、善導撰述の『観無量寿経疏』(『観経疏』)によって専修念仏の道に進み、叡山を下りて東山吉水の吉水草庵に住み、念仏の教えをひろめた。この年が、浄土宗の立教開宗の年とされる[1]

その『観経疏』にある立教に至らしめた文言は、

一心専念弥陀名号 行住坐臥不問時節久近 念念不捨者是名正定之業 順彼佛願故
(意訳)一心に専ら弥陀の名を称えいつでも何処でも時間の短い長いに関係なく常にこれを念頭に置き継続する事が往生への道である。その理由は弥陀の本願に順ずるからである。

「南無阿弥陀仏」は、阿弥陀仏帰依(南無)しますの意。

それを称名念仏といい、阿弥陀佛の選択によって選び取られた本願の行と解される。

浄土宗における念仏は「南無阿弥陀仏」を示すこの善導の文言から始まったと言っても過言ではない。

法然撰述の『選択本願念仏集』が、浄土宗の根本聖典となっており、教義の集大成となっている。

日常勤行で読まれる法然の「一枚起請文」は、死の直前に書かれ、浄土宗の教えの要である称名念仏の意味、心構え、態度について、簡潔に説明している。

歴史 

草創期 

法然在世時の歴史は、法然の生涯を参照。

法然の没後、長老の信空が後継となったものの、証空弁長幸西長西隆寛親鸞ら門人の間で法然の教義に対する解釈で僅かな差異が生じていた。

嘉禄3年(1227年)、再び専修念仏の停止が命ぜられて、浄土門では大きな被害を受け、以後、法然教団の分派が加速することとなった(嘉禄の法難)。事の発端には、法性寺の寺宝が盗まれた際に、念仏者が盗賊団の一味として疑われたことがある。また、延暦寺の僧徒たちが念仏者を襲撃したりし、『選択本願念仏集』は禁書扱いを受け、東山大谷の法然墓堂も破壊された。なお、この際に幸西は壱岐国に、隆寛は陸奥国に配流されている。法然の遺骸は、太秦広隆寺の来迎房円空に託され、安貞2年(1228年)に西山の粟生野で荼毘に付された。

その後、浄土四流(じょうどしりゅう)という流れが形成される。すなわち、信空の没後、京都の浄土宗主流となった三鈷寺証空西山義(西山派)、九州の草野氏の庇護を受けた善導寺弁長鎮西義(鎮西派)、東国への流刑を機に却って同地で多念義を広めた長楽寺隆寛長楽寺義、京都で証空に対抗して諸行本願義を説いた九品寺長西九品寺義の4派を指す。もっとも当時の有力な集団の1つであった親鸞の教団は、後に浄土真宗としてまた別の流れを作っていくのでこの4流には含まれていない。

他にも比叡山黒谷別所(現、青龍寺)と白川本坊(現、金戒光明寺)の信空教団と白川門徒、嵯峨二尊院の湛空と嵯峨門徒、知恩院を再興した賀茂功徳院神宮堂(現、百万遍知恩寺)の源智と紫野門徒、一念義を唱える幸西など4流に加わらずに独自の教団を構成した集団が乱立していく。だが、中世を通じて残ったのは浄土真宗を別にすると西山義と鎮西義の2つであり、この両義の教団を「西山派」「鎮西派」と称することとなる。

一方、関東においても鎌倉幕府によって念仏停止などの弾圧が行われたが、後には西山派は北条氏一族の中にも受け入れられて鎌倉弁ヶ谷に拠点を築いた。また、鎮西派を開いた第2祖弁長の弟子第3祖良忠下総国匝瑳南条荘を中心とし関東各地に勢力を伸ばした後鎌倉に入った。その他、鎌倉にある極楽寺真言律宗になる前は浄土宗寺院であったとも言われ、高徳院(鎌倉大仏)も同地における代表的な浄土宗寺院である(ただし、公式に浄土宗寺院になったのは江戸時代とも言われ、その初期については諸説がある)。良忠は上洛すると源智の弟子である紫野門徒知恩寺代3世信慧と「赤築地の談」を行い、鎮西義と紫野門徒の統合を行った。

分裂の時代 

西山義は証空の死後にその弟子たちが、証安の西山義・証入の東山義・証慧の嵯峨義・浄音の西谷義(現・西山浄土宗浄土宗西山禅林寺派)・遊観の本山義・立信の深草義(現・浄土宗西山深草派)・聖達の弟子一遍時宗などに分かれた。

鎮西義は良忠の死後にその弟子たちが、鎌倉悟真寺良暁の白旗派(現・浄土宗)・鎌倉善導寺尊観の名越派・性心の藤田派(これらを関東三派という)・然空の弟子、清浄華院向阿証賢の一条派・道光の三条派・良空の木幡派(これらを京都三派という)、さらに蓮華寺一向俊聖一向派などに分かれ、浄土宗は更なる分裂の時代を迎える事になった。

その後南北朝時代から室町時代にかけて、鎮西義の中でも藤田派の聖観・良栄、白旗派の聖冏聖聡が現れて宗派を興隆して西山義及び鎮西義の他の流派を圧倒した。特に第7祖の聖冏は浄土宗に宗脈・戒脈の相承があるとして「五重相伝」の法を唱え、血脈・教義の組織化を図って宗門を統一しようとし、やがて白旗派が鎮西義を統一していくこととなる。第8祖の聖聡は増上寺を創建し、その孫弟子にあたる愚底は松平親忠に乞われて大樹寺を創建した。

また、戦国時代には縁誉称念による専修念仏集団一心院流(捨世派)が成立して分派し、天文17年(1548年)には知恩院にある法然上人御廟の向かいに一心院を建立している。

応仁の乱後、白旗派の手によって再興された知恩院は天正3年(1575年)に正親町天皇より浄土宗本寺としての承認を受け、諸国の浄土宗僧侶への香衣付与・剥奪の権限を与えられた(「毀破綸旨」)。さらに松平親忠の末裔である徳川家康江戸幕府を開いたことによって浄土宗は手厚い保護を受けることになる。特に知恩院28世の尊照と増上寺12世の存応は、家康の崇敬を受けた。そしてこの二人によって元和元年(1615年)7月に寺院諸法度の一環として出された「浄土宗法度」が制定され、幕府の命によって発布された。そこには知恩院が宮門跡寺院・第一位の本山とされ、増上寺はこれより下位に置かれたものの、「大本山」の称号と宗務行政官庁である「総録所」(宗務所)が設置された。これにより白旗派が主導する浄土宗の鎮西義は幕府の手厚い保護を受けることになる。

また、このとき浄土宗の西山義に対しては別個に「浄土宗西山派法度」が出されており、浄土宗とは違う対応がなされている。

明治時代以後 

江戸幕府が倒壊し明治時代に入ると、廃仏毀釈の混乱のなかから養鸕徹定福田行誡らによって近代化が図られ、白旗派が名越派などを統合する形で鎮西義が統一され、現在の浄土宗の原型が成立する。

1876年明治9年)9月25日、浄土宗から西山義が分派し、浄土宗西山派を結成した。この時に浄土宗西山派は西谷流・粟生光明寺が西本山、西谷流・禅林寺が東本山、深草流・誓願寺が北本山、深草流・円福寺が南本山となり、四本山制となる。

1919年大正8年)4月30日、浄土宗西山派が粟生光明寺を総本山とする浄土宗西山光明寺派(後の西山浄土宗)、禅林寺を総本山とする浄土宗西山禅林寺派、誓願寺を総本山とする浄土宗西山深草派の三つに分裂する。この三つを総称して西山三派という。

1941年昭和16年)、日中戦争中の戦時統制によって西山三派が再び合流して浄土宗西山派となる。

1943年(昭和18年)、浄土宗に時宗十二派のうちの本山を蓮華寺とする一向派と本山を佛向寺とする天童派が合流する。

1946年(昭和21年)、浄土宗から金戒光明寺を本山とする黒谷浄土宗が分派する。

1947年(昭和22年)、浄土宗から知恩院を本山とする本派浄土宗(後に浄土宗本派に改称)が分派する。

1947年(昭和22年)、浄土宗西山派が粟生光明寺を総本山とする西山浄土宗(浄土宗西山光明寺派が改称)、禅林寺を総本山とする浄土宗西山禅林寺派、誓願寺を総本山とする浄土宗西山深草派の三つに再び分裂する。

1948年(昭和23年)、西山浄土宗から曼陀羅寺を本山とする浄土宗西山曼陀羅寺派が分派する(1961年・昭和36年、西山浄土宗に合流)。

1950年(昭和25年)、浄土宗から一心院を本山とする浄土宗捨世派が分派する。

1951年(昭和26年)、浄土宗西山深草派から真宗院を本山とする深草浄土宗が分派する(1966年・昭和41年、浄土宗西山深草派に合流)。

1951年(昭和26年)、証空ゆかりの三鈷寺天台宗から分派し、西山宗を結成する。

1962年(昭和37年)、1961年(昭和36年)の法然上人750年忌を機に浄土宗本派が浄土宗に合流する。

1977年(昭和52年)、黒谷浄土宗が浄土宗に合流する。

現在の宗教法人としての「浄土宗」の代表役員は宗務総長、責任役員は内局と呼ばれている。

一方、西山派は現在も宗教法人浄土宗とは別個に西山浄土宗(総本山粟生光明寺)・浄土宗西山禅林寺派(総本山禅林寺)・浄土宗西山深草派(総本山誓願寺)の3派が並立した状態が続いている。また、江戸時代の改革運動の際に分裂した浄土宗捨世派(本山一心院)の勢力も存在する。

浄土宗寺院特徴 

本尊

  • 阿弥陀如来

脇侍

祖師・高僧像

  • 左…善導大師
  • 右…法然上人
  • 注)下記二名は鎮西派(浄土宗)。
  • 注)下記一名は西山派(西山浄土宗、浄土宗西山禅林寺派、浄土宗西山深草派)。

主要経論 

ウィキソースに仏説無量寿経の原文があります。
ウィキソースに仏説観無量寿経の原文があります。
ウィキソースに仏説阿弥陀経の原文があります。
ウィキソースに無量寿経優婆提舎願生偈の原文があります。
ウィキソースに一枚起請文の原文があります。

経典

浄土宗宗歌 

  • 「月かげの いたらぬさとは なけれども ながむる人の 心にぞすむ」
    • この宗歌は「月かげ」と称され、法然の真作とされる23首の和歌のうちでも最も有名なものである。鎌倉時代の勅撰和歌集てせある続千載和歌集にも採用されている。「月の光はどこにでも届いているけれども、それを眺める人だけが美しいと感じることができる」という歌に、「阿弥陀仏の救いは誰にでも向けられているけれども、それを信じる人だけがその慈悲に預かることができる」という意味を重ねている。法然上人二十五霊場十八番月輪寺詠歌にもなっている。

主要寺院 

ウィキペディアはオンライン百科事典であって、単なるリンク集やインターネットディレクトリではありません。改善やノートページでの議論にご協力ください。(2020年1月)

鎮西派 

総本山

http://www.chion-in.or.jp/

大本山

http://www.zojoji.or.jp/
http://www.kurodani.jp/
http://www.jodo.jp/290004/03/
http://www.jozan.jp/
http://www.zendoji.jp/
http://park16.wakwak.com/~komyo-ji/
http://www.daihongan.or.jp/
  • (本堂)定額山善光寺(長野県長野市)
http://www.zenkoji.jp/

本山

http://honzan-rengeji.com/

特別寺院

http://www.d3.dion.ne.jp/~tanjoji/
  • 得浄明院…(正式名称)本覚山得浄明院(京都府京都市東山区)
http://www.zenkojikai.com/kinki/ki-131.html
http://www.city.kyoto.lg.jp/kamigyo/page/0000012470.html

西山派 

浄土宗西山禅林寺派総本山

  • 永観堂 禅林寺…(正式名称)聖衆来迎山無量寿院禅林寺(京都府京都市左京区)
http://www.eikando.or.jp/

西山浄土宗総本山

http://www.komyo-ji.or.jp/

浄土宗西山深草派総本山

http://www.fukakusa.or.jp/

関係学校 

大学 

中学校・高等学校 

脚注 

[脚注の使い方]

関連項目 

ポータル 仏教

外部リンク 

この項目は、仏教に関連した書きかけの項目です。この項目を加筆・訂正などしてくださる協力者を求めています(ポータル 仏教/ウィキプロジェクト 仏教)。
 

シンギュラリティとは?

