開けて悔しき玉手箱のブログ

浮世の世間で ある日 玉手箱を 開けてしまった........。 気づくと そこは......。

行進中に士気と歩調を保つため、伴奏無しで歌われる場合が多い。歌詞や旋律が民謡・俗謡や宗教歌・学生歌から借用されたり、映画の楽曲が軍歌として採用された事例もある。近代以降は、将兵個人と国家元首との結び付きや、ナショナリズムや社会主義・共産主義といった特定のイデオロギーを強調する作品が出現する。

軍歌  

出典: フリー百科事典『ウィキペディアWikipedia)』

この記事には複数の問題があります。改善やノートページでの議論にご協力ください。 出典がまったく示されていないか不十分です。内容に関する文献や情報源が必要です。(2020年2月) 脚注による出典や参考文献の参照が不十分です。脚注を追加してください。(2019年5月)
1932年昭和7年)の軍歌レコードの広告

軍歌(ぐんか)とは、兵士行軍しながら歌う[1]日本では、明治以降に、軍隊の士気の鼓舞、戦意の高揚、愛国精神の発揚を目的としてつくられた歌[1][2][3]戦友の死への悲しみを題材とした歌も軍歌といわれることがある[2]

 

概要 

行進中に士気と歩調を保つため、伴奏無しで歌われる場合が多い。歌詞旋律民謡・俗謡や宗教歌学生歌から借用されたり、映画の楽曲が軍歌として採用された事例もある。近代以降は、将兵個人と国家元首との結び付きや、ナショナリズム社会主義共産主義といった特定のイデオロギーを強調する作品が出現する。

世界的に有名な軍歌として、フランス国歌である「ラ・マルセイエーズ(「マルセイユの歌」。元の題名は「ライン軍のための軍歌」・「ライン軍軍歌」)」[注釈 1]がある。この他、アイルランド国歌「兵士の歌」やインドネシア国歌「インドネシア・ラヤ」のように独立運動および独立戦争で歌われたもの、ルーマニア国歌「目覚めよ、ルーマニア人!」のように革命運動で歌われたものなど、軍歌あるいはそれに準ずる歌曲が国歌になっていることもある。

 

欧米の軍歌 

フランス 

フランス国歌「ラ・マルセイエーズ」はもとはフランス革命のときにストラスブール青年将校によって作られた「ライン軍軍歌」という軍歌であった[6]。1792年4月にルージェ・ド・リールマルによって作られた曲で、6月にマルセイユで開かれた集会で大好評を博した[6]

アメリ 

オーストリア 

 

日本の軍歌 

日本の軍歌の歴史 

明治初年-日清戦争 

日本最初の軍歌は東征軍の進軍歌『トンヤレ節』であるとされる[1][2]俗謡調[2][3]の官製軍歌[1]であった。1869年に横浜に薩摩藩軍楽隊がつくられ、軍によって正式に軍歌がつくられるようになった[3]。その最初のものは海軍儀制曲『海ゆかば』で、『続日本紀』から引用した大伴家持の古歌に東儀季芳が曲を付けた雅楽調であるが、海軍軍楽師瀬戸口藤吉がその旋律を『軍艦行進曲』のトリオ部に採用したため[3]信時潔作曲の『海行かば』とよく混同されることがある[7]

東京大学文学部長や文部大臣を歴任した外山正一は1882年、5年前の西南戦争を題材に「抜刀隊」という名の詩を発表、詩詞において、国民の一体感や士気の高揚を目的として制作した旨を述べた[8]。外山はジャンルとしての軍歌の確立に向けて活動し、清国との外交関係が悪化しはじめた1885年、「軍歌」という名の楽曲が制作され、一般国民が容易に歌唱・作詞ができるような平易なメロディーが特徴づけられた。また「抜刀隊」がシャルル・ルルーの作曲を得て初演された[9]

当時は作曲の技能を持ったものが少なかったことから、既存のメロディに歌詞をあてはめた、「替え歌」が多くつくられた[10]

日清戦争 

1894年に日清戦争が勃発すると、新聞社が軍歌を公募するなど、軍歌は一気に国民規模のエンターテインメントへと変貌する。それまで政府批判を主な題材に用いていた演歌師も国権論に舵を切り、この風潮を支えた。ただし、それまでのエリート中心の厳選された楽曲と較べると、歌詞が稚拙であったり、民衆受けのするアジテーションが前面に押し出されたりするなど、平均的な作品の質は低下せざるを得なかった[11]

戦時下での軍歌は、それまでの作品とは異なり、戦況を題材にした具体的な歌詞によるものが多くなる。よって、はやりの軍歌の変遷はニュースの側面を持ち、軍歌の歌詞で戦況を追いかけることができるようになった[12]。また、戦闘で軍功を挙げた兵士を題材にした楽曲もつくられた[13]

日清戦争の2年間で、制作された軍歌は1300曲、軍歌集は140冊にのぼった[14]

日露戦争 

1904年の日露戦争は、日清戦争直後の三国干渉以来の対抗感情(「臥薪嘗胆」)が国民の中に堆積しており、開戦直後から楽曲発表が相次いだ。その多くは大衆娯楽として量産され、完成した作品から小出しに販売されるような形態で売り出された。この結果マンネリ化し、既存の作品の焼き直し感は否めず、軍歌研究家の堀内敬造は、この時期の軍歌を日清戦争期と較べて「軍歌の不振期」と位置付けている[15]

この時期の軍歌は、個別の戦闘を謳ったニュース調のものよりも、特定の軍人を謳ったキャラクター重視の作品が受け、後世にも残った[16]

大正時代 

日露戦争以降、日本が大きな戦争を体験することはなく、オリジナルの軍歌が流行することは少なかった。兵科ごとの曲や、軍学校校歌寮歌の類が目立つ。

一方で、国民に広く膾炙したそのメロディを転用した替え歌がはやり、メロディの本来の出自とは無関係に盛んに借用された。「日本海軍」の替え歌として反戦歌や労働歌、革命歌など、原曲の趣旨とは正反対の歌詞が当てはめられることも増え、更には日本の施政下にあった朝鮮半島における独立派のゲリラ軍が軍歌に流用した例[17]辛亥革命の革命歌が日清戦争の際の軍歌を流用した例もあった[18]

また、第一次世界大戦の主戦場となったヨーロッパにおいては盛んに軍歌が制作され、日本においても当時の欧米の流行歌として娯楽の対象になった[19]

日中戦争 

満州事変後、世論やメディアは事変を積極的に評価し、レコード会社はこれに便乗して軍歌を量産し始めた。1932年には爆弾三勇士の顕彰歌が乱発し、メディア各社が公募を行うなど、最終的には20曲近くに達した。

一方で、国内クーデターである五・一五事件を賛美する軍歌も発表されたためこれが大問題になり、1934年、出版法を改正、レコード検閲が開始された。ただし、内務省内の検閲当局は小規模であり、すべてのレコードを検閲することは不可能であったため、「内閲」(レコード会社内部での事前チェック)と「懇談」(当局とレコード会社側でのすり合わせ)という運用方針を確立し、阿吽の呼吸で効率的にレコード市場が国策に深く関わるようになる[20]

太平洋戦争期 

太平洋戦争開戦とともにさらに数多くの軍歌・戦時歌謡が作られた。公募は戦争末期まで多く行われ、戦時下にあった外地にあっても相当数の応募が存在した。1942年に戦況が暗転し始めると、「海行かば」が国歌に次ぐ「国民の歌」に指定されるなど、大政翼賛会主導の下、「国民皆唱運動」が行われ、軍歌は名実ともに総力戦体制の一翼を担うようになった。更に、歴代の軍歌のリバイバルやレコード会社の統合再編、敵性音楽の禁止など、「上からの軍歌」の様相が強くなった[21]

軍歌の終焉 

1945年(昭和20年)8月15日の終戦、その年の11月30日をもって、明治以来の大日本帝国陸海軍は解体・消滅。それまでの歌詞を伴う軍歌はGHQによって禁止され、新たに作られることも少なくなった。禁止は1952年のサンフランシスコ講和条約まで続いた。