技術的特異点   

ウィキペディアから、無料の百科事典

技術的特異点-also、単に、特異点[1] -is仮定の技術成長は人間の文明に予測不可能な変化をもたらす、制御不能と不可逆になる時点を。[2] [3]インテリジェンス爆発と呼ばれる特異点仮説の最も人気のあるバージョンによると、アップグレード可能なインテリジェントエージェントは最終的に自己改善サイクルの「暴走反応」に入り、新しいよりインテリジェントな世代がますます急速に出現します、インテリジェンスの「爆発」を引き起こし、質的にすべてをはるかに超える強力なスーパーインテリジェンスをもたらしますヒューマンインテリジェンス

技術的文脈における「特異点」の概念の最初の使用は、ジョン・フォン・ノイマンでした。[4] スタニスワフ・ウラムはフォン・ノイマンとの議論を報告を中心に加速進歩技術といくつかの重要な近づくの外観与え、人間の生命のモードの変化の特異点を我々として、越えた人事のレースの歴史の中にそれらを知っている、続けることができなかった」。[5]その後の著者は、この見方を繰り返しています。[3] [6]

IJグッドの「インテリジェンス爆発」モデルは、将来の超知能が特異点を引き起こすと予測しています。[7]

概念と「特異点」という用語は、1993年のエッセイ「TheComing Technological Singularity」でヴァーナー・ヴィンジによって広められました。彼は、新しい超知能がそれ自体をアップグレードし続け、技術的に進歩するため、人間の時代の終わりを示すと書いています。理解できない速度で。彼は、それが2005年以前または2030年以降に起こった場合、彼は驚くだろうと書いた。[7] 

スティーブンホーキングイーロンマスクなどの公人は、完全な人工知能(AI)が人類の絶滅につながる可能性があることへの懸念を表明しています。[8] [9]特異点の結果と、人類に対するその潜在的な利益または害については、激しく議論されてきました。

ニック・ボストロムヴィンセント・C・ミュラーが2012年と2013年に実施したAI研究者の4回の調査では、人工知能(AGI)が2040〜2050年までに開発される確率の中央値は50%であることが示唆されました。[10] [11]

バックグラウンド 

技術の進歩はほとんどの分野で加速していますが(一部では減速していますが)、人間の脳の基本的な知性によって制限されています。ポールR.エーリッヒによれば、それは何千年もの間大幅に変化していません。[12]しかし、コンピューターやその他のテクノロジーの能力が高まるにつれ、最終的には人間よりもはるかにインテリジェントなマシンを構築できるようになる可能性があります。[13]

超人的知性が、人間の知性増幅または人工知能のいずれかによって発明された場合、それは現在の人間ができるよりも優れた問題解決と発明のスキルをもたらすでしょう。このようなAIはシードAIと呼ばれます[14] [15]AIが人間の作成者と同等またはそれを超えるエンジニアリング機能で作成された場合、AIは独自のソフトウェアとハ​​ードウェアを自律的に改善したり、さらに高性能なマシンを設計したりする可能性があるためです。このより高性能なマシンは、さらに高性能のマシンを設計するために進むことができます。再帰的な自己改善のこれらの反復は加速する可能性があり、物理法則または理論的計算によって課せられる上限の前に、潜在的に巨大な質的変化を可能にします。多くの反復にわたって、そのようなAIは人間の認知能力をはるかに超えると推測されます。

インテリジェンス爆発 

インテリジェンスの爆発は、人類が人工知能(AGI)を構築することで起こりうる結果です。AGIは、技術的特異点が達成された直後に、限界が不明な人工知能(ASI)の急速な出現につながる、再帰的な自己改善が可能である可能性があります。

IJグッドは、1965年に、人工知能が知能の爆発を引き起こす可能性があると推測しました。彼は、超人的な機械が発明されたとしても、その影響について推測しました:[16]

超インテリジェントなマシンを、どんなに賢い人のすべての知的活動をはるかに超えることができるマシンとして定義しましょう。機械の設計はこれらの知的活動の1つであるため、超インテリジェントな機械はさらに優れた機械を設計できます。その場合、間違いなく「知性の爆発」が起こり、人間の知性ははるかに取り残されるでしょう。したがって、最初の超インテリジェントマシンは、マシンを制御下に置く方法を教えてくれるほど従順であるという条件で、人間がこれまでに作成する必要のある最後の発明です。

グッドのシナリオは次のように実行されます。コンピューターの能力が向上するにつれて、人々は人類よりもインテリジェントなマシンを構築することが可能になります。この超人的な知性は、現在の人間ができるよりも優れた問題解決と独創的なスキルを持っています。次に、この超知能マシンは、さらに高性能なマシンを設計するか、独自のソフトウェアを書き直してさらにインテリジェントにします。次に、この(さらに能力の高い)マシンは、さらに優れた能力のマシンを設計します。再帰的な自己改善のこれらの反復は加速し、物理法則または理論的計算によって課せられる上限の前に、巨大な質的変化を可能にします。[16]

その他の症状 

スーパーインテリジェンスの出現 

超知能、超知能、または超人的知性は、最も明るく才能のある人間の心の知性をはるかに超える知性を持っている架空のエージェントです。「スーパーインテリジェンス」は、そのようなエージェントが持つインテリジェンスの形式または程度を指す場合もあります。ジョン・フォン・ノイマンヴァーナー・ヴィンジレイ・カーツワイルは、スーパーインテリジェンスの技術的創造という観点から概念を定義しています。彼らは、現代の人間が特異点後の世界で人間の生活がどのようになるかを予測することは困難または不可能であると主張しています。[7] [17]

技術予測者と研究者は、人間の知性を超える可能性があるかどうか、またはいつ超える可能性があるかについて意見が分かれています。人工知能(AI)の進歩は、おそらく人間の認知的制限を欠く一般的な推論システムをもたらすだろうと主張する人もいます。他の人々は、人間が進化するか、生物学を直接修正して、根本的に優れた知性を達成すると信じています。多くの未来学のシナリオは、これらの可能性の両方からの要素を組み合わせており、人間が実質的な知能増幅を可能にする方法で、コンピューターインターフェースをとったり、コンピューター心をアップロードしたりする可能性が高いことを示唆しています

非AI特異点 

いくつかの作家は、次のような新しい技術によってもたらされた私たちの社会の中で任意の根本的な変化を参照してより広範な方法で、「特異点」を使用し、分子ナノテクノロジー[18] [19] [20]、superintelligenceなしもののVingeや他の作家が、具体的な状態というこのような変更は、真の特異点とは見なされません。[7]

スピードスーパーインテリジェンス 

速度超知能は、人間が実行できるすべてのことを実行できるAIを表します。唯一の違いは、マシンの実行速度が速いことです。[21]たとえば、情報処理の速度が人間の速度の100万倍に増加すると、主観的な1年は30物理秒で経過します。[22]情報処理速度のこのような違いは、特異点を促進する可能性があります。[23]

妥当性 

多くの著名な技術者や学者には、技術的特異点の妥当性に異議を唱えるポール・アレンジェフ・ホーキンスジョン・ホランドジャロン・ラニアー、およびゴードン・ムーアその、法律しばしばコンセプトのサポートに引用されています。[24] [25] [26]

超人または作成するための最も提案されている方法transhuman人間の脳と人工知能の知能増幅:心は、2つのカテゴリに分類されます。インテリジェンス増強を生み出すための推測された方法は多く、バイオエンジニアリング遺伝子工学向知性薬、AIアシスタント、直接のブレインコンピューターインターフェースマインドアップロードなどがあります。インテリジェンス爆発への複数のパスが調査されているため、特異点が発生する可能性が高くなります。特異点が発生しないためには、それらはすべて失敗する必要があります。[22]

ロビン・ハンソンは、人間の知性の増強に対する懐疑論を表明し、人間の知性を高めるための簡単な方法の「手に負えない成果」が尽きると、さらなる改善を見つけるのはますます困難になるだろうと書いた。[27]人間の知性を増幅するためのすべての推測された方法にもかかわらず、非人間の人工知能(特にシードAI)は、特異点を前進させる仮説の中で最も人気のあるオプションです。[要出典]

インテリジェンス爆発が発生するかどうかは、3つの要因に依存します。[28]最初の加速要因は、以前の各改善によって可能になった新しいインテリジェンスの強化です。逆に、インテリジェンスがより高度になるにつれて、さらなる進歩はますます複雑になり、おそらくインテリジェンスの増加の利点を克服します。特異点への動きを継続するには、各改善により、平均して少なくとももう1つの改善が必要です。最後に、物理法則は最終的にそれ以上の改善を妨げるでしょう。

インテリジェンスの向上には、論理的に独立しているが相互に補強し合う2つの原因があります。それは、計算速度の向上と、使用されるアルゴリズムの向上です。[29]前者は、ムーアの法則と予測されるハードウェアの改善[30]によって予測されており、以前の技術的進歩と比較的類似しています。しかし、AI研究者もいます[誰ですか?]ソフトウェアがハードウェアよりも重要であると信じている人。[31]

2015年のNeurIPSおよびICML機械学習会議で出版された著者の2017年の電子メール調査では、インテリジェンス爆発の可能性について質問されました。回答者のうち、12%が「かなり可能性が高い」、17%が「可能性が高い」、21%が「ほぼ均等」、24%が「可能性が低い」、26%が「非常に可能性が低い」と回答しました。 "。[32]

速度の向上 

人間と人工知能の両方で、ハードウェアの改善により、将来のハードウェアの改善率が高まります。簡単に言えば、[33] ムーアの法則は、速度の最初の2倍が18か月かかった場合、2番目の速度は主観的な18か月かかることを示唆しています。または外部9か月、その後、4か月、2か月など、速度の特異点に向けて。[34]速度の上限に達する可能性がありますが、これがどれほど高いかは不明です。ジェフ・ホーキンスは、自己改善型コンピューターシステムは必然的に計算能力の上限に達するだろうと述べています。少し早くそこに着きます。特異点はありません。」[35]

シリコンベースのハードウェアをニューロンと直接比較することは困難です。しかし、Berglas(2008)は、コンピューターの音声認識が人間の能力に近づいており、この能力には脳の体積の0.01%が必要であると述べています。このアナロジーは、現代のコンピューターハードウェアが人間の脳と同じくらい強力である数桁以内にあることを示唆しています。

指数関数的成長 

レイ・カーツワイルは、パラダイムシフトにより、指数関数的成長の傾向がムーアの法則集積回路から初期のトランジスタ真空管リレー、および電気機械コンピュータにまで拡大していると書いています。彼は、指数関数的成長が続き、数十年以内にすべてのコンピューターの計算能力が(「強化されていない」)人間の脳の計算能力を超え、超人人工知能がほぼ同時に出現すると予測しています。
120年以上にわたるムーアの法則の更新版(カーツワイルの グラフに基づく)。最新の7つのデータポイントはすべてNVIDIAGPUです。

ムーアの法則によって示唆されるコンピューティング技術の指数関数的成長は、比較的近い将来に特異点を期待する理由として一般的に引用されており、多くの著者がムーアの法則の一般化を提案しています。コンピューター科学者で未来派ハンス・モラベックは、1998年の本[36]で、指数関数的成長曲線を集積回路以前の初期のコンピューティング技術にまで拡張できると提案しました。

レイ・カーツワイルは、技術変化の速度(より一般的にはすべての進化過程[37])が指数関数的に増加する収益加速の法則を仮定し、モラベックの提案と同じ方法でムーアの法則を一般化し、材料技術(特に適用される場合)も含めますナノテクノロジー)、医療技術など。[38]    1986年から2007年の間に、1人あたりの情報を計算するマシンのアプリケーション固有の能力は14か月ごとに約2倍になりました。世界の汎用コンピュータの1人当たりの容量は18か月ごとに2倍になっています。一人当たりの世界の通信容量は34か月ごとに2倍になりました。そして、一人当たりの世界のストレージ容量は、40か月ごとに2倍になりました。[39]一方、21世紀の特異点をパラメータとするグローバルな加速パターンは、指数関数的ではなく双曲線的として特徴付けられるべきであると主張されてきました。[40]

カーツワイルは、(他の技術とは対照的に)人工知能の急速な増加のために「特異点」という用語を予約し、たとえば「特異点は、私たちの生体と脳のこれらの制限を超越することを可能にします...区別はありません、ポスト特異点、人間と機械の間」。[41]彼はまた、コンピューターベースの知性が人間の脳力の合計を大幅に超えると予想する時期に関して、特異点の予測日(2045)を定義し、その日付より前にコンピューティングが進歩すると「特異点を表さない」と書いている。彼らは「まだ私たちの知性の深遠な拡大に対応していない」からです。[42]

変化の加速 

カーツワイルによれば、主要な歴史的出来事のパラダイムシフトの15のリストの彼の対数グラフは、指数関数的な傾向を 示しています   

一部の特異点支持者は、過去の傾向、特に技術の改善間のギャップの短縮に関連する傾向の外挿を通じて、その必然性を主張しています。技術的進歩の文脈における「特異点」という用語の最初の使用法の1つで、スタニスワフ・ウラムは、変化の加速についてジョン・フォン・ノイマンとの会話について語っています。

テクノロジーの進歩の加速と人間の生活様式の変化を中心とした会話があり、それを超えると人事が継続できなくなったレースの歴史の中で、本質的な特異点に近づいているように見えます。[5]