自衛隊 

自衛隊では「陸軍分列行進曲」「軍艦行進曲」を筆頭に公式に旧軍時代の軍歌軍楽がそのまま使用されることも多い。自衛隊音楽隊により公式の場(行事式典等)にて「敵は幾万」「愛馬進軍歌」「月月火水木金金」他様々な軍歌が演奏されている。特に職種によっては軍歌を受け継いでいることが多く、普通科の「歩兵の本領」、野戦特科の「砲兵の歌・襟には映える山吹き色の」、空挺団の「空の神兵」は有名である。「歩兵の本領」のように旧軍の用語を自衛隊の用語に置き換えたり(「軍」→「隊」、「歩兵」→「普通科」、「騎兵砲兵」→「機甲特科」など)、「PKO」など新たな任務を取り入れるなど、自衛隊の実情に合わせて歌詞を改めて歌われる場合もある[22]

自衛隊の直接の前身となった警察予備隊が発足した以降に制作されたものは「隊歌」と呼ばれる[23]。隊歌には陸・海・空 各自衛隊で制作したものや、師団・連隊などの部隊単位で独自に制作したものがあり、朝礼や創立記念祭等で歌われることがある[24]他、公式HP[25]YouTube等において有志により公表[26][27]されている。

 

参考文献 

  • 辻田真佐憲『日本の軍歌 国民的音楽の歴史』幻冬舎幻冬舎新書〉、2014年7月30日。ISBN 978-4344983533
  • 西部邁「軍歌は日本列島の伏流水」『生と死、その非凡なる平凡』新潮社、2015年、66-71頁。ISBN 9784103675068
  • 岩崎良二「弾き歌い軍歌集」呉PASS出版 2015年。軍歌に本格的なギター・ピアノコードを付した楽譜を掲載。
 

脚注 

注釈 

[脚注の使い方]
  1. ^ 元が軍歌であるため内容が過激であるという指摘もある。1992年アルベールビルオリンピック開会式にて少女に歌わせた際、あまりにも歌詞が血生臭く、周辺国を敵視する内容であるためにフランス国内から過激すぎるとの批判も出るなど、国歌を変更しようとする論争にもなることがあった[4][5]

出典 

[脚注の使い方]
  1. a b c d 卜田隆嗣「軍歌」『日本大百科全書 7』小学館、1986年1月1日 初版第一刷発行、ISBN 4-09-526007-6、786頁。
  2. a b c d 山住正己「軍歌」『世界大百科事典 8』平凡社、2007年9月1日 改訂新版発行、370~371頁。
  3. a b c d 「軍歌」吉川英史監修『邦楽百科事典 雅楽から民謡まで』音楽之友社、昭和59年11月1日第1刷発行、ISBN 4-276-00090-4、342~343頁。
  4. ^ 岡崎雄兒. “中華人民共和国国歌の成立過程研究 (pdf)”. 2019年9月1日閲覧。
  5. ^ 世界の国歌 -World's anthem La Marseillaise / フランス共和国国歌「ラ・マルセイエーズ」” (2012年4月21日). 2019年9月1日閲覧。
  6. a b ブランシャー・ニコラ. “アルザスの歴史を探ってヨーロッパを知る”. 東洋大学2020年2月9日閲覧。
  7. ^ 長田曉二『戦争が遺した歌: 歌が明かす戦争の背景』全音楽譜出版社、2015年6月15日 第1版第1刷、ISBN 978-4-11-880232-9、79頁。
  8. ^ 辻田, pp. 20-21,27-31.
  9. ^ 辻田, pp. 16,33-34.
  10. ^ 辻田, p. 49.
  11. ^ 辻田, pp. 56-57.
  12. ^ 辻田, p. 61.
  13. ^ 辻田, pp. 63-64.
  14. ^ 辻田, p. 60.
  15. ^ 辻田, pp. 78-80,84-85.
  16. ^ 辻田, pp. 94-95.
  17. ^ 辻田, pp. 111-113.
  18. ^ 辻田, pp. 113-115.
  19. ^ 辻田, p. 118.
  20. ^ 辻田, pp. 159-161.
  21. ^ 辻田真佐憲. “「日本の軍歌」国民的音楽の歴史 第2回「軍歌大国」の黄金時代”. 幻冬舎2020年3月26日閲覧。
  22. ^ 優れた軍歌を楽しむ♪ 「歩兵の本領」”. 2019年9月2日閲覧。[リンク切れ]
  23. ^ 隊歌指導”. 陸上自衛隊幹部候補生学校2019年9月2日閲覧。
  24. ^ 第9師団歌(吹奏楽:陸上自衛隊第9音楽隊の演奏♪) - YouTube
  25. ^ 陸上自衛隊:サウンド”. 陸上自衛隊2019年9月2日閲覧。
  26. ^ 陸上自衛隊北部方面隊歌 - YouTube
  27. ^ 【隊歌】第三十四普通科連隊歌 - YouTube
 

関連項目 

 

外部リンク 

 

 

スリランカ

スリランカの歴史  

ウィキペディアから、無料の百科事典

 
 

 

この記事は、検証のために追加の引用が必要です。信頼できる情報源に引用を追加して、この記事の改善にご協力ください。ソースのない資料は異議を申し立てられ、削除される可能性があります。ソースの検索:「スリランカの歴史」–ニュース・新聞・本・学者・JSTOR(2013年7月)(このテンプレートメッセージを削除する方法とタイミングを学ぶ)

スリランカの歴史は広いの歴史と絡み合っているインド亜大陸の領域からなる、とその周辺地域、南アジア東南アジア、インド洋を。

スリランカ島で発見された最も初期の人間の遺体は、約38、000年前にさかのぼります(バランゴダマン)。

歴史的な期間は、に基づいて、3世紀に大体始まるパーリ語のような年代記Mahavansa、Deepavansa、およびChoolavansa。彼らは、北インドからシンハラ人が到着してからの歴史を説明しています[1] [2] [3] [4]島に定住した最も初期の文書は、これらの年代記にあります。これらの年代記は、シンハラ人の最も初期の祖先によって紀元前6世紀にタンバパニ王国が設立されてからの期間をカバーしています。最初のスリランカ定規アヌラーダプラ王国Pandukabhayaは、紀元前4世紀のために記録されています。仏教は紀元前3世紀に羅漢によって導入されましたマヒンダ(インド皇帝アショカの息子)。

島はその後数世紀にわたって多数の王国に分割され、チョーラ朝の支配下で断続的に(西暦993年から1077年の間)統一されましたスリランカは、アヌラーダプラからキャンディ時代までの181人の君主によって統治されていました。[5] 16世紀から、国の一部の沿岸地域もポルトガルオランダイギリスによって支配されていました。1597年から1658年の間、島のかなりの部分がポルトガルの支配下にありましたポルトガル人は八十年戦争へのオランダの介入のためにセイロンで彼らの所有物を失いました。以下のキャンディ戦争、島は下団結しました   1815年のイギリス統治。1818年のウヴァ反乱と1848年のマータレーの反乱でイギリスに対する武力蜂起が起こった。独立は1948年にようやく認められましたが、この国は1972年まで大英帝国領土であり続けました。

1972年にスリランカは共和国の地位を引き継ぎました。憲法が作られ、1978年に導入された執行会長国家元首スリランカ内戦はで暴動を含め、1983年に始まった1971年1987未遂があった2009年に終わる25年にわたる内戦で、クーデター1962の下で政府に対するシリマヴォ・バンダラナイケが

 

先史時代 

スリランカでの人間の植民地化の証拠は、バランゴダの場所に現れます。バランゴダマンは約125、000年前に島に到着し、洞窟に住んでいた中石器時代の 狩猟採集民として特定されました。よく知られているなど、これらの洞窟のいくつかBatadombalenaFaをヒエン洞窟は、現在、島の最初の既知の住民であるこれらの人々から多くの成果物を、得られています。

Balangoda Manはおそらく、ゲームをキャッチするために木を燃やすことによって、中央の丘にホートンプレーンズを作成しました。しかし、西暦前15、000年頃に平原でオーツ麦と大麦が発見されたことは、この早い時期に農業がすでに発展していたことを示唆しています。[6]

数分の花崗岩の道具(長さ約4センチメートル)、陶器、焦げた木材の残骸、粘土の埋葬鍋は中石器時代のものです。6000 BCEにさかのぼる人間の遺骨がで洞窟の周りの最近の発掘調査中に発見されたWaranaラジャマハビハーラとKalatuwawaエリアに。

シナモンスリランカ原産で、紀元前1500年に古代エジプトで発見されており、エジプトと島の住民との間の初期の交易を示唆しています。聖書のファルシスが島にあった可能性があります。ジェームズ・エマーソン・テナントは、ターシッシュをゴールと同一視しました。[7]

原史時代の初期鉄器時代は、それ以前ではないにしても、少なくとも紀元前1200年までに南インドに定着したようです(Possehl 1990; Deraniyagala1992:734)。スリランカでのこれの最も初期の兆候は、cに放射性炭素年代測定されています。シギリヤのアヌラーダプラとアリガラの避難所での紀元前1000年から800年(Deraniyagala 1992:709-29; Karunaratne and Adikari 1994:58; Mogren 1994:39; Anuradhapuraの年代測定はConingham 1999によって裏付けられています)。さらなる調査により、スリランカの下限が南インドの下限と一致するように押し戻される可能性が非常に高いです。[8]

原史時代(紀元前1000年から500年)の間、スリランカ南インドと文化的に統一され[9]、同じ巨石の埋葬、陶器、鉄の技術、農業技術、巨石の落書きを共有していました。[10] [11]ドラヴィダと一緒に南インドからのこの複合文化の広がりは、次のような氏族Velir前の移行に、プラークリットのスピーカー。[12] [13] [10]

スリランカ鉄器時代の始まりの考古学的証拠は、紀元前900年以前に大都市の集落が設立されたアヌラーダプラにあります。集落は紀元前900年には約15ヘクタールでしたが、紀元前700年までに50ヘクタールに拡大しました。[14]同期間から似たようなサイトもでAligalaの近くに発見されているシギリヤ[15]

島の中央部、ウバ州、北東部にまだ住んでいる、ワニヤラ・アエットまたはヴェッダ人として知られる狩猟採集民は、おそらく最初の住民であるバランゴダマンの直系の子孫です。彼らは、人間がアフリカからインド亜大陸に広がった頃に、本土から島に移住した可能性があります。

その後、インド・アーリア人の移民は、シンハラという名前のユニークな水力文明を発展させました。彼らの業績には、古代世界で最大の貯水池とダムの建設、および巨大なピラミッドのような仏舎利塔シンハラ語でdāgaba )の建築が含まれます。スリランカ文化のこの段階では、初期仏教が導入された可能性があります。[16] ->

仏教の経典に記録されている初期の歴史は見るために島に仏によって3回の訪問を指しナガキングス、意志の人間の形をとることができるヘビを。[17]

島から最古の年代記は、ディーパワンサマハーワンサは、その言うYakkhas悪魔崇拝者)、ナーガコブラ崇拝者)と四天王インドアーリアシンハラの移行前に島に住んで(神の崇拝者を)。

 

アヌラダプラ以前の時代(紀元前543年から377年) 

インド・アーリア人の移民 

パーリ語年代記ディーパワンサマハーワンサThupavamsaChulavamsaだけでなく、石碑の大規模なコレクション、[18]インドのEpigraphicalレコード、年代記などのビルマのバージョンでは、スリランカの歴史からの情報を提供します紀元前6世紀頃。[19]

マハーワンサは、マハナマ僧侶が西暦400年頃に、ディーパヴァムサ、アタカサ、その他の入手可能な資料を使用して書いたもので、当時のインドの歴史とよく相関しています。確かに、アショカ皇帝の治世はマハーワンサに記録されています。仏陀の死から218年後のアショーカ王戴冠式の前の期間のマハーワンサの記述は、一部の伝説のようです。適切な歴史的記録は、VangaからのVijayaと彼の700人の信者の到着から始まります。ヴィジャヤの時代の王朝の記述の詳細な説明は、マハーワンサに記載されています。[20]HWコドリントンは、「ヴィジャヤ(「征服者」)自身が、古代スリランカの2つの征服を組み合わせた複合キャラクターである可能性があります。ビジャヤはインドの王子であり、シンハバーフ王(「ライオンの腕を持つ男」)の長男であり、妹のシンハシバリ女王です。これらのシンハラ人の指導者は両方とも、ライオンと人間の王女の間の神話上の結合から生まれました。マハーワンサは、ビジャヤが仏陀の死と同じ日に上陸したと述べています(マハーワンサへのガイガーの序文を参照)。ヴィジャヤとクヴェニ(地元の王妃)の物語はギリシャの伝説を彷彿とさせ、古代のインド・ヨーロッパ祖語の民話に共通の情報源があるかもしれません。

マハーワンサによれば、ヴィジャヤは(Manthota又はMahathitha近くスリランカに着弾マナー[21] )と命名[22]の島にTambaparni(「銅色の砂」)。この名前は、プトレマイオスの古代世界の地図で証明されています。マハーワンサはまた、スリランカを3回訪れた仏陀についても説明しています。第一に、ルビーの椅子をめぐって争っていたナーガ王とその義理の息子との間の戦争を止めること。彼の最後の訪問で、彼はシリパダ(「アダムスピーク」)に足跡を残したと言われています。

タミラバラニは、スリランカで2番目に長い川の古い名前です(シンハラ語ではマルワツオヤタミル語ではアルヴィアルとして知られています)。この川は、首都アヌラーダプラとマハティタ(現在のマナー)を結ぶ主要補給ルートでした。水路は、シルクロード南部を航行するギリシャと中国の船によって使用されました。  

マハティールは、スリランカとインドおよびペルシャ湾を結ぶ古代の港でした。[23]

現在のシンハラ人はインド・アーリア人先住民族の混合物です[24]シンハラ人は、インド・アーリア人の言語、文化、上座部仏教、遺伝学、および身体に基づいて、隣接する南インドの他のグループとは異なる民族グループとして認識されています。人類学。

 

アヌラーダプラ時代(紀元前377年-1017年) 

 丘のシンボルと象の間の寺院を描いたパンディアン王国の硬貨、パンディアス、スリランカ、1世紀。

アヌラーダプラ王国の初期には、経済は農業に基づいており、初期の定住は主に、一年中農業に必要な水があった東部、北中部、北東部の川の近くで行われました。王は国の支配者であり、法律、軍隊に責任があり、信仰の保護者でした。デヴァナンピヤティッサ(西暦前250年から210年)はシンハラ人で、マウリヤ朝の王と友達でした。彼のアショーカ王とのつながりは、紀元前247年頃にマヒンダ(アショーカの息子)による仏教の導入につながりました。サンガミッタ(マヒンダの妹)が菩提をもたらした   Jambukolaカンカサントゥレイの西)経由の苗木。この王の治世は上座部仏教スリランカにとって決定的に重要でした。

マウリヤ朝-サンスクリット語のテキストArthashastra、スリランカの真珠と宝石について言及しています。そのテキストでは、一種の真珠、kauleya(サンスクリット語:कौलेय)が言及されておりシンハラ語のマユルグラムから収集されたものでもあります。シンハラ語からは宝石のパルサムドラ(पारसमुद्र)も集められていました。[25]

エララン(西暦前205年から161年)は、アセラ王を殺害した後、「ピヒティラタ」(マハウェリの北にあるスリランカ)を統治したタミル王でした。中にエラランの時間Kelaniティッサのサブ王たマヤラタ(南西にある)とKavanティッサはの地域サブ王だったRuhuna(南東で)。Kavan Tissaは、Tissa Maha Vihara、Dighavapiタンク、およびセルビラに多くの神社を建設しました。Dutugemunu(161から137 BCE)、王Kavanティッサの長男は、年齢の25歳でエララインベーダー南インドタミル語を破った単一の戦闘で(64歳以上)、で説明マハーワンサ。ザ・ドゥトゥガムヌによって建てられたルワンウェリサヤは、ピラミッドのようなプロポーションのダガバであり、エンジニアリングの驚異と見なされていました。[要出典]