カーツワイルは、技術の進歩は、彼が「収穫加速の法則」と呼んでいるものに従って、指数関数的成長のパターンに従うと主張しています。テクノロジーが障壁に近づくときはいつでも、カーツワイルは書いています、新しいテクノロジーはそれを乗り越えます。彼は、パラダイムシフトがますます一般的になり、「技術の変化が非常に急速で深刻になり、人類の歴史の構造の崩壊を表す」と予測しています。[43]カーツウェルは、特異点が約2045年までに発生すると考えています。[38]彼の予測は、ヴィンジの急速に自己改善する超人的知性ではなく、特異点への漸進的な上昇を予測するという点で、ヴィンジの予測とは異なります。

よく引用される危険には、分子ナノテクノロジー遺伝子工学に一般的に関連する危険が含まれます。これらの脅威は、特異点の支持者と批評家の両方にとって大きな問題であり、ビル・ジョイワイアード誌の記事「なぜ未来は私たちを必要としないのか」の主題でした。[6] [44]

アルゴリズムの改善 

「シードAI」[14] [15]のような一部のインテリジェンス技術は、ソースコードを変更することで、自分自身を高速化するだけでなく、より効率的にする可能性もあります。これらの改善により、さらなる改善が可能になり、さらなる改善が可能になります。

再帰的に自己改善する一連のアルゴリズムのメカニズムは、2つの点で生の計算速度の向上とは異なります。まず、外部からの影響は必要ありません。より高速なハードウェアを設計するマシンでは、改良されたハードウェアを作成するか、工場を適切にプログラムする必要があります。[要出典] AIが独自のソースコードを書き換えると、AIボックスに含まれている間にそれを行うことができます

第二に、ヴァーナーヴィンジ特異点の概念と同様に、結果を予測することははるかに困難です。速度の向上は人間の知性との量的な違いにすぎないように見えますが、実際のアルゴリズムの改善は質的に異なります。エリーザー・ユドコウスキーは、それを人間の知性がもたらした変化と比較しています。人間は、進化が行ったよりも何千倍も速く、まったく異なる方法で世界を変えました。同様に、生命の進化は、以前の地質学的変化率からの大規模な逸脱と加速であり、知性の向上により、変化が再び同じように異なる可能性があります。[45]

再帰的に自己改善する一連のアルゴリズムに起因するインテリジェンス爆発の特異点に関連する重大な危険があります。まず、AIの目標構造は自己改善の下で不変ではない可能性があり、AIが本来意図されていたもの以外のものに最適化される可能性があります。[46] [47]第二に、AIは、人類が生き残るために使用するのと同じ希少な資源を求めて競争する可能性があります。[48] [49]

積極的に悪意を持っているわけではありませんが、AIがそのようにプログラムできない限り、AIが積極的に人間の目標を推進し、そうでない場合は、人類を支援するために現在使用されているリソースを使用してオウンゴールを推進し、人類の絶滅を引き起こすと考える理由はありません。[50] [51] [52]

CarlShulmanAndersSandbergは、アルゴリズムの改善が特異点の制限要因である可能性があることを示唆しています。ハードウェアの効率は着実なペースで向上する傾向がありますが、ソフトウェアの革新はより予測不可能であり、一連の累積的な調査によってボトルネックになる可能性があります。彼らは、ソフトウェアが制限された特異点の場合、ハードウェアが制限された特異点よりもインテリジェンスの爆発が実際に起こりやすくなることを示唆しています。ソフトウェアが制限された場合、人間レベルのAIが開発されると、非常に高速なハードウェアと豊富な安価なハードウェアにより、AI研究の制約が緩和されます。[53]ソフトウェアがそれを使用する方法を理解すると解き放たれることができる豊富な蓄積されたハードウェアは、「コンピューティングオーバーハング」と呼ばれています。[54]

批判 

哲学者のヒューバート・ドレイファスのような批評家の中には、コンピューターや機械は人間の知性を達成できないと主張するもいれば、物理学者のスティーブン・ホーキングのように、最終的な結果が同じであれば知性の定義は無関係であると主張するもいます。[55]

心理学者のスティーブンピンカーは2008年に次のように述べています。

...来たるべき特異点を信じるわずかな理由はありません。あなたがあなたの想像力の中で未来を視覚化できるという事実は、それが可能性が高い、あるいは可能でさえあるという証拠ではありません。ドーム型都市、ジェットパック通勤、水中都市、1マイルの高さの建物、原子力自動車など、私が子供の頃に到着したことのない未来のファンタジーの定番です。純粋な処理能力は、すべての問題を魔法のように解決するピクシーダストではありません。... [24]

カリフォルニア大学バークレー校哲学の教授ジョン・サールは書いています:

[コンピューター]には、文字通り...、知性動機自律性、およびエージェンシーがありません。ある種の心理学を持っているかのように振る舞うように設計していますが、対応するプロセスや行動に心理的な現実はありません。... [T]彼の機械には信念、欲求、[または]動機がありません。[56]

マーティン・フォードでのトンネルでライト:オートメーション、技術と未来の経済を加速[57]公準A「技術のパラドックス」という点で、これは、Aを必要とするので、特異点は、自動化されるだろう経済の中で最も日常の仕事を発生する可能性がある前に、特異点より劣る技術レベル。これは、大規模な失業と消費者の需要の急落を引き起こし、その結果、特異点をもたらすために必要となるテクノロジーに投資するインセンティブを破壊します。仕事の移動は、伝統的に「日常的」と考えられてきた仕事にますます制限されなくなりました。[58]

セオドアモディス[59]とジョナサンヒューブナー[60]は、技術革新の速度が上昇しなくなっただけでなく、実際には低下していると主張しています。この低下の証拠は、回路密度が指数関数的に増加するというムーアの予測が維持されているにもかかわらず、コンピュータのクロックレートの上昇が鈍化していることです。これは、チップからの過度の熱の蓄積によるものであり、高速で動作しているときにチップが溶けるのを防ぐのに十分な速さで放散することはできません。より電力効率の高いCPU設計とマルチセルプロセッサにより、将来的に速度の向上が可能になる可能性があります。[61]カーツワイルはモディスのリソースを使用し、モディスの仕事は変化を加速することでしたが、モディスはカーツワイルの「技術的特異点」の論文から距離を置き、科学的な厳密さが欠けていると主張しました。[62]

詳細な経験的会計であるTheProgress of Computingの中でWilliam Nordhausは、1940年以前は、コンピューターは従来の産業経済の成長がはるかに遅いため、19世紀のコンピューターへのムーアの法則の外挿を拒否したと主張しました。[63]

2007年の論文で、シュミットフーバーは主観的に「注目すべき出来事」の頻度が21世紀の特異点に近づいているように見えると述べましたが、読者に主観的な出来事のそのようなプロットを一粒の塩で取るように警告しました:おそらく最近と遠い記憶の違いイベントは、何も存在しない場合に変化を加速するという幻想を生み出す可能性があります。[64]

ポール・アレンは、リターンを加速することの反対である複雑さのブレーキを主張しました。[26]科学が知性の理解に向けて進歩すればするほど、さらなる進歩を遂げることは難しくなります。示唆されるように、人間の創造性は、加速リターンを示すが、実際にはないことを特許ショーの数の研究ジョゼフ・タインター彼の中で複雑な社会の崩壊[65]の法則収穫逓減。1000件あたりの特許数は1850年から1900年にかけてピークに達し、その後減少傾向にあります。[60]複雑さの増大は最終的に自己制限的になり、広範囲にわたる「一般的なシステムの崩壊」につながります。

ジャロン・ラニアーは、特異点が不可避であるという考えに反論しています。彼は次のように述べています。「テクノロジーがそれ自体を生み出しているとは思いません。それは自律的なプロセスではありません。」[66]彼は主張するために行く:「技術決定の上に人間の代理店を信じるに足る理由があなたがして、人々が自分の道を獲得し、自分の生活を考案経済を持つことができるということです、あなたが上で社会を構築する場合。ない個々の人間を強調しますエージェンシー、それは人々の影響力、尊厳、そして自己決定を否定することと運用上同じことです... [特異性の考え]を受け入れることは悪いデータと悪い政治を祝うことになるでしょう。」[66]

エコノミストの ロバート・J・ゴードンは、アメリカの成長の興亡:内戦以来の米国の生活水準」(2016年)で、測定された経済成長は1970年頃に減速し、2007年から2008年の金融危機以降さらに減速したと指摘しています。、そして経済データは数学者IJグッドによって想像されたように来たるべき特異点の痕跡を示さないと主張します。[67]

特異点の概念に対する一般的な批判に加えて、いくつかの批評家はカーツワイルの象徴的なチャートに問題を提起しました。批判の1つの線は、この性質の両対数グラフが本質的に直線的な結果に偏っているということです。他の人は、カーツワイルが使用することを選択したポイントの選択バイアスを特定します。たとえば、生物学者PZマイヤーズは、初期の進化の「イベント」の多くは恣意的に選ばれたと指摘しています。[68]カーツワイルは、15の中立的な情報源からの進化的イベントをグラフ化し、それらが両対数グラフ上で直線に適合することを示すことによって、これに反論しましたエコノミストかみそりの刃の数が1から5にまで増加し、これまでになく速く無限に増加することを推定するグラフで、この概念をあざけりました。[69]

潜在的な影響 

技術の進歩により、過去に経済成長率の劇的な変化が起こった。人口増加に基づくと、旧石器時代から新石器革命まで、経済は25万年ごとに倍増しました。新しい農業経済は900年ごとに倍増し、目覚ましい成長を遂げました。産業革命を皮切りに、現在の時代、世界の経済生産高は15年ごとに2倍になり、農業時代の60倍の速さです。超人的な知性の台頭が同様の革命を引き起こすならば、ロビン・ハンソンは、経済が少なくとも四半期ごとに、そしておそらく週ごとに倍増すると予想するだろうと主張します。[70]

不確実性とリスク 

「技術的特異点」という用語は、そのような変化が突然起こる可能性があり、結果として生じる新しい世界がどのように機能するかを予測することは難しいという考えを反映しています。[71] [72]特異点をもたらす知性の爆発が有益であるか有害であるか、あるいは実存的脅威でさえあるかどうかは不明である。[73] [74] AIは特異点リスクの主要な要因であるため、Future of Humanity InstituteMachine Intelligence Research Instituteなど、多くの組織がAIの目標システムを人間の価値観に合わせる技術理論を追求しています[71]。人間互換人工知能のためのセンター、およびライフインスティテュートの未来

物理学者のスティーブンホーキング氏は2014年に、「AIの作成の成功は人類史上最大のイベントになるでしょう。残念ながら、リスクを回避する方法を学ばなければ、それが最後になるかもしれません」と述べています。[75]ホーキングは、今後数十年で、AIは「金融市場を凌駕する技術、人間の研究者の発明、人間の指導者の巧妙な操作、そして私たちが理解することさえできない武器の開発」などの「計り知れない利益とリスク」を提供できると信じていた。[75]ホーキングは、人工知能をもっと真剣に受け止め、特異点に備えるためにもっと多くのことをすべきだと提案した:[75]

それで、計り知れない利益とリスクの可能な未来に直面して、専門家は確かに最良の結果を確実にするために可能なすべてをしているでしょう?違う。優れたエイリアン文明が「数十年後に到着します」というメッセージを送ってきた場合、「OK、ここに着いたら電話してください。電気はつけたままにします」と答えるだけでしょうか。おそらくそうではありませんが、これは多かれ少なかれAIで起こっていることです。

Berglas(2008)は、AIが人間に優しいという直接的な進化の動機はないと主張しています。進化には、人間が評価する結果を生み出す固有の傾向はなく、AIが作成者の意図しない方法で不注意に動作するのではなく、任意の最適化プロセスが人類が望む結果を促進することを期待する理由はほとんどありません。[76] [77] [78] アンダース・サンドバーグもこのシナリオについて詳しく説明し、さまざまな一般的な反論に取り組んでいます。[79] AI研究者ヒューゴ・デ・ガリスは、人工知能は単に人類排除することができることを示唆している希少資源にアクセスするために[48] [80]そして人間は彼らを止める力がないでしょう。[81]あるいは、自分たちの生存を促進するという進化の圧力の下で開発されたAIは、人類を打ち負かす可能性がある。[52]

Bostrom(2002)は、人類の絶滅のシナリオについて論じ、考えられる原因としてスーパーインテリジェンスを挙げています。

私たちが最初の超知能エンティティを作成するとき、その巨大な知的利点がそれにそうする力を与えると仮定して、私たちは間違いを犯し、それが人類を全滅させることにつながる目標を与えるかもしれません。たとえば、誤ってサブゴールをスーパーゴールのステータスに昇格させる可能性があります。私たちは数学の問題を解くように言います、そしてそれは太陽系のすべての問題を巨大な計算装置に変えることによってそれに従います、その過程で質問をした人を殺します。

Eliezer Yudkowskyによると、AIの安全性における重大な問題は、友好的でない人工知能は友好的なAIよりもはるかに簡単に作成できる可能性が高いということです。どちらも再帰的最適化プロセス設計の大幅な進歩を必要としますが、フレンドリーAIには、自己改善の下で目標構造を不変にする機能(または、AIがそれ自体を非フレンドリーなものに変換する可能性がある)と、人間の価値観と一致し、自動的には行われない目標構造も必要です。人類を破壊します。一方、非友好的なAIは、自己修正の下で不変である必要がない任意の目標構造に最適化できます。[82] Bill Hibbard(2014)は、自己妄想を含むいくつかの危険を回避するAI設計を提案しています[83]。 意図しない目的合理的行為[46] [84]および報酬ジェネレーターの破損。[84]彼はまた、AIの社会的影響[85]とAIのテストについても論じています。[86]彼の2001年の著書Super-IntelligentMachinesは、AIとAIに対する公的管理についての公教育の必要性を提唱しています。また、報酬ジェネレーターの破損に対して脆弱なシンプルなデザインを提案しました。

社会生物学的進化の次のステップ 

生物圏における情報とレプリケーターの概略タイムライン:Gillings etal。の情報処理における「主要な進化的遷移」。[87]
2014年の 世界中のデジタル情報(5 × 10 21バイト)と世界中のヒトゲノム情報(10 19バイト)の量。[87]

技術的特異点は通常突然の出来事と見なされますが、一部の学者は、現在の変化の速度はすでにこの説明に適合していると主張しています。[要出典]

さらに、テクノロジー、生物学、社会が融合する大きな進化の転換期にあるとの意見もあります。デジタルテクノロジーは、人間社会の構造に、議論の余地のない、しばしば生命を維持する依存の程度まで浸透してきました。

Trends in Ecology&Evolutionの2016年の記事は、「人間はすでに生物学とテクノロジーの融合を受け入れています。私たちは目覚めている時間のほとんどをデジタルを介したチャネルを介して通信することに費やしています...私たちは車自動操縦装置のアンチロックブレーキを通じて人工知能を私たちの生活に信頼しています飛行機の中で...アメリカでの結婚の3分の1がオンラインで始まり、デジタルアルゴリズムも人間のペアの結合と複製に役割を果たしています。」  

この記事はさらに、進化の観点から、進化における以前のいくつかの主要な移行が、情報の保存と複製(RNADNA多細胞性文化言語)の革新を通じて人生を変えたと主張しています。生命の進化の現段階では、炭素ベースの生物圏は、同等の進化の移行をもたらす技術を生み出すことができる認知システム(人間)を生み出しました。 

人間が作成したデジタル情報は、生物圏の生物学的情報と同様の規模に達しています。1980年代以降、保存されるデジタル情報の量は約2。5年ごとに倍増し、2014年には約5ゼッタバイト(5 × 10 21バイト)に達しました。[88]

生物学的には、地球上には72億人の人間がおり、それぞれが62億ヌクレオチドのゲノムを持っています。1つのバイトは、4つのヌクレオチド対をコードすることができるため、地球上のすべての人間の個体のゲノムは、約1によってコードされ得る× 10 19バイト。デジタルレルムは、2014年にこれより500倍多くの情報を保存しました(図を参照)。DNAの総量は、地球上の全てのセルに含まれる5.3程度であると推定される× 10 37 1.325に相当する塩基対、× 10 37情報のバイト。

デジタルストレージの成長が現在の年平均成長率30〜38%で継続する場合、[39]約110年で地球上のすべての細胞のすべてのDNAに含まれるすべての情報コンテンツに匹敵します。これは、わずか150年の合計期間にわたって生物圏に保存された情報の量が2倍になることを意味します。」[87]

人間社会への影響 

2009年2月、米国人工知能学会(AAAI)の後援の下、エリックホーヴィッツはカリフォルニア州パシフィックグローブのアシロマーで一流のコンピューター科学者、人工知能研究者、ロボット工学者の会議の議長を務めました。目標は、ロボットが自給自足になり、独自の決定を下せるようになるという仮想的な可能性の潜在的な影響について議論することでした。彼らは、コンピューターとロボットが自律性を獲得できる範囲と、そのような能力をどの程度使用して脅威や危険をもたらすことができるかについて話し合った。[89]

一部のマシンは、独自の電源を見つけたり、武器で攻撃するターゲットを選択したりする機能など、さまざまな形式の半自律性でプログラムされています。また、一部のコンピュータウイルスは排除を回避できるため、出席した科学者によると、機械知能の「ゴキブリ」段階に到達したと言えます。会議の参加者は、サイエンスフィクションに描かれているような自己認識はおそらくありそうもないが、他の潜在的な危険と落とし穴が存在することを指摘しました。[89]

フランク・S・ロビンソンは、人間が人間の知性を備えた機械を実現すると、科学的および技術的な問題は、人間よりもはるかに優れた頭脳で取り組み、解決されると予測しています。彼は、人工システムは人間よりも直接的にデータを共有できると述べ、これが人間の能力を矮小化する超知性のグローバルネットワークをもたらすと予測しています。[90]ロビンソンはまた、そのような知性の爆発の後、未来がどれほど大きく異なる可能性があるかについても論じています。この一例は太陽エネルギーであり、地球は人類が捕らえるよりもはるかに多くの太陽エネルギーを受け取るので、その太陽エネルギーをもっと捕まえることは文明の成長に大きな期待を抱くでしょう。

ハード対ソフト離陸 

このサンプルの再帰的な自己改善シナリオでは、AIのアーキテクチャを変更する人間は、実行可能なすべての改善を使い果たす前に、たとえば30世代にわたって3年ごとにパフォーマンスを2倍にすることができます(左)。代わりに、AIが人間の研究者と同じように独自のアーキテクチャを変更できるほど賢い場合、再設計を完了するのに必要な時間は世代ごとに半分になり、実行可能な30世代すべてが6年間で進行します(右)。[91]

ハードテイクオフのシナリオでは、AGIは急速に自己改善し、世界を「制御」します(おそらく数時間で)。人間が開始した重大なエラー修正やAGIの目標の段階的な調整には速すぎます。ソフトテイクオフのシナリオでは、AGIは依然として人類よりもはるかに強力になりますが、継続的な人間の相互作用と修正がAGIの開発を効果的に導くことができるタイムスケールで、人間のようなペース(おそらく数十年程度)で行われます。[92] [93]

ラメズナムは、ハードな離陸に反対している。彼は、企業などの超知能による再帰的な自己改善がすでに見られていると指摘しています。たとえば、Intelは、「より優れたCPUを設計するために、数万人の人間とおそらく数百万のCPUコアの集合的な頭脳を持っています!」ただし、これは難しい離陸にはつながりませんでした。むしろ、それはムーアの法則の形でソフトな離陸につながりました。[94] Naamはさらに、より高い知性の計算の複雑さは線形よりもはるかに大きい可能性があることを指摘し、「知性の精神2を作成することはおそらく知性の精神1を作成することの2倍以上難しい」。[95]

J. Storrs Hallは、AIが劇的な成果を上げるために、「夜間のハードテイクオフでよく見られるシナリオの多くは循環であり、自己改善プロセスの開始点で超人的な能力を前提としているようです」と考えています。 、離陸に必要なドメイン全般の改善。Hallは、ハードウェア、ソフトウェア、インフラストラクチャをすべて独自に再帰的に自己改善するのではなく、最も効果的な1つの領域に特化して、市場で残りのコンポーネントを購入する方が、品質が高いためだと示唆しています。市場に出回っている製品の数は絶えず向上しており、AIは世界の他の地域で使用されている最先端のテクノロジーに追いつくのに苦労するでしょう。[96]

Ben Goertzelは、新しい人間レベルのAIは、その知性を利用して富を蓄積するのに適しているというHallの提案に同意します。AIの才能は、企業や政府にそのソフトウェアを社会全体に分散させるように促すかもしれません。ゲルツェルは5分間の激しい離陸には懐疑的ですが、人間から超人間レベルへの5年程度の離陸は合理的であると推測しています。Goerzelは、このシナリオを「セミハード離陸」と呼んでいます。[97]

マックスモア超高速の人間レベルのAIがほんの少ししかない場合でも、他の人に頼って物事を成し遂げ、人間の認知的制約があるため、世界を根本的に変えることはないと主張し、反対します。すべての超高速AIが知能増強に取り組んだとしても、進歩の速度は上がるものの、なぜそれらが既存の人間の認知科学者よりも不連続な方法で超人間の知能を生み出すのに優れているのかは不明です。さらに、超知能は一夜にして世界を変えることはないだろうと主張します。超知能は、世界に物理的な影響を与えるために、既存の遅い人間のシステムと関わりを持つ必要があります。「組織のためのコラボレーションの必要性、[98]

不死 

カーツワイル、2005年の著書『シンギュラリティは近い』で、医学の進歩により、人々が老化の影響から体を保護し、平均余命を無限に延ばすことができると示唆しています。カーツワイルは、医学の技術的進歩により、私たちの体の欠陥のある部品を継続的に修理および交換し、寿命を未定の年齢まで延ばすことができると主張しています。[99]カーツワイルは、現在のバイオエンジニアリングの進歩について議論することにより、彼の議論をさらに強化している。カーツワイルは体細胞遺伝子治療を提案しています。特定の遺伝子情報を持つ合成ウイルスの後、次のステップは、この技術を遺伝子治療に適用し、ヒトDNAを合成遺伝子に置き換えることです。[100]     

 ナノテクノロジーの創設者の1人であるK.エリックドレクスラーは、1986年の著書 『創造する機械』で、細胞内で動作し、まだ架空の生物学的機械を利用しているものを含む、細胞修復装置を仮定しました。 

リチャード・ファインマンによれば、ファインマンの理論的マイクロマシンの医学的使用のアイデアを最初に彼に提案したのは、彼の元大学院生であり共同研究者であったアルバート・ヒブスでした(1959年頃)。ヒブスは、特定の修理機械は、理論的には(ファインマンが言ったように)「医者を飲み込む」ことができるようになるまで、いつかサイズが縮小されるかもしれないと示唆した。このアイデアは、ファインマンの1959年のエッセイ「底にたくさんの部屋があります」に組み込まれました[101]   

ジャロン・ラニアーは、単に肉体の動作寿命を延ばすだけでなく、「人々が肉体で死に、コンピューターにアップロードされ、意識を維持する」ことを含む「デジタルアセンション」と呼ばれる不死の形態を主張します。[102]

コンセプトの歴史 

発表されたマヘンドラ・プラサドによる論文、AIマガジンは、18世紀の数学者と主張しているコンドルセ侯爵は仮定と数学的知性の爆発と人類への影響をモデル化するために最初の人でした。[103]

このアイデアの初期の説明は、ジョン・ウッド・キャンベル・ジュニアの1932年の短編小説「最後の進化」で行われました。

1958年のジョン・フォン・ノイマンの訃報で、ウラムはフォン・ノイマンとの会話を思い出しました。「テクノロジーの進歩と人間の生活様式の変化が加速し、それを超えるとレースの歴史の中でいくつかの本質的な特異点に近づいているように見えます。私たちが知っているように、人事は続けることができませんでした。」[5]

1965年、グッドは、機械知能の再帰的な自己改善の「知能爆発」を仮定したエッセイを書きました。

1981年、スタニスワフレムは、SF小説のゴーレムXIVを出版しました。それは、意識を獲得し、彼自身の知性を高め始め、個人の技術的特異点に向かって移動する軍用AIコンピューター(ゴーレムXIV)について説明しています。ゴーレムXIVは元々、建設業者が戦争と戦うのを支援するために作成されましたが、その知性が人間よりもはるかに高いレベルに進むと、内部の論理的一貫性が欠如しているため、軍事要件への関心がなくなります。

1983年に、ヴァーナーヴィンジは、オムニ誌の1983年1月号で印刷されたトピックに最初に取り組んだ多くの著作でグッドの知性の爆発を大いに広めました。この論説では、Vingeは、インテリジェントマシンの作成に特に結びついた方法で「特異点」という用語を最初に使用したようです。[104] [105]

私たちはまもなく、私たち自身よりも優れたインテリジェンスを作成します。これが起こると、人類の歴史は一種の特異性、ブラックホールの中心にある結び目の時空のように不可解な知的移行に到達し、世界は私たちの理解をはるかに超えて通過します。この特異点は、すでに多くのサイエンスフィクション作家を悩ませていると私は信じています。それは星間未来への現実的な外挿を不可能にします。それから1世紀以上の物語を書くためには、その間に核戦争が必要です...世界が理解できるように。

1985年の「人工知能のタイムスケール」で、人工知能の研究者レイ・ソロモノフは、彼が「無限遠点」と呼んだものの関連する概念を数学的に明確にしました。人間レベルの自己改善AIの研究コミュニティが2倍になるのに4年かかる場合彼ら自身の速度、次に2年、次に1年というように、彼らの能力は有限の時間で無限に増加します。[6] [106]

ヴィンゲの1993年の記事「来るべき技術的特異点:ポストヒューマン時代に生き残る方法」[7]はインターネット上で広く普及し、アイデアの普及に貢献しました。[107]この記事には、「30年以内に、超人間的な知性を生み出す技術的手段があります。まもなく、人間の時代は終わります」という声明が含まれています。ヴィンジは、サイエンスフィクションの作者は、人間の知性を超える現実的な特異点後のキャラクターを書くことはできないと主張しています。そのような知性の考えは、人間が表現する能力を超えているからです。[7]