 5人のドラヴィダ人の最初のPulahatta(またはPulahatha)は、Bahiyaによって証言録取されました。彼は順番にで解任されたPanayaマラにより解任されたPilayaマラによって殺害、Dathika 88 BCEに。マラはタミルの支配を終わらせたヴァラガンバ1世(西暦前89年から77年)によって証言録取されました。この時、マハーヴィハーラ上座部仏教(「大乗仏教 」)の教義上の論争が起こった。大蔵経はで書かれたパーリAluvihara、でマタレ。マハナガンのチョーラナガ(紀元前63〜51年)は、女王になった仲間のアヌラに毒殺されました。アヌラ女王     (西暦前48〜44年)、チョーラナガとクダティッサの未亡人は、スリランカの最初の女王でした。彼女には多くの恋人がいて、彼女に毒殺され、クッタカンナ・ティッサに殺されました。ヴァサバ(西暦67〜111年)は、バリプランの金版にちなんで名付けられ、アヌラーダプラを強化し、11両の戦車を建造し、多くの勅令を発表しました。ガジャバフ1世(114–136)はチョーラ朝に侵入し、捕虜を連れ戻し、仏陀の遺物を取り戻しました。A上岩時代の古典的な、Manimekalaiは、娘の間の連絡係から最初パラーバ王の起源を属性ナガの王Manipallavaチョーラ朝の王キリヴァラヴァンと一緒にピリヴァライ(ピリヴァライ)と名付けられ、その組合から王子が生まれました。王子は難破船で失われ、足首の周りにファランドラインディカトンダイ)の小枝(パラヴァ)を見つけたため、トンダイと名付けられました-男。別のバージョンでは、「パッラヴァ」は、「アシュヴァッターマンからパッラヴァという王が生まれた」と述べているバフールプレートの第6節でも支持されていると思われる、ナーガ王女とのバラモンアシュヴァッターマンの連合から生まれたと述べています。[26]    

4世紀から8世紀の4世紀のローマの硬貨のスリランカの模倣。
スリランカ(獅子國Shiziguo)から中国(梁王朝)、Wanghuitu王会像)への大使、西暦650年頃

強烈だったローマ時代の貿易古代タミル国(現在の日インド南部)とスリランカ[27]長いの崩壊後に残っ取引集落確立西ローマ帝国が[28]

統治の間にMahasena(274から301)上座部(マハビハーラ)迫害としてMahayananの仏教の枝が現れました。その後、王はマハビハラに戻りました。パーンドゥは、(429)455にPithyaで終わる、7人のPandiyan支配者の第一号だったDhatusena(459から477)、「Kalaweva」と彼の息子カシュヤパ(477から495)は有名建てシギリヤの一部700岩の落書きは一見を与える岩の宮殿を古代シンハラ語の。

低下

993年、ラジャラジャチョーラが北のアヌラーダプラ王国を征服した大規模なチョーラ軍を派遣し、それをチョーラ帝国の主権に加えたとき。[29]その後、息子のラジェンドラ・チョーラの治世中に、島全体が征服され、広大なチョーラ帝国の領地として法人化された。[30] [31] [32] [33]     

 

ポロンナルワ時代(1056–1232) 

ポロンナルワの王国は、第二の主要だったシンハラスリランカの王国。これは、下の1055年から続いたVijayabahu Iのルールの下で1212年にLilavati。ポロンナルワ王国は、アヌラーダプラ王国ラジャラジャ1世の下でチョーラ軍に侵略され、シンハラ人の王がチョーラ朝の占領中に支配したルフナ王国の形成につながった後に誕生しました。  

低下

Sadayavarman Sundara Pandyan私は13世紀にスリランカ侵攻し、スリランカ北部のジャフナ王国の皇位簒であるチャンドラバヌを打ち負かしました。[34] Sadayavarman Sundara Pandyan私は、CandrabhanuにPandyanの規則に従い、Pandyan王朝に敬意を表するよう強制しました。しかし、後にカンドラバヌが十分に強力になったとき、彼は再びシンハラ王国に侵入しましたが、サダヤヴァルマンの兄弟であるスンダラパンディアンに敗れました。私はビーラパンディアンIと呼び、カンドラバヌは命を落としました。[34]スリランカは、ジャフナ王国を樹立したアリヤ・カクラヴァルティの指導の下、パンディアン王朝によって3度目の侵略を受けた。[34]  

 

移行期間(1232〜1505) 

セイロンのトレミックマップ(1482)

ジャフナ王国 

Aryacakravarti王朝としても知られ、ジャフナ半島を中心とした北王国でした。[35]

ダンバデニヤ王国 

カーリンガ・マーガを破った後、パラクラマバーフ王はダンバデニヤに王国を設立しました。彼はダンバデニヤに佛歯寺を建てました。

ライガマ王国 

ブワネカバフ4世によって設立され、サウルビジャヤバフの息子と言われています。この間、イスラム教徒の旅行者で地理学者のイブン・バットゥータスリランカにやって来て、それについて本を書きました。ガダラデニヤビハラヤは、ガンポラ王国時代に建てられた本館です。Lankatilaka ViharayaはまたGampolaに建てられた本館です。

コッテ王国 

戦いに勝った後、パラクラマバーフ6世はアラガコナルという名の将校を派遣して新しいコッテ王国をチェックしました。

シーターワカ王国 

シタワカ王国は、ポルトガル時代に短期間続きました。

ヴァニマイ 

Vanni Naduとも呼ばれるVannimaiは、スリランカ北部のJaffna半島の南にあるVanniarの首長によって統治されていた封建的な土地区画でした。キャンディ・ナヤカルと同盟を結んだパンダラ・ヴァニヤンは、1802年スリランカのイギリスとオランダの植民地勢力に対する反乱を主導しました。彼はムライティヴとヴァンニ北部の他の地域をオランダの支配から解放することができました。1803年、パンダラヴァニヤンはイギリスに敗れ、ヴァンニはイギリスの支配下に置かれました。[36]      

 

16世紀の危機(1505–1594) 

ポルトガルの介入 

16世紀に建てられた東部州バッティカロアの ポルトガル語(後のオランダ語)の砦。

現代でスリランカを訪れた最初のヨーロッパ人はポルトガル人でした。ロウレンソデアルメイダは1505年に到着し、7つの戦争王国に分割された島が侵入者をかわすことができなかったことを発見しました。ポルトガル人は1517年に港湾都市コロンボに砦を設立し、徐々に沿岸地域の支配を拡大しました。1592年、シンハラ人は首都を内陸の都市キャンディに移しました。この場所は、侵入者からの攻撃に対してより安全な場所です。断続的な戦争は16世紀まで続いた。

沿岸のムーア人が宗教的に迫害され、中央高地に撤退することを余儀なくされている間、多くの低地シンハラ人はポルトガル人による宣教師キャンペーンのためにキリスト教に改宗しました。仏教徒の大多数はポルトガルの占領とその影響を嫌い、彼らを救うかもしれないどんな権力も歓迎しました。1602年にオランダの船長ヨリスヴァンスピルベルゲンが上陸したとき、キャンディの王は彼に助けを求めました。

オランダの介入 

 キャンディの王であるラジャシンゲ2世は1638年にオランダと条約を結び、島の沿岸地域のほとんどを支配していたポルトガル人を排除しました。条約の主な条件は、オランダが島を独占するオランダの貿易と引き換えに、占領した沿岸地域をカンディアン王に引き渡すことでした。合意は両当事者によって違反されました。オランダ人は1656年にコロンボ占領し、1658年にジャフナパトナム近くの最後のポルトガルの要塞を占領しました。1660年までに、彼らは土地に閉じ込められたキャンディ王国を除く島全体を支配しました。オランダ人(プロテスタント)はカトリック教徒と残りのポルトガル人入植者を迫害しましたが、仏教徒ヒンズー教徒、イスラム教徒だけを残しました。オランダ人はポルトガル人よりもはるかに重い税金を人々に課しました。[要出典]

セイロンのオランダ時代の遺産は、オランダ人と地元出身の混血の人々であるダッチバーガー人です。セイロンのバーガー人のその後の定義は、1883年にセイロンの首席判事であるリチャード・オトリー卿によって伝えられました。[説明が必要]

 

カンディアン時代(1594–1815) 

ポルトガル人の侵略後、コナップバンダラ(ウィマラダルマスリヤ王)は賢く戦いに勝利し、キャンディ王国の最初の王になりました。彼は佛歯寺を建てました。君主は1832年に最後の王スリーウィクラマラジャシーニャの死で終わった[37]。

 

植民地時代のスリランカ(1815–1948) 

セイロンの19世紀後半のドイツの地図。

ナポレオン戦争中、イギリスは、オランダのフランスによる支配がスリランカをフランスに引き渡すのではないかと恐れ、1796年に島の沿岸地域(セイロンと呼ばれる)をほとんど困難なく占領しました。1802年アミアン条約が正式に島のオランダの部分をイギリスに譲渡し、それは王冠の植民地になりました。1803年、イギリスは最初のキャンディー戦争でキャンディ王国に侵攻しましたが、撃退されました。1815年、キャンディは第2カンディアン戦争に併合され、ついにスリランカの独立を終結させました。

抑制以下ウバ反逆キャンディの農民は、クラウンによって、その土地を剥奪し(食い込み)ランド1840省令第12号(時々クラウン条例又は廃棄物条例をランドランドと呼ばれる)、[38]現代のエンクロージャ運動、そして、ペナルティに減らされました。イギリス人は、スリランカの高地がコーヒー、紅茶、ゴムの栽培に非常に適していることを発見しました。19世紀半ばまでに、セイロンティーは英国市場の定番となり、少数のヨーロッパの茶畑に大きな富をもたらしました。プランターは、南インドから年季奉公として多数のタミル人労働者を輸入し、すぐに島の人口の10%を占める地所で働きました。[要出典]これらの労働者は、牛舎とそれほど変わらない、列の部屋に住む過酷な条件で働かなければなりませんでした。

上:Delineatio characterum quorundam incognitorumのイラスト、島のquos Ceylano spectandos praebet tumulus quidam sepulchralisActa Eruditorum、1733年に 公開

イギリスの植民地政権は、主に国の北部に集中していた半ヨーロッパのバーガー人、特定の高位カーストのシンハラ人、タミル人を支持しました。それにもかかわらず、イギリスはまた、その歴史の中で初めてスリランカに民主主義の要素を導入し、バーガーは早くも1833年にある程度の自治権を与えられました。選出されたメンバーが公式の任命者を上回ったのは1920年まででした。ユニバーサル選挙権が投票に許可されている一般の人々に反対シンハラ語タミル語中産階級エリートの抗議の上に1931年に導入されました。[39] [要出典]

独立運動 

セイロン国民会議(CNC)は、より大きな自治を推進するために設立されましたが、党はすぐに民族とカーストの境界線に沿って分割されました。歴史家のKMde Silvaは、セイロンのタミル人が少数派の地位を受け入れることを拒否したことが、セイロン国民会議の崩壊の主な原因の1つであると述べています。CNCは独立(または「スワラジ」)を求めていませんでした。独立運動と呼ばれるものは、2つの流れに分かれました。セイロンの地位を徐々に変更することによって独立を求めた「立憲主義者」。コロンボユースリーグ、グーナシンゲの労働運動、ジャフナユースコングレスに関連するより過激なグループ。これらの組織は、「スワラージ」(「完全な独立」)の叫び声を上げた最初の組織でした。 、サロージニー・ナイドゥと他のインドの指導者は1926年にセイロンを訪れた。[40]憲法主義者の努力は、1931年にドノウモア委員会の改革の到来とソウルベリー委員会の勧告につながり、よるDSセナナヤケ[40] 1935年にユースリーグから発展したマルクス主義スリランカ社会主義党(LSSP)は、完全な独立の要求を彼らの政策の基礎にした。[41]州議会、NMペレラおよびフィリップグナワルデナの議員 、コルヴィン・R・デ・シルバ、レスリー・グーンワルデンビビエンヌ・グーンワルデンエドマンド・サマルコディ、ナテサ・アイエルのような他のそれほど過激ではないメンバーによってこの闘争を助けられました。彼らはまた、シンハラ語タミル語による公用語としての英語の置き換えを要求した。マルクス主義グループはごく少数派でしたが、彼らの運動はイギリス政府によって大きな関心を持って見られました。反乱で英領インド帝国に対して大衆を怒らせる効果のない試みは、特定の流血と独立の遅れにつながったでしょう。1950年代に発表された英国の州の文書は、マルクス主義運動が植民地省の政策立案者に非常に悪い影響を及ぼしたことを示しています。

Soulbury委員会は、 1930年代の憲法改正のための攪拌の最も重要な結果でした。タミルの組織は、「セイロンのアイデンティティ」を拒否したGGポンナンバラムによって率いられていました。[42]ポンナンバランは自分自身を「誇り高きドラヴィダ人」と宣言し、タミル人の独立したアイデンティティを宣言した。彼はシンハラ人を攻撃し、マハーワンサとして知られる彼らの歴史的な年代記を批判しました。そのような競合[指定] Navalapitiyaに1939年に最初のシンハラ、タミル暴動につながった[40] [43]ポナンバラムが対向ユニバーサルフランチャイズを、サポートされているカーストシステム、そしてマイノリティの権利の保護には、シンハラ人(人口の65%)と同数の議席を持つマイノリティ(1931年の人口の35%)が必要であると主張した。この「50-50」または「バランスの取れた代表」政策は、当時のタミル政治の特徴となった。ポンナンバランはまた、英国人が「伝統的なタミル地域」に植民地化を確立し、仏教の一時的行為によって仏教徒を支持したと非難した。Soulbury委員会はポナンバラムにより提出を拒否しても、彼らは自分の許容できない共同文字として記述するものと批判[明確化必要]。シンハラ人の作家は、特にジャフナ-コロンボ鉄道の開通後、タミル人が南部の都市中心部に大規模に移住したことを指摘しました。一方、セナナヤケ、ジャヤティレケ男爵、オリバー・グナティレケなどは、公式に対峙することなく、ソウルベリー委員会にロビー活動を行った。非公式の提出物には、後に1944年の憲法草案となるものが含まれていました。[40]

DSセナナヤケ政府と戦時中の英国政府との緊密な協力は、ルイス・マウントバッテン卿の支援につながりました。彼の派遣とセイロンの独立を支援する植民地省への電報は、スリランカの独立を確保するためにセナナヤケ政府を助けたと歴史家によって引用されています。英国との巧妙な協力と、オリバー・グーナティレケが管理する供給ポイントとしての戦争市場のニーズをセイロネーゼ市場に転用することも、新独立政府にとって非常に有利な財政状況につながった。

第二次世界大戦 

スリランカ第二次世界大戦中の日本軍に対する最前線のイギリス軍基地でした。マルクス主義組織とLSSP独立派グループの指導者が主導した戦争に対するスリランカの反対は植民地当局によって逮捕された。1942年4月5日、インド洋の襲撃日本海軍の爆弾コロンボが見られました。日本の攻撃は、コロンボの商業部門で支配的なインドの商人の逃亡につながり、セナナヤケ政府が直面している主要な政治的問題を取り除きました。[40]マルクス主義の指導者たちはまた、インドに逃げ込み、そこでの独立闘争に参加した。セイロンでの動きはごくわずかで、主に都会の中心部で、英語教育を受けたインテリシアと労働組合に限定されていました。これらのグループは、フィリップの兄弟であるロバート・グナワルデナによって率いられました。この「英雄的」であるが効果のない戦争へのアプローチとはまったく対照的に、セナナヤケ政府は、指揮を執るエリートとの関係をさらに深めるために利用しました。セイロンは、ルイス・マウントバッテン卿と共に、戦争で大英帝国にとって決定的に重要になりました。 コロンボイースタンシアターの本部として使用します。オリバー・グーナティレカは、国のゴムやその他の農産物の市場をうまく利用して、国庫を補充しました。それにもかかわらず、シンハラ人は独立を推進し続け、シンハラ人の主権は、戦争によって提供された機会を利用して、英国との特別な関係を確立することを推進しました。