2000年には、ビル・ジョイ、著名な技術者との共同創設者Sun Microsystemsが特異点潜在的な危険性について懸念を表明しました。[44]

2005年、カーツワイルは「シンギュラリティは近い」を発表しました。カーツワイルの宣伝キャンペーンには、ジョン・スチュワートとのデイリーショー出演が含まれていました。[108]

2007年、Eliezer Yudkowskyは、「特異点」に割り当てられたさまざまな定義の多くは、相互にサポートするのではなく、相互に互換性がないことを示唆しました。[19] [109]たとえば、カーツワイルは、自己改善AIまたは超人的知性の到来を過ぎた現在の技術的軌跡を推定している。ユドコウスキーは、IJグッドが提案した知性の不連続な上昇と、予測不可能性に関するヴィンジの論文の両方との緊張を表していると主張している。[19]

2009年、カーツワイルとXプライズの創設者であるピーターディアマンディスは、「人類の壮大な課題に取り組むために指数関数的技術を適用するようリーダーを教育し、刺激し、力を与える」ことを使命とする、認定されていない私立大学であるシンガラリティ大学の設立を発表しました。[110] GoogleAutodesk、ePlanet Ventures、およびテクノロジー業界のリーダーのグループによって資金提供されているシンガラリティ大学は、カリフォルニア州マウンテンビューにあるNASAエイムズ研究センターに拠点を置いています 非営利団体は、夏の間、毎年10週間の大学院プログラムを実施しており、10の異なるテクノロジーと関連トラック、および年間を通じて一連のエグゼクティブプログラムをカバーしています。

政治では 

2007年、米国議会の合同経済委員会は、ナノテクノロジーの将来に関するレポートを発表しました。これは、技術的特異点の可能性を含め、中期的な将来における重要な技術的および政治的変化を予測します。[111] [112] [113]

2016年のワイヤードへのインタビューで、バラク・オバマアメリカ合衆国大統領特異点について語った:[114]  

私たちがあまり話していないことの1つであり、私が戻ってみたいと思うのは、私たちは本当に経済的影響について考えなければならないということです。ほとんどの人は今、特異点を心配することに多くの時間を費やしていないので、彼らは「まあ、私の仕事は機械に取って代わられるのだろうか」と心配しています。

も参照してください 

参考文献 

参考文献 

 

シンギュラリティとは?

技術的特異点   

ウィキペディアから、無料の百科事典

技術的特異点-also、単に、特異点[1] -is仮定の技術成長は人間の文明に予測不可能な変化をもたらす、制御不能と不可逆になる時点を。[2] [3]インテリジェンス爆発と呼ばれる特異点仮説の最も人気のあるバージョンによると、アップグレード可能なインテリジェントエージェントは最終的に自己改善サイクルの「暴走反応」に入り、新しいよりインテリジェントな世代がますます急速に出現します、インテリジェンスの「爆発」を引き起こし、質的にすべてをはるかに超える強力なスーパーインテリジェンスをもたらしますヒューマンインテリジェンス

技術的文脈における「特異点」の概念の最初の使用は、ジョン・フォン・ノイマンでした。[4] スタニスワフ・ウラムはフォン・ノイマンとの議論を報告を中心に加速進歩技術といくつかの重要な近づくの外観与え、人間の生命のモードの変化の特異点を我々として、越えた人事のレースの歴史の中にそれらを知っている、続けることができなかった」。[5]その後の著者は、この見方を繰り返しています。[3] [6]

IJグッドの「インテリジェンス爆発」モデルは、将来の超知能が特異点を引き起こすと予測しています。[7]

概念と「特異点」という用語は、1993年のエッセイ「TheComing Technological Singularity」でヴァーナー・ヴィンジによって広められました。彼は、新しい超知能がそれ自体をアップグレードし続け、技術的に進歩するため、人間の時代の終わりを示すと書いています。理解できない速度で。彼は、それが2005年以前または2030年以降に起こった場合、彼は驚くだろうと書いた。[7] 

スティーブンホーキングイーロンマスクなどの公人は、完全な人工知能(AI)が人類の絶滅につながる可能性があることへの懸念を表明しています。[8] [9]特異点の結果と、人類に対するその潜在的な利益または害については、激しく議論されてきました。

ニック・ボストロムヴィンセント・C・ミュラーが2012年と2013年に実施したAI研究者の4回の調査では、人工知能(AGI)が2040〜2050年までに開発される確率の中央値は50%であることが示唆されました。[10] [11]

バックグラウンド 

技術の進歩はほとんどの分野で加速していますが(一部では減速していますが)、人間の脳の基本的な知性によって制限されています。ポールR.エーリッヒによれば、それは何千年もの間大幅に変化していません。[12]しかし、コンピューターやその他のテクノロジーの能力が高まるにつれ、最終的には人間よりもはるかにインテリジェントなマシンを構築できるようになる可能性があります。[13]

超人的知性が、人間の知性増幅または人工知能のいずれかによって発明された場合、それは現在の人間ができるよりも優れた問題解決と発明のスキルをもたらすでしょう。このようなAIはシードAIと呼ばれます[14] [15]AIが人間の作成者と同等またはそれを超えるエンジニアリング機能で作成された場合、AIは独自のソフトウェアとハ​​ードウェアを自律的に改善したり、さらに高性能なマシンを設計したりする可能性があるためです。このより高性能なマシンは、さらに高性能のマシンを設計するために進むことができます。再帰的な自己改善のこれらの反復は加速する可能性があり、物理法則または理論的計算によって課せられる上限の前に、潜在的に巨大な質的変化を可能にします。多くの反復にわたって、そのようなAIは人間の認知能力をはるかに超えると推測されます。

インテリジェンス爆発 

インテリジェンスの爆発は、人類が人工知能(AGI)を構築することで起こりうる結果です。AGIは、技術的特異点が達成された直後に、限界が不明な人工知能(ASI)の急速な出現につながる、再帰的な自己改善が可能である可能性があります。

IJグッドは、1965年に、人工知能が知能の爆発を引き起こす可能性があると推測しました。彼は、超人的な機械が発明されたとしても、その影響について推測しました:[16]

超インテリジェントなマシンを、どんなに賢い人のすべての知的活動をはるかに超えることができるマシンとして定義しましょう。機械の設計はこれらの知的活動の1つであるため、超インテリジェントな機械はさらに優れた機械を設計できます。その場合、間違いなく「知性の爆発」が起こり、人間の知性ははるかに取り残されるでしょう。したがって、最初の超インテリジェントマシンは、マシンを制御下に置く方法を教えてくれるほど従順であるという条件で、人間がこれまでに作成する必要のある最後の発明です。

グッドのシナリオは次のように実行されます。コンピューターの能力が向上するにつれて、人々は人類よりもインテリジェントなマシンを構築することが可能になります。この超人的な知性は、現在の人間ができるよりも優れた問題解決と独創的なスキルを持っています。次に、この超知能マシンは、さらに高性能なマシンを設計するか、独自のソフトウェアを書き直してさらにインテリジェントにします。次に、この(さらに能力の高い)マシンは、さらに優れた能力のマシンを設計します。再帰的な自己改善のこれらの反復は加速し、物理法則または理論的計算によって課せられる上限の前に、巨大な質的変化を可能にします。[16]

その他の症状 

スーパーインテリジェンスの出現 

超知能、超知能、または超人的知性は、最も明るく才能のある人間の心の知性をはるかに超える知性を持っている架空のエージェントです。「スーパーインテリジェンス」は、そのようなエージェントが持つインテリジェンスの形式または程度を指す場合もあります。ジョン・フォン・ノイマンヴァーナー・ヴィンジレイ・カーツワイルは、スーパーインテリジェンスの技術的創造という観点から概念を定義しています。彼らは、現代の人間が特異点後の世界で人間の生活がどのようになるかを予測することは困難または不可能であると主張しています。[7] [17]

技術予測者と研究者は、人間の知性を超える可能性があるかどうか、またはいつ超える可能性があるかについて意見が分かれています。人工知能(AI)の進歩は、おそらく人間の認知的制限を欠く一般的な推論システムをもたらすだろうと主張する人もいます。他の人々は、人間が進化するか、生物学を直接修正して、根本的に優れた知性を達成すると信じています。多くの未来学のシナリオは、これらの可能性の両方からの要素を組み合わせており、人間が実質的な知能増幅を可能にする方法で、コンピューターインターフェースをとったり、コンピューター心をアップロードしたりする可能性が高いことを示唆しています

非AI特異点 

いくつかの作家は、次のような新しい技術によってもたらされた私たちの社会の中で任意の根本的な変化を参照してより広範な方法で、「特異点」を使用し、分子ナノテクノロジー[18] [19] [20]、superintelligenceなしもののVingeや他の作家が、具体的な状態というこのような変更は、真の特異点とは見なされません。[7]

スピードスーパーインテリジェンス 

速度超知能は、人間が実行できるすべてのことを実行できるAIを表します。唯一の違いは、マシンの実行速度が速いことです。[21]たとえば、情報処理の速度が人間の速度の100万倍に増加すると、主観的な1年は30物理秒で経過します。[22]情報処理速度のこのような違いは、特異点を促進する可能性があります。[23]

妥当性 

多くの著名な技術者や学者には、技術的特異点の妥当性に異議を唱えるポール・アレンジェフ・ホーキンスジョン・ホランドジャロン・ラニアー、およびゴードン・ムーアその、法律しばしばコンセプトのサポートに引用されています。[24] [25] [26]

超人または作成するための最も提案されている方法transhuman人間の脳と人工知能の知能増幅:心は、2つのカテゴリに分類されます。インテリジェンス増強を生み出すための推測された方法は多く、バイオエンジニアリング遺伝子工学向知性薬、AIアシスタント、直接のブレインコンピューターインターフェースマインドアップロードなどがあります。インテリジェンス爆発への複数のパスが調査されているため、特異点が発生する可能性が高くなります。特異点が発生しないためには、それらはすべて失敗する必要があります。[22]

ロビン・ハンソンは、人間の知性の増強に対する懐疑論を表明し、人間の知性を高めるための簡単な方法の「手に負えない成果」が尽きると、さらなる改善を見つけるのはますます困難になるだろうと書いた。[27]人間の知性を増幅するためのすべての推測された方法にもかかわらず、非人間の人工知能(特にシードAI)は、特異点を前進させる仮説の中で最も人気のあるオプションです。[要出典]

インテリジェンス爆発が発生するかどうかは、3つの要因に依存します。[28]最初の加速要因は、以前の各改善によって可能になった新しいインテリジェンスの強化です。逆に、インテリジェンスがより高度になるにつれて、さらなる進歩はますます複雑になり、おそらくインテリジェンスの増加の利点を克服します。特異点への動きを継続するには、各改善により、平均して少なくとももう1つの改善が必要です。最後に、物理法則は最終的にそれ以上の改善を妨げるでしょう。

インテリジェンスの向上には、論理的に独立しているが相互に補強し合う2つの原因があります。それは、計算速度の向上と、使用されるアルゴリズムの向上です。[29]前者は、ムーアの法則と予測されるハードウェアの改善[30]によって予測されており、以前の技術的進歩と比較的類似しています。しかし、AI研究者もいます[誰ですか?]ソフトウェアがハードウェアよりも重要であると信じている人。[31]

2015年のNeurIPSおよびICML機械学習会議で出版された著者の2017年の電子メール調査では、インテリジェンス爆発の可能性について質問されました。回答者のうち、12%が「かなり可能性が高い」、17%が「可能性が高い」、21%が「ほぼ均等」、24%が「可能性が低い」、26%が「非常に可能性が低い」と回答しました。 "。[32]

速度の向上 

人間と人工知能の両方で、ハードウェアの改善により、将来のハードウェアの改善率が高まります。簡単に言えば、[33] ムーアの法則は、速度の最初の2倍が18か月かかった場合、2番目の速度は主観的な18か月かかることを示唆しています。または外部9か月、その後、4か月、2か月など、速度の特異点に向けて。[34]速度の上限に達する可能性がありますが、これがどれほど高いかは不明です。ジェフ・ホーキンスは、自己改善型コンピューターシステムは必然的に計算能力の上限に達するだろうと述べています。少し早くそこに着きます。特異点はありません。」[35]

シリコンベースのハードウェアをニューロンと直接比較することは困難です。しかし、Berglas(2008)は、コンピューターの音声認識が人間の能力に近づいており、この能力には脳の体積の0.01%が必要であると述べています。このアナロジーは、現代のコンピューターハードウェアが人間の脳と同じくらい強力である数桁以内にあることを示唆しています。

指数関数的成長 

レイ・カーツワイルは、パラダイムシフトにより、指数関数的成長の傾向がムーアの法則集積回路から初期のトランジスタ真空管リレー、および電気機械コンピュータにまで拡大していると書いています。彼は、指数関数的成長が続き、数十年以内にすべてのコンピューターの計算能力が(「強化されていない」)人間の脳の計算能力を超え、超人人工知能がほぼ同時に出現すると予測しています。
120年以上にわたるムーアの法則の更新版(カーツワイルの グラフに基づく)。最新の7つのデータポイントはすべてNVIDIAGPUです。

ムーアの法則によって示唆されるコンピューティング技術の指数関数的成長は、比較的近い将来に特異点を期待する理由として一般的に引用されており、多くの著者がムーアの法則の一般化を提案しています。コンピューター科学者で未来派ハンス・モラベックは、1998年の本[36]で、指数関数的成長曲線を集積回路以前の初期のコンピューティング技術にまで拡張できると提案しました。

レイ・カーツワイルは、技術変化の速度(より一般的にはすべての進化過程[37])が指数関数的に増加する収益加速の法則を仮定し、モラベックの提案と同じ方法でムーアの法則を一般化し、材料技術(特に適用される場合)も含めますナノテクノロジー)、医療技術など。[38]    1986年から2007年の間に、1人あたりの情報を計算するマシンのアプリケーション固有の能力は14か月ごとに約2倍になりました。世界の汎用コンピュータの1人当たりの容量は18か月ごとに2倍になっています。一人当たりの世界の通信容量は34か月ごとに2倍になりました。そして、一人当たりの世界のストレージ容量は、40か月ごとに2倍になりました。[39]一方、21世紀の特異点をパラメータとするグローバルな加速パターンは、指数関数的ではなく双曲線的として特徴付けられるべきであると主張されてきました。[40]

カーツワイルは、(他の技術とは対照的に)人工知能の急速な増加のために「特異点」という用語を予約し、たとえば「特異点は、私たちの生体と脳のこれらの制限を超越することを可能にします...区別はありません、ポスト特異点、人間と機械の間」。[41]彼はまた、コンピューターベースの知性が人間の脳力の合計を大幅に超えると予想する時期に関して、特異点の予測日(2045)を定義し、その日付より前にコンピューティングが進歩すると「特異点を表さない」と書いている。彼らは「まだ私たちの知性の深遠な拡大に対応していない」からです。[42]

変化の加速 

カーツワイルによれば、主要な歴史的出来事のパラダイムシフトの15のリストの彼の対数グラフは、指数関数的な傾向を 示しています   

一部の特異点支持者は、過去の傾向、特に技術の改善間のギャップの短縮に関連する傾向の外挿を通じて、その必然性を主張しています。技術的進歩の文脈における「特異点」という用語の最初の使用法の1つで、スタニスワフ・ウラムは、変化の加速についてジョン・フォン・ノイマンとの会話について語っています。

テクノロジーの進歩の加速と人間の生活様式の変化を中心とした会話があり、それを超えると人事が継続できなくなったレースの歴史の中で、本質的な特異点に近づいているように見えます。[5]

カーツワイルは、技術の進歩は、彼が「収穫加速の法則」と呼んでいるものに従って、指数関数的成長のパターンに従うと主張しています。テクノロジーが障壁に近づくときはいつでも、カーツワイルは書いています、新しいテクノロジーはそれを乗り越えます。彼は、パラダイムシフトがますます一般的になり、「技術の変化が非常に急速で深刻になり、人類の歴史の構造の崩壊を表す」と予測しています。[43]カーツウェルは、特異点が約2045年までに発生すると考えています。[38]彼の予測は、ヴィンジの急速に自己改善する超人的知性ではなく、特異点への漸進的な上昇を予測するという点で、ヴィンジの予測とは異なります。

よく引用される危険には、分子ナノテクノロジー遺伝子工学に一般的に関連する危険が含まれます。これらの脅威は、特異点の支持者と批評家の両方にとって大きな問題であり、ビル・ジョイワイアード誌の記事「なぜ未来は私たちを必要としないのか」の主題でした。[6] [44]

アルゴリズムの改善 

「シードAI」[14] [15]のような一部のインテリジェンス技術は、ソースコードを変更することで、自分自身を高速化するだけでなく、より効率的にする可能性もあります。これらの改善により、さらなる改善が可能になり、さらなる改善が可能になります。

再帰的に自己改善する一連のアルゴリズムのメカニズムは、2つの点で生の計算速度の向上とは異なります。まず、外部からの影響は必要ありません。より高速なハードウェアを設計するマシンでは、改良されたハードウェアを作成するか、工場を適切にプログラムする必要があります。[要出典] AIが独自のソースコードを書き換えると、AIボックスに含まれている間にそれを行うことができます

第二に、ヴァーナーヴィンジ特異点の概念と同様に、結果を予測することははるかに困難です。速度の向上は人間の知性との量的な違いにすぎないように見えますが、実際のアルゴリズムの改善は質的に異なります。エリーザー・ユドコウスキーは、それを人間の知性がもたらした変化と比較しています。人間は、進化が行ったよりも何千倍も速く、まったく異なる方法で世界を変えました。同様に、生命の進化は、以前の地質学的変化率からの大規模な逸脱と加速であり、知性の向上により、変化が再び同じように異なる可能性があります。[45]

再帰的に自己改善する一連のアルゴリズムに起因するインテリジェンス爆発の特異点に関連する重大な危険があります。まず、AIの目標構造は自己改善の下で不変ではない可能性があり、AIが本来意図されていたもの以外のものに最適化される可能性があります。[46] [47]第二に、AIは、人類が生き残るために使用するのと同じ希少な資源を求めて競争する可能性があります。[48] [49]

積極的に悪意を持っているわけではありませんが、AIがそのようにプログラムできない限り、AIが積極的に人間の目標を推進し、そうでない場合は、人類を支援するために現在使用されているリソースを使用してオウンゴールを推進し、人類の絶滅を引き起こすと考える理由はありません。[50] [51] [52]

CarlShulmanAndersSandbergは、アルゴリズムの改善が特異点の制限要因である可能性があることを示唆しています。ハードウェアの効率は着実なペースで向上する傾向がありますが、ソフトウェアの革新はより予測不可能であり、一連の累積的な調査によってボトルネックになる可能性があります。彼らは、ソフトウェアが制限された特異点の場合、ハードウェアが制限された特異点よりもインテリジェンスの爆発が実際に起こりやすくなることを示唆しています。ソフトウェアが制限された場合、人間レベルのAIが開発されると、非常に高速なハードウェアと豊富な安価なハードウェアにより、AI研究の制約が緩和されます。[53]ソフトウェアがそれを使用する方法を理解すると解き放たれることができる豊富な蓄積されたハードウェアは、「コンピューティングオーバーハング」と呼ばれています。[54]

批判 

哲学者のヒューバート・ドレイファスのような批評家の中には、コンピューターや機械は人間の知性を達成できないと主張するもいれば、物理学者のスティーブン・ホーキングのように、最終的な結果が同じであれば知性の定義は無関係であると主張するもいます。[55]

心理学者のスティーブンピンカーは2008年に次のように述べています。

...来たるべき特異点を信じるわずかな理由はありません。あなたがあなたの想像力の中で未来を視覚化できるという事実は、それが可能性が高い、あるいは可能でさえあるという証拠ではありません。ドーム型都市、ジェットパック通勤、水中都市、1マイルの高さの建物、原子力自動車など、私が子供の頃に到着したことのない未来のファンタジーの定番です。純粋な処理能力は、すべての問題を魔法のように解決するピクシーダストではありません。... [24]

カリフォルニア大学バークレー校哲学の教授ジョン・サールは書いています:

[コンピューター]には、文字通り...、知性動機自律性、およびエージェンシーがありません。ある種の心理学を持っているかのように振る舞うように設計していますが、対応するプロセスや行動に心理的な現実はありません。... [T]彼の機械には信念、欲求、[または]動機がありません。[56]

マーティン・フォードでのトンネルでライト:オートメーション、技術と未来の経済を加速[57]公準A「技術のパラドックス」という点で、これは、Aを必要とするので、特異点は、自動化されるだろう経済の中で最も日常の仕事を発生する可能性がある前に、特異点より劣る技術レベル。これは、大規模な失業と消費者の需要の急落を引き起こし、その結果、特異点をもたらすために必要となるテクノロジーに投資するインセンティブを破壊します。仕事の移動は、伝統的に「日常的」と考えられてきた仕事にますます制限されなくなりました。[58]

セオドアモディス[59]とジョナサンヒューブナー[60]は、技術革新の速度が上昇しなくなっただけでなく、実際には低下していると主張しています。この低下の証拠は、回路密度が指数関数的に増加するというムーアの予測が維持されているにもかかわらず、コンピュータのクロックレートの上昇が鈍化していることです。これは、チップからの過度の熱の蓄積によるものであり、高速で動作しているときにチップが溶けるのを防ぐのに十分な速さで放散することはできません。より電力効率の高いCPU設計とマルチセルプロセッサにより、将来的に速度の向上が可能になる可能性があります。[61]カーツワイルはモディスのリソースを使用し、モディスの仕事は変化を加速することでしたが、モディスはカーツワイルの「技術的特異点」の論文から距離を置き、科学的な厳密さが欠けていると主張しました。[62]

詳細な経験的会計であるTheProgress of Computingの中でWilliam Nordhausは、1940年以前は、コンピューターは従来の産業経済の成長がはるかに遅いため、19世紀のコンピューターへのムーアの法則の外挿を拒否したと主張しました。[63]

2007年の論文で、シュミットフーバーは主観的に「注目すべき出来事」の頻度が21世紀の特異点に近づいているように見えると述べましたが、読者に主観的な出来事のそのようなプロットを一粒の塩で取るように警告しました:おそらく最近と遠い記憶の違いイベントは、何も存在しない場合に変化を加速するという幻想を生み出す可能性があります。[64]

ポール・アレンは、リターンを加速することの反対である複雑さのブレーキを主張しました。[26]科学が知性の理解に向けて進歩すればするほど、さらなる進歩を遂げることは難しくなります。示唆されるように、人間の創造性は、加速リターンを示すが、実際にはないことを特許ショーの数の研究ジョゼフ・タインター彼の中で複雑な社会の崩壊[65]の法則収穫逓減。1000件あたりの特許数は1850年から1900年にかけてピークに達し、その後減少傾向にあります。[60]複雑さの増大は最終的に自己制限的になり、広範囲にわたる「一般的なシステムの崩壊」につながります。

ジャロン・ラニアーは、特異点が不可避であるという考えに反論しています。彼は次のように述べています。「テクノロジーがそれ自体を生み出しているとは思いません。それは自律的なプロセスではありません。」[66]彼は主張するために行く:「技術決定の上に人間の代理店を信じるに足る理由があなたがして、人々が自分の道を獲得し、自分の生活を考案経済を持つことができるということです、あなたが上で社会を構築する場合。ない個々の人間を強調しますエージェンシー、それは人々の影響力、尊厳、そして自己決定を否定することと運用上同じことです... [特異性の考え]を受け入れることは悪いデータと悪い政治を祝うことになるでしょう。」[66]

エコノミストの ロバート・J・ゴードンは、アメリカの成長の興亡:内戦以来の米国の生活水準」(2016年)で、測定された経済成長は1970年頃に減速し、2007年から2008年の金融危機以降さらに減速したと指摘しています。、そして経済データは数学者IJグッドによって想像されたように来たるべき特異点の痕跡を示さないと主張します。[67]

特異点の概念に対する一般的な批判に加えて、いくつかの批評家はカーツワイルの象徴的なチャートに問題を提起しました。批判の1つの線は、この性質の両対数グラフが本質的に直線的な結果に偏っているということです。他の人は、カーツワイルが使用することを選択したポイントの選択バイアスを特定します。たとえば、生物学者PZマイヤーズは、初期の進化の「イベント」の多くは恣意的に選ばれたと指摘しています。[68]カーツワイルは、15の中立的な情報源からの進化的イベントをグラフ化し、それらが両対数グラフ上で直線に適合することを示すことによって、これに反論しましたエコノミストかみそりの刃の数が1から5にまで増加し、これまでになく速く無限に増加することを推定するグラフで、この概念をあざけりました。[69]

潜在的な影響 

技術の進歩により、過去に経済成長率の劇的な変化が起こった。人口増加に基づくと、旧石器時代から新石器革命まで、経済は25万年ごとに倍増しました。新しい農業経済は900年ごとに倍増し、目覚ましい成長を遂げました。産業革命を皮切りに、現在の時代、世界の経済生産高は15年ごとに2倍になり、農業時代の60倍の速さです。超人的な知性の台頭が同様の革命を引き起こすならば、ロビン・ハンソンは、経済が少なくとも四半期ごとに、そしておそらく週ごとに倍増すると予想するだろうと主張します。[70]