一方、マルクス主義者たちは、戦争を帝国主義サイドショーとして特定し、プロレタリア革命を望んでおり、彼らの無視できる戦闘力に不釣り合いな動揺の道を選び、セナナヤケや他のシンハラ民族の指導者の「立憲主義」アプローチに正反対でした。セイロネーゼが駐屯するココス諸島の小さな駐屯地は、イギリスの支配に反抗した。LSSPが行動に関与したと主張されていますが、これは明確にはほど遠いです。参加者のうち3人は、第二次世界大戦中に反乱のために撃たれた唯一のイギリス植民地の被験者でした。[44] 与党の2人のメンバー、ジュニウス・リチャード・ジャヤワルデンダッドリー・セナナヤケ、イギリスとの戦いで協力するために日本人との話し合いを行った。シンガポールマレーシアのスリランカ人は、反英インド国民軍の「ランカ連隊」を結成しました。

DSセナナヤケ率いる立憲主義者たちは独立を勝ち取ることに成功した。ソウルベリー憲法は本質的に、1944年にセナナヤケの大臣会が起草したものでした。ドミニオンの地位と独立の約束自体は植民地省によって与えられました。

独立 

シンハラ人の指導者ドン・スティーブン・セナナヤケは、彼の本当の理由はもっと微妙でしたが、「自由の達成」という改訂された目的に反対して、独立の問題でCNCを去りました。[45]その後、彼は1946年に統一国民党(UNP)を結成した[46]。ソウルベリー委員会のカーテンの後ろでのロビー活動に基づいて、新しい憲法が合意されたとき。1947年の選挙で、UNPは議会の少数議席を獲得しましたが、ソロモンバンダラナイケのシンハラマハサブハ党およびGGポンナンバラムのタミル議会との連立をまとめました。タミル人のコミュナリストのリーダーであるポンナンバランと彼のシンハラ人のカウンターパートであるバンダラナイケの成功した包含は、セナナヤケによる注目に値する政治的バランスをとる行為でした。ポンナンバランの穏健派への移行によって引き起こされたタミル民族主義政治の空白は、キリスト教大臣の弁護士の息子であるSJVチェルバナイカムが率いるタミル主権党であるタミルアラスカチ(「連邦党」)の分野を開いた。

 

スリランカ(1948年–現在) 

ドミニオン 

自治領の地位は1948年2月4日にイギリスとの軍事条約で続きました。軍の上位階級は当初イギリスであり、イギリスの空軍基地と海軍基地は無傷のままでした。これは後に独立するために提起され、セナナヤケはスリランカの最初の首相になりました。1949年、セイロンタミル人の指導者の同意を得て、UNP政府はインドのタミル人プランテーション労働者の権利を剥奪しました。[40] [47]これは、「インドのタミル人」を含めることはカンディアンの指導者にとって選挙での敗北を意味するであろう茶園の人口統計に脅かされていると感じたカンディアンシンハラ人の支持を得るためにセナナヤケが支払わなければならなかった代償でした。セナナイケは馬から落ちた後1952年に亡くなり、息子のダッドリーセナナヤケ(当時の農業大臣)に引き継がれました。1953年に彼はUNPに対する左派政党による大規模なハルタル(「ゼネスト」)に続いて辞任した。彼の後には、上級政治家でダドリー・セナナイケの叔父であるジョン・コタラワラが続いた。コテラワラには、DSセナナヤケのような大きな個人的な名声や巧妙な政治的洞察力はありませんでした。[48]彼は、DSセナナヤケが巧みに後回しにしていた国語の問題を前面に押し出し、シンハラ語タミル語の公用語としての地位に関して相反する政策を述べ、タミル人とシンハラ人に敵対した。彼はまた、バンダラナイケの支持者である政治的に活動的な僧侶を攻撃することによって仏教のロビーに敵対した。

1956年に上院は廃止され、シンハラ語公用語として、タミル語第二言語として設立されました。ロンドンの枢密院司法委員会への控訴は廃止され、プランテーションは、マルクス主義プログラムの選挙公約を履行し、「所有会社による継続的な投資撤退を防ぐ」ために国有化されました。

1956年、シンハラ人のみの法律制定されました。これにより、シンハラ語は商業と教育における最初の好ましい言語として確立されました。この法律は直ちに発効した。その結果、多くの人々が、当然のことながら差別されていると感じたため、国を離れて海外に住むことになりました。

1958年、シンハラ人とタミル人の間の最初の大暴動が、政府の言語政策の直接の結果としてコロンボで勃発しました。

1971年の蜂起
このセクションは長すぎて、読みやすく、快適にナビゲートできない場合があります。コンテンツをサブ記事に分割するか、要約するか、小見出しを追加することを検討してください。この問題については、記事のトークページで説明してください。(2013年3月)

左翼のシンハラ人ジャナタ・ヴィムクティ・ペラムナは、1971年4月にバンダラナヤケ政府に対する反乱を開始したとき、世界的な注目を集めました。治安部隊に敗れた。権力を掌握しようとする彼らの試みは、政府に大きな危機を引き起こし、国の安全保障の必要性の根本的な再評価を余儀なくされました。

この運動は、1960年代後半に、ハンバントタ地区のタンガラ港の実業家の息子であるロハナウィジェウィーラによって開始されました。優秀な学生であるWijeweeraは、経済的な理由で研究を断念せざるを得ませんでした。セイロン共産党のメンバーである父親の友人を通じて、ウィジェウィーラはソビエト連邦での奨学金の申請に成功し、1960年に17歳で、パトリス・ルムンバ大学で医学を学ぶためにモスクワに行きました。

モスクワにいる間、彼はマルクス主義イデオロギーを研究しましたが、毛沢東主義の革命理論に対する彼の公然と表明された同情のために、彼は1964年の短い帰国後にソビエト連邦に戻るためのビザを拒否されました。セイロン共産党親北支部であるが、彼はますます党の指導者と対立し、革命的な目的の欠如に焦りを感じていた。若者グループとの協力における彼の成功と演説者としての彼の人気により、1967年に彼は彼自身の運動を組織しました。当初は単に新左翼として識別され、このグループは地方からの学生と失業者の若者を引き付けました。 -から25歳のグループ。これらの新入社員の多くは、いわゆる「下層」と呼ばれる少数派のメンバーでした。彼らの経済的利益が国の左派連立によって無視されたと感じたカースト(カラバとデュラバ)。教化の標準的なプログラム、いわゆる5つの講義には、インドの帝国主義、増大する経済危機、島の共産主義者社会主義者の失敗、そして突然の暴力的な権力の掌握の必要性についての議論が含まれていました。

1967年から1970年の間に、グループは急速に拡大し、多くの主要な大学のキャンパスで学生社会主義運動の支配権を獲得し、軍隊内の新兵と共感者を獲得しました。これらの後者の支持者の一部は、実際に、反乱の最初の成功に重要な警察署、空港、および軍事施設のスケッチを提供しました。新しいメンバーを組織にもっと緊密に引き込み、来たるべき対立に備えるために、Wijeweeraは南海岸と南西海岸に沿ったいくつかの遠隔地に「教育キャンプ」を開設しました。これらのキャンプは、マルクス・レーニン主義と基本的な軍事スキルの訓練を提供しました。

秘密の独房と地域司令部を開発する一方で、ウィジェウィーラのグループも1970年の選挙でより公的な役割を果たし始めました。彼の幹部は、シリマヴォRDバンダラナイケの統一戦線を公然とキャンペーンしましたが、同時に暴力的な反乱を約束するポスターやパンフレットを配布しました。バンダラナイケがプロレタリアの利益に対処しなかった場合。この期間に発行されたマニフェストでは、グループは初めてJanatha VimukthiPeramunaという名前を使用しました。これらの出版物の破壊的な口調のために、統一国民党政府は選挙中にウィジェウィーラを拘留しましたが、勝利したバンダラナイケは​​1970年7月に彼の釈放を命じました。多種多様な非正統的な左派グループにわたって、JVPは、反乱に対する公のキャンペーンと私的な準備の両方を強化しました。彼らのグループは比較的少なかったが、メンバーは島中の治安部隊に対する選択的な誘拐と突然の同時ストライキによって政府を動けなくすることを望んでいた。必要な武器のいくつかは、メンバーから提供された資金で購入されていました。しかし、ほとんどの場合、彼らは武器を確保するために警察署や軍のキャンプに対する襲撃に依存し、彼らは独自の爆弾を製造しました。必要な武器のいくつかは、メンバーから提供された資金で購入されていました。しかし、ほとんどの場合、彼らは武器を確保するために警察署や軍のキャンプに対する襲撃に依存し、彼らは独自の爆弾を製造しました。必要な武器のいくつかは、メンバーから提供された資金で購入されていました。しかし、ほとんどの場合、彼らは武器を確保するために警察署や軍のキャンプに対する襲撃に依存し、彼らは独自の爆弾を製造しました。