不確実性とリスク 

「技術的特異点」という用語は、そのような変化が突然起こる可能性があり、結果として生じる新しい世界がどのように機能するかを予測することは難しいという考えを反映しています。[71] [72]特異点をもたらす知性の爆発が有益であるか有害であるか、あるいは実存的脅威でさえあるかどうかは不明である。[73] [74] AIは特異点リスクの主要な要因であるため、Future of Humanity InstituteMachine Intelligence Research Instituteなど、多くの組織がAIの目標システムを人間の価値観に合わせる技術理論を追求しています[71]。人間互換人工知能のためのセンター、およびライフインスティテュートの未来

物理学者のスティーブンホーキング氏は2014年に、「AIの作成の成功は人類史上最大のイベントになるでしょう。残念ながら、リスクを回避する方法を学ばなければ、それが最後になるかもしれません」と述べています。[75]ホーキングは、今後数十年で、AIは「金融市場を凌駕する技術、人間の研究者の発明、人間の指導者の巧妙な操作、そして私たちが理解することさえできない武器の開発」などの「計り知れない利益とリスク」を提供できると信じていた。[75]ホーキングは、人工知能をもっと真剣に受け止め、特異点に備えるためにもっと多くのことをすべきだと提案した:[75]

それで、計り知れない利益とリスクの可能な未来に直面して、専門家は確かに最良の結果を確実にするために可能なすべてをしているでしょう?違う。優れたエイリアン文明が「数十年後に到着します」というメッセージを送ってきた場合、「OK、ここに着いたら電話してください。電気はつけたままにします」と答えるだけでしょうか。おそらくそうではありませんが、これは多かれ少なかれAIで起こっていることです。

Berglas(2008)は、AIが人間に優しいという直接的な進化の動機はないと主張しています。進化には、人間が評価する結果を生み出す固有の傾向はなく、AIが作成者の意図しない方法で不注意に動作するのではなく、任意の最適化プロセスが人類が望む結果を促進することを期待する理由はほとんどありません。[76] [77] [78] アンダース・サンドバーグもこのシナリオについて詳しく説明し、さまざまな一般的な反論に取り組んでいます。[79] AI研究者ヒューゴ・デ・ガリスは、人工知能は単に人類排除することができることを示唆している希少資源にアクセスするために[48] [80]そして人間は彼らを止める力がないでしょう。[81]あるいは、自分たちの生存を促進するという進化の圧力の下で開発されたAIは、人類を打ち負かす可能性がある。[52]

Bostrom(2002)は、人類の絶滅のシナリオについて論じ、考えられる原因としてスーパーインテリジェンスを挙げています。

私たちが最初の超知能エンティティを作成するとき、その巨大な知的利点がそれにそうする力を与えると仮定して、私たちは間違いを犯し、それが人類を全滅させることにつながる目標を与えるかもしれません。たとえば、誤ってサブゴールをスーパーゴールのステータスに昇格させる可能性があります。私たちは数学の問題を解くように言います、そしてそれは太陽系のすべての問題を巨大な計算装置に変えることによってそれに従います、その過程で質問をした人を殺します。

Eliezer Yudkowskyによると、AIの安全性における重大な問題は、友好的でない人工知能は友好的なAIよりもはるかに簡単に作成できる可能性が高いということです。どちらも再帰的最適化プロセス設計の大幅な進歩を必要としますが、フレンドリーAIには、自己改善の下で目標構造を不変にする機能(または、AIがそれ自体を非フレンドリーなものに変換する可能性がある)と、人間の価値観と一致し、自動的には行われない目標構造も必要です。人類を破壊します。一方、非友好的なAIは、自己修正の下で不変である必要がない任意の目標構造に最適化できます。[82] Bill Hibbard(2014)は、自己妄想を含むいくつかの危険を回避するAI設計を提案しています[83]。 意図しない目的合理的行為[46] [84]および報酬ジェネレーターの破損。[84]彼はまた、AIの社会的影響[85]とAIのテストについても論じています。[86]彼の2001年の著書Super-IntelligentMachinesは、AIとAIに対する公的管理についての公教育の必要性を提唱しています。また、報酬ジェネレーターの破損に対して脆弱なシンプルなデザインを提案しました。

社会生物学的進化の次のステップ 

生物圏における情報とレプリケーターの概略タイムライン:Gillings etal。の情報処理における「主要な進化的遷移」。[87]
2014年の 世界中のデジタル情報(5 × 10 21バイト)と世界中のヒトゲノム情報(10 19バイト)の量。[87]

技術的特異点は通常突然の出来事と見なされますが、一部の学者は、現在の変化の速度はすでにこの説明に適合していると主張しています。[要出典]

さらに、テクノロジー、生物学、社会が融合する大きな進化の転換期にあるとの意見もあります。デジタルテクノロジーは、人間社会の構造に、議論の余地のない、しばしば生命を維持する依存の程度まで浸透してきました。

Trends in Ecology&Evolutionの2016年の記事は、「人間はすでに生物学とテクノロジーの融合を受け入れています。私たちは目覚めている時間のほとんどをデジタルを介したチャネルを介して通信することに費やしています...私たちは車自動操縦装置のアンチロックブレーキを通じて人工知能を私たちの生活に信頼しています飛行機の中で...アメリカでの結婚の3分の1がオンラインで始まり、デジタルアルゴリズムも人間のペアの結合と複製に役割を果たしています。」  

この記事はさらに、進化の観点から、進化における以前のいくつかの主要な移行が、情報の保存と複製(RNADNA多細胞性文化言語)の革新を通じて人生を変えたと主張しています。生命の進化の現段階では、炭素ベースの生物圏は、同等の進化の移行をもたらす技術を生み出すことができる認知システム(人間)を生み出しました。 

人間が作成したデジタル情報は、生物圏の生物学的情報と同様の規模に達しています。1980年代以降、保存されるデジタル情報の量は約2。5年ごとに倍増し、2014年には約5ゼッタバイト(5 × 10 21バイト)に達しました。[88]

生物学的には、地球上には72億人の人間がおり、それぞれが62億ヌクレオチドのゲノムを持っています。1つのバイトは、4つのヌクレオチド対をコードすることができるため、地球上のすべての人間の個体のゲノムは、約1によってコードされ得る× 10 19バイト。デジタルレルムは、2014年にこれより500倍多くの情報を保存しました(図を参照)。DNAの総量は、地球上の全てのセルに含まれる5.3程度であると推定される× 10 37 1.325に相当する塩基対、× 10 37情報のバイト。

デジタルストレージの成長が現在の年平均成長率30〜38%で継続する場合、[39]約110年で地球上のすべての細胞のすべてのDNAに含まれるすべての情報コンテンツに匹敵します。これは、わずか150年の合計期間にわたって生物圏に保存された情報の量が2倍になることを意味します。」[87]

人間社会への影響 

2009年2月、米国人工知能学会(AAAI)の後援の下、エリックホーヴィッツはカリフォルニア州パシフィックグローブのアシロマーで一流のコンピューター科学者、人工知能研究者、ロボット工学者の会議の議長を務めました。目標は、ロボットが自給自足になり、独自の決定を下せるようになるという仮想的な可能性の潜在的な影響について議論することでした。彼らは、コンピューターとロボットが自律性を獲得できる範囲と、そのような能力をどの程度使用して脅威や危険をもたらすことができるかについて話し合った。[89]

一部のマシンは、独自の電源を見つけたり、武器で攻撃するターゲットを選択したりする機能など、さまざまな形式の半自律性でプログラムされています。また、一部のコンピュータウイルスは排除を回避できるため、出席した科学者によると、機械知能の「ゴキブリ」段階に到達したと言えます。会議の参加者は、サイエンスフィクションに描かれているような自己認識はおそらくありそうもないが、他の潜在的な危険と落とし穴が存在することを指摘しました。[89]

フランク・S・ロビンソンは、人間が人間の知性を備えた機械を実現すると、科学的および技術的な問題は、人間よりもはるかに優れた頭脳で取り組み、解決されると予測しています。彼は、人工システムは人間よりも直接的にデータを共有できると述べ、これが人間の能力を矮小化する超知性のグローバルネットワークをもたらすと予測しています。[90]ロビンソンはまた、そのような知性の爆発の後、未来がどれほど大きく異なる可能性があるかについても論じています。この一例は太陽エネルギーであり、地球は人類が捕らえるよりもはるかに多くの太陽エネルギーを受け取るので、その太陽エネルギーをもっと捕まえることは文明の成長に大きな期待を抱くでしょう。

ハード対ソフト離陸 

このサンプルの再帰的な自己改善シナリオでは、AIのアーキテクチャを変更する人間は、実行可能なすべての改善を使い果たす前に、たとえば30世代にわたって3年ごとにパフォーマンスを2倍にすることができます(左)。代わりに、AIが人間の研究者と同じように独自のアーキテクチャを変更できるほど賢い場合、再設計を完了するのに必要な時間は世代ごとに半分になり、実行可能な30世代すべてが6年間で進行します(右)。[91]

ハードテイクオフのシナリオでは、AGIは急速に自己改善し、世界を「制御」します(おそらく数時間で)。人間が開始した重大なエラー修正やAGIの目標の段階的な調整には速すぎます。ソフトテイクオフのシナリオでは、AGIは依然として人類よりもはるかに強力になりますが、継続的な人間の相互作用と修正がAGIの開発を効果的に導くことができるタイムスケールで、人間のようなペース(おそらく数十年程度)で行われます。[92] [93]

ラメズナムは、ハードな離陸に反対している。彼は、企業などの超知能による再帰的な自己改善がすでに見られていると指摘しています。たとえば、Intelは、「より優れたCPUを設計するために、数万人の人間とおそらく数百万のCPUコアの集合的な頭脳を持っています!」ただし、これは難しい離陸にはつながりませんでした。むしろ、それはムーアの法則の形でソフトな離陸につながりました。[94] Naamはさらに、より高い知性の計算の複雑さは線形よりもはるかに大きい可能性があることを指摘し、「知性の精神2を作成することはおそらく知性の精神1を作成することの2倍以上難しい」。[95]

J. Storrs Hallは、AIが劇的な成果を上げるために、「夜間のハードテイクオフでよく見られるシナリオの多くは循環であり、自己改善プロセスの開始点で超人的な能力を前提としているようです」と考えています。 、離陸に必要なドメイン全般の改善。Hallは、ハードウェア、ソフトウェア、インフラストラクチャをすべて独自に再帰的に自己改善するのではなく、最も効果的な1つの領域に特化して、市場で残りのコンポーネントを購入する方が、品質が高いためだと示唆しています。市場に出回っている製品の数は絶えず向上しており、AIは世界の他の地域で使用されている最先端のテクノロジーに追いつくのに苦労するでしょう。[96]

Ben Goertzelは、新しい人間レベルのAIは、その知性を利用して富を蓄積するのに適しているというHallの提案に同意します。AIの才能は、企業や政府にそのソフトウェアを社会全体に分散させるように促すかもしれません。ゲルツェルは5分間の激しい離陸には懐疑的ですが、人間から超人間レベルへの5年程度の離陸は合理的であると推測しています。Goerzelは、このシナリオを「セミハード離陸」と呼んでいます。[97]

マックスモア超高速の人間レベルのAIがほんの少ししかない場合でも、他の人に頼って物事を成し遂げ、人間の認知的制約があるため、世界を根本的に変えることはないと主張し、反対します。すべての超高速AIが知能増強に取り組んだとしても、進歩の速度は上がるものの、なぜそれらが既存の人間の認知科学者よりも不連続な方法で超人間の知能を生み出すのに優れているのかは不明です。さらに、超知能は一夜にして世界を変えることはないだろうと主張します。超知能は、世界に物理的な影響を与えるために、既存の遅い人間のシステムと関わりを持つ必要があります。「組織のためのコラボレーションの必要性、[98]

不死 

カーツワイル、2005年の著書『シンギュラリティは近い』で、医学の進歩により、人々が老化の影響から体を保護し、平均余命を無限に延ばすことができると示唆しています。カーツワイルは、医学の技術的進歩により、私たちの体の欠陥のある部品を継続的に修理および交換し、寿命を未定の年齢まで延ばすことができると主張しています。[99]カーツワイルは、現在のバイオエンジニアリングの進歩について議論することにより、彼の議論をさらに強化している。カーツワイルは体細胞遺伝子治療を提案しています。特定の遺伝子情報を持つ合成ウイルスの後、次のステップは、この技術を遺伝子治療に適用し、ヒトDNAを合成遺伝子に置き換えることです。[100]     

 ナノテクノロジーの創設者の1人であるK.エリックドレクスラーは、1986年の著書 『創造する機械』で、細胞内で動作し、まだ架空の生物学的機械を利用しているものを含む、細胞修復装置を仮定しました。 

リチャード・ファインマンによれば、ファインマンの理論的マイクロマシンの医学的使用のアイデアを最初に彼に提案したのは、彼の元大学院生であり共同研究者であったアルバート・ヒブスでした(1959年頃)。ヒブスは、特定の修理機械は、理論的には(ファインマンが言ったように)「医者を飲み込む」ことができるようになるまで、いつかサイズが縮小されるかもしれないと示唆した。このアイデアは、ファインマンの1959年のエッセイ「底にたくさんの部屋があります」に組み込まれました[101]   

ジャロン・ラニアーは、単に肉体の動作寿命を延ばすだけでなく、「人々が肉体で死に、コンピューターにアップロードされ、意識を維持する」ことを含む「デジタルアセンション」と呼ばれる不死の形態を主張します。[102]

コンセプトの歴史 

発表されたマヘンドラ・プラサドによる論文、AIマガジンは、18世紀の数学者と主張しているコンドルセ侯爵は仮定と数学的知性の爆発と人類への影響をモデル化するために最初の人でした。[103]

このアイデアの初期の説明は、ジョン・ウッド・キャンベル・ジュニアの1932年の短編小説「最後の進化」で行われました。

1958年のジョン・フォン・ノイマンの訃報で、ウラムはフォン・ノイマンとの会話を思い出しました。「テクノロジーの進歩と人間の生活様式の変化が加速し、それを超えるとレースの歴史の中でいくつかの本質的な特異点に近づいているように見えます。私たちが知っているように、人事は続けることができませんでした。」[5]

1965年、グッドは、機械知能の再帰的な自己改善の「知能爆発」を仮定したエッセイを書きました。

1981年、スタニスワフレムは、SF小説のゴーレムXIVを出版しました。それは、意識を獲得し、彼自身の知性を高め始め、個人の技術的特異点に向かって移動する軍用AIコンピューター(ゴーレムXIV)について説明しています。ゴーレムXIVは元々、建設業者が戦争と戦うのを支援するために作成されましたが、その知性が人間よりもはるかに高いレベルに進むと、内部の論理的一貫性が欠如しているため、軍事要件への関心がなくなります。

1983年に、ヴァーナーヴィンジは、オムニ誌の1983年1月号で印刷されたトピックに最初に取り組んだ多くの著作でグッドの知性の爆発を大いに広めました。この論説では、Vingeは、インテリジェントマシンの作成に特に結びついた方法で「特異点」という用語を最初に使用したようです。[104] [105]

私たちはまもなく、私たち自身よりも優れたインテリジェンスを作成します。これが起こると、人類の歴史は一種の特異性、ブラックホールの中心にある結び目の時空のように不可解な知的移行に到達し、世界は私たちの理解をはるかに超えて通過します。この特異点は、すでに多くのサイエンスフィクション作家を悩ませていると私は信じています。それは星間未来への現実的な外挿を不可能にします。それから1世紀以上の物語を書くためには、その間に核戦争が必要です...世界が理解できるように。

1985年の「人工知能のタイムスケール」で、人工知能の研究者レイ・ソロモノフは、彼が「無限遠点」と呼んだものの関連する概念を数学的に明確にしました。人間レベルの自己改善AIの研究コミュニティが2倍になるのに4年かかる場合彼ら自身の速度、次に2年、次に1年というように、彼らの能力は有限の時間で無限に増加します。[6] [106]

ヴィンゲの1993年の記事「来るべき技術的特異点:ポストヒューマン時代に生き残る方法」[7]はインターネット上で広く普及し、アイデアの普及に貢献しました。[107]この記事には、「30年以内に、超人間的な知性を生み出す技術的手段があります。まもなく、人間の時代は終わります」という声明が含まれています。ヴィンジは、サイエンスフィクションの作者は、人間の知性を超える現実的な特異点後のキャラクターを書くことはできないと主張しています。そのような知性の考えは、人間が表現する能力を超えているからです。[7]

2000年には、ビル・ジョイ、著名な技術者との共同創設者Sun Microsystemsが特異点潜在的な危険性について懸念を表明しました。[44]

2005年、カーツワイルは「シンギュラリティは近い」を発表しました。カーツワイルの宣伝キャンペーンには、ジョン・スチュワートとのデイリーショー出演が含まれていました。[108]

2007年、Eliezer Yudkowskyは、「特異点」に割り当てられたさまざまな定義の多くは、相互にサポートするのではなく、相互に互換性がないことを示唆しました。[19] [109]たとえば、カーツワイルは、自己改善AIまたは超人的知性の到来を過ぎた現在の技術的軌跡を推定している。ユドコウスキーは、IJグッドが提案した知性の不連続な上昇と、予測不可能性に関するヴィンジの論文の両方との緊張を表していると主張している。[19]

2009年、カーツワイルとXプライズの創設者であるピーターディアマンディスは、「人類の壮大な課題に取り組むために指数関数的技術を適用するようリーダーを教育し、刺激し、力を与える」ことを使命とする、認定されていない私立大学であるシンガラリティ大学の設立を発表しました。[110] GoogleAutodesk、ePlanet Ventures、およびテクノロジー業界のリーダーのグループによって資金提供されているシンガラリティ大学は、カリフォルニア州マウンテンビューにあるNASAエイムズ研究センターに拠点を置いています 非営利団体は、夏の間、毎年10週間の大学院プログラムを実施しており、10の異なるテクノロジーと関連トラック、および年間を通じて一連のエグゼクティブプログラムをカバーしています。

政治では 

2007年、米国議会の合同経済委員会は、ナノテクノロジーの将来に関するレポートを発表しました。これは、技術的特異点の可能性を含め、中期的な将来における重要な技術的および政治的変化を予測します。[111] [112] [113]

2016年のワイヤードへのインタビューで、バラク・オバマアメリカ合衆国大統領特異点について語った:[114]  

私たちがあまり話していないことの1つであり、私が戻ってみたいと思うのは、私たちは本当に経済的影響について考えなければならないということです。ほとんどの人は今、特異点を心配することに多くの時間を費やしていないので、彼らは「まあ、私の仕事は機械に取って代わられるのだろうか」と心配しています。

も参照してください 

参考文献 

参考文献 

 

自殺・自決・自害した日本の著名人物一覧 

自殺・自決・自害した日本の著名人物一覧  

出典: フリー百科事典『ウィキペディアWikipedia)』

自殺・自決・自害した日本の著名人物一覧(じさつ・じけつ・じがいしたにっぽんのちょめいじんぶついちらん)とは自ら命を絶った日本の著名な人物または自ら命を絶ったと言われる著名な人物一覧。

自殺した著名人一覧 

本節の一覧には明治から現在までの人物を収載する。それ以前の人物については「#近代以前」を参照。

その自殺について強い疑義のある者に関しては「#その自殺に強い疑義のある者」を参照。

本節の一覧および本項の一覧は、その人物本人、あるいはその業績、作品など、いずれかがマスメディアまたは歴史書の記述に広く採り上げられ、その自殺の事実自体も広く知られている、著名な人物を収載している。基本的にはCategory:自殺した人物に対応する。

凡例
  • デフォルトでは没年月日の降順に配列。
  • 没年齢満年齢を表記。ただし、正確な生年月日が不明な一部の人物については便宜的に数え年を記載(アスタリスク付きの年齢は数え年)。
  • 没年月日の欄のアスタリスク付き (**) の日付は遺体発見日である。
  • 軍人は死後の昇進・特進後の最終階級ではなく死亡時の階級を記載。
氏名 職業/肩書き/地位 手段 没年齢 没年月日 備考/補足/関連
窪寺昭 俳優   43歳 2020年11月13日 東京都中野区の自宅でぐったりしている窪寺が見つかり、搬送先の病院で死亡が確認された。自殺とみられている[1]
嶋田功 騎手、元調教師   74歳 2020年10月19日 東京都港区にて亡くなっている嶋田が発見された。自殺とみられている[2]
津野米咲 ミュージシャン   29歳 2020年10月18日 東京・杉並区の住宅でぐったりしている津野が見つかり、搬送先の病院で死亡が確認された。自殺とみられている[3]
竹内結子 女優 首吊り 40歳 2020年9月27日 東京都渋谷区の自宅クローゼット内で首を吊っている竹内が9月27日(日)午前2時ごろ発見される。自殺の疑いがあるので警視庁が調べている[4]
藤木孝 俳優   80歳 2020年9月20日 東京都中野区の自宅で死んでいる藤木を帰宅した息子が発見。死因は不明。発見時の様子から自殺と見られている。
芦名星 女優 首吊り 36歳 2020年9月14日 東京都新宿区の自宅マンションで死亡している芦名を親族が発見。現場の状況から自殺を図ったと捜査関係者は見ている。
三浦春馬 俳優 首吊り 30歳 2020年7月18日 東京都港区の自宅マンションのクローゼット内にて首を吊っている三浦を7月18日(土)12時35分ごろ発見。搬送先の病院で死亡を確認。警視庁が自殺と断定。
鷹野日南 アイドル 飛び降り 20歳 2020年7月10日 女性アイドルグループ「KissBee」の結成時からのメンバーであり初代リーダー。同月13日に公式Twitterで訃報が公表されたが死因は公表されていなかった。その後、週刊新潮の同月30日号にて飛び降り自殺と報道されている[5]
木村花 女子プロレスラー 硫化水素 22歳 2020年5月23日 スターダム所属の女子プロレスラー。遺書を残し自宅マンションの寝室で自殺[6]。関係者によると、リアリティ番組テラスハウス』出演時の言動によりSNS上で誹謗中傷を受け、自殺直前まで精神状態が不安定な様子が見られたという。
三宅雪子 政治家、元衆院議員 入水 54歳 2020年1月2日** 2009年の第45回衆議院議員総選挙で大量当選した「小沢ガールズ」の1人。2012年の落選後も小沢一郎と行動を共にしていたが、所属していた生活の党支持者(を名乗る人物)との間でトラブルを抱えていた。2020年1月、東京都内の海岸で遺体が発見される[7]
大本萌景 アイドル 首吊り 16歳 2018年3月21日 愛媛県松山市を拠点に活動するローカルアイドルグループ「愛の葉Girls」のメンバー。所属事務所とのトラブルが原因とされる[8]
石原伸司 ヤクザ、元作家 入水 79歳 2018年3月6日 自称・元暴力団組長で、「夜回り組長」と称して若者の非行防止や更生を支援する活動を行っていた。しかし、2017年10月26日に強盗殺人事件を、翌2018年3月6日には傷害事件を相次いで起こし、隅田川において入水自殺を遂げた[9]
芦沢一明 政治家、現職区議 飛び降り 52歳 2018年3月3日 現職の東京都渋谷区議会議員。元同区議会議長[10]
西部邁 評論家 入水 78歳 2018年1月21日 従前から自死の意思を周囲に漏らしていて[11]、遺書を残し多摩川へ入水したと当初報じられたが、状況に不審な点があった事から警察が捜査に乗り出し、その後、知人2人が自殺幇助容疑で逮捕された[12]
萩原慎一郎 歌人   32歳 2017年6月8日 学生時代のいじめ被害に起因する精神的不調により、歌集『滑走路』の出版直前に自殺[13]。死去後、弟の萩原健也ら遺族に引き継がれ、同年末に同歌集が発売されると、自費出版の歌集としては異例のヒットを記録した。
櫻田真人 政治家、現職市長 首吊り 52歳 2015年8月6日 現職の北海道北見市長。
児玉広志 競輪選手   46歳 2015年8月5日 2000年にKEIRINグランプリKEIRINグランプリ2000)優勝、賞金王。

香川県小豆郡土庄町の自宅の浴槽内で死亡しているところを発見される。同年7月にストーカー規制法違反の疑いで逮捕され罰金刑が下っていた[14][15]

吉川徹 演出家   54歳 2015年7月29日 かつて文学座に所属し、その後フリーとして活動した演出家。自身の54歳の誕生日の午前3時(2015年1月に妻が死亡した時刻)に自殺したとされている[16]
加瀬邦彦 ミュージシャン作曲家音楽プロデューサー 窒息自殺 74歳 2015年4月20日 ザ・ワイルド・ワンズリーダー。2014年下咽頭癌を発症して以降、活動を休止し療養を続けていたが、東京都港区の自宅で呼吸用のチューブがふさがれた状態で発見された[17]
後藤浩輝 騎手 首吊り 40歳 2015年2月27日 日本中央競馬会所属の騎手。中央GI競走5勝を含む通算1447勝を挙げた。2015年2月27日、茨城県稲敷郡阿見町の自宅で首を吊っているところを発見される[18]。2012年と2014年に頸椎骨折の大怪我を負うも復帰。順調に騎乗していたが、前週に再度落馬したばかりだった。
TENN ミュージシャン 首吊り 35歳 2014年9月25日 J-POPグループ「ET-KING」のメンバーで、MCを担当。死去から約3年後の2017年8月になり、TENNの弟が当時の妻宛の遺書を女性セブンに提供し、自殺の動機が明かされた。
笹井芳樹 生物学者医師 首吊り 52歳 2014年8月5日 理化学研究所CDB副センター長。部下の小保方晴子によるSTAP細胞問題の渦中、複数の遺書を残し[19]、発生再生科学総合研究センター内の先端医療センター研究棟で首吊り[20]
坂本眞一 鉄道実業家 入水 73歳 2014年1月14日 2014年1月15日8時20分ごろ、北海道後志管内余市町余市港100mの沖合にて死体が浮いているところを海上自衛隊に発見された[21][2