いくつかのJVP爆弾工場の発見は、政府にグループの公の脅威が真剣に受け止められるべきであるという最初の証拠を与えました。1971年3月、これらの工場の1つで偶発的な爆発が発生した後、警察はケガラ地区のネルンデニヤの小屋で58発の爆弾を発見しました。その後まもなく、Wijeweeraは逮捕され、ジャフナ刑務所に送られ、そこで彼は反乱の間ずっと留まりました。彼の逮捕と警察の捜査の圧力の高まりに応えて、他のJVP指導者は直ちに行動することを決定し、4月5日の午後11時に蜂起を開始することに合意した。

全国的な暴動の計画は急いでおり、調整が不十分でした。一部の地区指導者は、蜂起の朝まで知らされていませんでした。1回の時期尚早の攻撃の後、島中の治安部隊は警戒態勢に置かれ、多くのJVP指導者は、部下に状況の変化を知らせることを気にせずに隠れました。この混乱にもかかわらず、ショットガン、爆弾、火炎瓶で武装した反乱グループは、島の周りの74の警察署に対して同時に攻撃を開始し、主要な都市部への電力を遮断しました。攻撃は南部で最も成功しました。4月10日までに、反政府勢力はマタラ地区とゴール地区のアンバランゴダ市を支配し、南部州の残りの地域を占領することに近づいた。

新政府は、それに直面した危機に対する準備が整っていませんでした。攻撃が差し迫っているとの警告があったものの、バンダラナイケは​​蜂起の規模に気をとられ、基本的なセキュリティ機能を提供するようインドに呼びかけることを余儀なくされました。インドのフリゲート艦が海岸をパトロールし、インド軍がカトゥナーヤカのバンダラナイケ国際空港を警備し、インド空軍のヘリコプターが反撃を支援した。スリランカの全志願軍は、第二次世界大戦以来戦闘経験がなく、対反乱作戦の訓練も受けていませんでした。警察は支援なしで一部の地域を守ることができたが、多くの場所で政府は地上部隊の立場で3つのサービスすべてから人員を配置した。

2週間の戦闘の後、政府はいくつかの遠隔地を除くすべての遠隔地の支配権を取り戻しました。人間的にも政治的にも、勝利の代償は高かった。推定10,000人の反乱軍(その多くは10代)が紛争で死亡し、軍は過度の力を行使したと広く認識されていた。疎外された人々を打ち負かし、長引く紛争を防ぐために、バンダラナイケは​​1971年5月と6月に恩赦を提供し、実際にはトップリーダーだけが投獄されました。蜂起の時点ですでに拘留されていたWijeweeraは、20年の刑を言い渡され、JVPは禁止された。

蜂起に続く6年間の緊急ルールの下で、JVPは休眠状態のままでした。しかし、1977年の選挙で統一国民党が勝利した後、新政府は政治的寛容の期間をもってその権限を拡大しようとしました。Wijeweeraは解放され、禁止が解除され、JVPは法的な政治競争の場に入りました。1982年の大統領選挙の候補者として、Wijeweeraは25万票以上で4位に終わった(Jayewardeneの320万票と比較して)。この期間中、そして特に北部でのタミル紛争がより激しくなるにつれて、JVPのイデオロギーと目標に著しい変化がありました。当初はマルクス主義者であり、タミル人とシンハラ人の両方のコミュニティの抑圧された人々を代表していると主張し、このグループは、タミル人の反乱との妥協に反対するシンハラ民族主義組織としてますます浮上した。この新しい方向性は、1983年7月の反タミル暴動で明らかになりました。暴力を扇動する役割のために、JVPは再び禁止され、そのリーダーシップは地下に潜りました。

グループの活動は、インド・スリランカ協定をきっかけに、1987年後半に激化した。インド軍の存在とともに北部でのタミル自治の見通しは、シンハラ民族主義の波と反政府暴力の突然の成長を引き起こした。1987年に、JVPの分派である新しいグループ、愛国解放機構(Deshapremi Janatha Viyaparaya—DJV)が出現しました。DJVは、大統領と首相に対する1987年8月の暗殺未遂の責任を主張した。さらに、グループは与党に対する脅迫キャンペーンを開始し、7月から11月の間に70人以上の国会議員を殺害した。

グループの新たな暴力とともに、軍隊の侵入に対する新たな恐怖が生じた。1987年5月のパレケル軍キャンプの襲撃が成功した後、政府は調査を実施し、JVPと関係があると疑われる37人の兵士を解雇した。1971年の蜂起の繰り返しを防ぐために、政府は1988年初頭にJVPの禁止を解除し、グループが再び政治の場に参加することを許可することを検討しました。しかし、Wijeweeraがまだ地下にあるため、当時JVPには明確なリーダーシップがなく、政府に対して軍事的または政治的な協調攻撃を仕掛ける結束があるかどうかは不明でした。

共和国 

スリランカ民主社会主義共和国は1972年5月22日に設立されました。1977年までに、有権者はバンダラナイケの社会主義政策にうんざりし、選挙は市場経済と「8の自由な配給」を誓約するマニフェストで、ジュニウス・ジェイワルデンの下でUNPを政権に戻しました。シリアルの予見者(キログラム)」。SLFPと左派政党は、国民投票の40%を獲得したものの、議会で事実上全滅し、AppapillaiAmirthalingamが率いるタミル統一解放戦線を公式野党として残しました。これはスリランカの政治に危険な民族的分裂を生み出した。 

権力を握った後、ジェイエワルデンは憲法の書き直しを指示した。作成された文書である1978年の新憲法は、スリランカの統治の性質を劇的に変えました。それは、以前のウェストミンスタースタイルの議会政府を、強力な最高経営責任者を備えたフランスをモデルにした新しい大統領制に置き換えました。大統領は6年間の直接選挙によって選出され、議会の承認を得て首相を任命し、内閣会議を主宰する権限を与えられた。Jayewardeneは新憲法の下で初代大統領になり、政府機構と政党の直接の支配権を握った。

新しい政権は、SLFPにとってうまく機能しなかった時代の到来を告げました。JayewardeneのUNP政府は、1970年から1977年まで在任中にバンダラナイケ前首相が権力を乱用したとして非難した。1980年10月、バンダラナイケの政治に従事する特権は7年間削除され、SLFPは新しいリーダーを探すことを余儀なくされた。長く分裂した戦いの後、パーティーは彼女の息子、アヌラを選びました。アヌラ・バンダラナイケは​​すぐに父親の遺産の番人の役割に突入しましたが、彼は派閥主義によって引き裂かれた政党を継承し、議会で最小限の役割になりました。

1978年の憲法には、タミル人の感受性に対する実質的な譲歩が含まれていました。TULFは憲法の枠組みに参加しなかったが、タミル問題の解決を交渉することを期待して議会に留まり続けた。TULFはまた、島の民族問題を解決するための全党会議のジェイエワルデンの提案に同意した。JayewardeneのUNPは、平和を確保するために他の譲歩を申し出た。シンハラ語スリランカ全土で公用語と行政言語のままでしたが、タミル語には新しい「国語」のステータスが与えられました。タミル語は、多くの行政上および教育上の状況で使用されることになっていました。Jayewardeneはまた、ユナイテッドフロント政府の「標準化」政策を廃止することにより、タミル人の大きな不満を解消しました。タミル人の大学入学基準をより困難にしていた。さらに、彼は法務大臣を含む多くのトップレベルの役職をタミルの公務員に提供しました。

TULFがUNPと協力して全党会議を要求した一方で、タミルの虎はテロ攻撃をエスカレートさせ、それがタミル人に対するシンハラ人の反発を引き起こし、一般的に成功した宿泊施設を妨げた。ジャフナ警察の検査官の暗殺に反応して、ジェイエワルデン政府は緊急事態を宣言し、テロの脅威を根絶するために非現実的な6か月を与えられた軍隊を派遣した。

政府は1979年にテロ防止法(暫定規定)を可決した。この法は一時的な措置として制定されたが、後に恒久的な法律となった。国際法家委員会、アムネスティインターナショナル、およびその他の人権団体は、この行為が民主主義の伝統と両立しないものであると非難しました。その行為にもかかわらず、テロ行為の数は増加しました。ゲリラは、郵便局や警察の前哨基地など、象徴的な価値の高い目標を達成し始め、政府の反撃を引き起こしました。ますます多くの民間人が戦闘に巻き込まれるにつれて、ゲリラが呼ばれ始めたので、タミル人の支持は「男の子」のために広がりました。他の大規模で武装したグループがLTTEと競争し始めた。よく知られているのは、タミル・イーラム人民解放機構、タミル・イーラム解放軍、タミル・イーラム解放機構。これらの各グループの力は、数千とまではいかなくても数百で測定されました。政府は、テロリストの多くがインドのタミルナードゥ州の訓練キャンプで活動していると主張した。インド政府はこの主張を繰り返し否定した。暴力のレベルが高まるにつれ、交渉の可能性はますます遠くなりました。

内部抗争

1983年7月、タミル人の正確な住所を含む有権者リストを使用して、タミル人の虎が13人のスリランカ軍兵士を待ち伏せして殺害したために共同暴動が発生した。タミル人コミュニティは、店、家、野蛮な殴打、ジャフナ図書館の焼却など、シンハラ人の暴動からの反発に直面しました。[49]数人のシンハラ人は、暴動から彼らを守るためにタミル人の隣人を彼らの家に留めていた。これらの暴動の間、政府は暴徒を制御するために何もしなかった。保守的な政府の推定では、死者数は400人であり[50]、実際の死者数は約3000人であると考えられています。[51] また、約18,000戸のタミル人の家とさらに5,000戸の家屋が破壊され、15万戸が国を離れ、カナダ、英国、オーストラリア、その他の西側諸国でタミル人ディアスポラが発生しました。

2005年11月17日に行われた選挙では、マヒンダ・ラージャパクセラニル・ウィクラマシンハをわずか18万票で破った後、大統領に選出されました。彼はウィクレマナヤケを首相に任命し、マンガラ・サマラウィーラを外相に任命した。LTTEとの交渉は行き詰まり、低強度の紛争が始まった。暴力は2月の協議の後で落ちたが、4月に再び激化し、紛争は2009年5月のLTTEの軍事的敗北まで続いた。

スリランカ政府は2009年5月18日に完全勝利を宣言した。2009年5月19日、サラス・フォンセカ将軍が率いるスリランカ軍は、LTTEに対する26年間の作戦を事実上終了し、その軍隊は北部に残っているすべてのLTTE支配地域を奪還した。 Killinochchi(1月2日)、Elephant Pass(1月9日)、そして最終的にはMullaitivuの地区全体を含む州。

2009年5月22日に、スリランカの国防長官ゴタブハヤ・ラジャパクサはスリランカ軍の6261人の担当者が命を失ったと29551が中に負傷したことを確認したイーラム戦争IV准将2006年7月以来ユーダヤ・ナナヤックカーラは約22,000 LTTEの戦闘機が中に死亡していたことを追加しました今回。戦争は80000-100000の民間人の死を引き起こしました。[52]戦争犯罪、スリランカ内戦中、特にEelam War IVの最後の数か月間に、スリランカ軍タミル・イーラムの反政府勢力解放の虎(Tamil Tigers)によって犯されたという主張がある。  主張されている戦争犯罪には、双方による民間人および民間の建物への攻撃が含まれます。双方による戦闘員と囚人の処刑。彼らに支援されたスリランカ軍および準軍組織による強制失踪。戦争地帯に閉じ込められた民間人のための食糧、医薬品、きれいな水の深刻な不足。タミルの虎による子供の募集。[53] [54]

UNROW Human Rights Impact Litigation ClinicHuman Rights WatchPermanent People's Tribunalを含むいくつかの国際機関は、タミル人に対する虐殺についてスリランカ政府に申し立てを行っています。2013年12月10日、常設人民法廷は、タミル人に対する大量虐殺の罪でスリランカを全会一致で裁定しました。[55] [56] [57] [58] [59] [60] [61]

紛争後の期間 

大統領選挙は2010年1月に完了しました。マヒンダ・ラージャパクサが59%の票で選挙に勝利し、野党候補であったサラス・フォンセカ将軍を破りました。その後、フォンセカは軍法会議によって逮捕され、有罪判決を受けました。

1月には2015年の大統領選挙マヒンダ・ラージャパクサが共通の候補に敗れたマイトリーパーラ・シリセーナとラージャパクサの未遂リターンがで妨害された同じ年の議会選挙ラニル・ウィクラマシンハ[62] [63]これはUNPとSLFP間の統一政府になった[64 ]

2019年11月、大統領選挙で元戦時防衛長官のGotabayaRajapaksaが新大統領に選出されました。彼はSLPP、シンハラ仏教ナショナリスト党の候補者であり、マヒンダ・ラージャパクサ前大統領の兄弟でした。[65] 2020 年8月の議会選挙で、ラジャパクサ兄弟が率いる党は圧勝した。現在の大統領と元スリランカ大統領の兄弟であるマヒンダ・ラージャパクサが新首相に就任した。[66]

イースターサンデーアタック 

2019年4月21日、イースターの日曜日、スリランカの3つの教会と、商業の中心地であるコロンボの3つの高級ホテルが、一連の協調的なイスラムテロリストの自爆テロの標的にされました。合計267人が死亡し[67] [68]、少なくとも45人の外国人、[69] 3人の警官、8人の爆撃機が含まれ、少なくとも500人が負傷した。[70] [71] [72] [73] [74]攻撃に参加した8人の自爆テロ犯はすべて、地元の過激派イスラム主義者であるNational ThowheethJama'athに関連するスリランカ市民であった。 以前は仏教徒スーフィー教徒に対する攻撃で知られていた、外国との関係が疑われるグループ。[75] [76]

 

も参照してください 

参考文献 

 

キリスト教神学のさまざまな作品は、天使の存在の階層を考案しました。

キリスト教の天使論   

ウィキペディアから、無料の百科事典

この記事は、検証のために追加の引用が必要です。信頼できる情報源に引用を追加して、この記事の改善にご協力ください。ソースのない資料は異議を申し立てられ、削除される可能性があります。ソースを見つける:「キリスト教の天使学」–ニュース・新聞・本・学者・JSTOR(2021年3月)(このテンプレートメッセージを削除する方法とタイミングを学ぶ)
天使の9つの注文の 東のアイコン

では、キリスト教天使たちは、に基づいて、神の薬剤であるユダヤ教で天使[1]キリスト教神学のさまざまな作品は、天使の存在の階層を考案しました。最も影響力のある天使の一覧は、周りの前方にそのプットによって6世紀ADの番だった擬似アレオパゴスのディオニシオ彼の作品におけるデCoelesti Hierarchia天の階層に)。彼は新約聖書の大部分を書いた使徒パウロによって回心した重要な人物であると主張し、エラスムスまで彼の作品は彼が実際の名前を使用した場合よりも大きな影響力を享受しました 16世紀初頭の作品の時代についての疑念を公表しました。[2]

天使はいくつかの順序、または「天使の聖歌隊」に編成されています。[3] [4]

聖徒交わりの神学的教義で言及されているように、楽園には、天使や人間の魂の間にいかなる種類の違いもなく、真理と顔の熟考の共通のユニークなビジョンがあります。スンマ神学はの力について、創造の点で異なる度合いが存在すると述べている執り成し神へと人間の生活の中で直接委託の。  

 

最初の球 

最初の球の天使たちは、息子が転生神の天の使用人としての役割を果たす。最初の天使の球体は神を直接見て崇拝し、人間の生活に近い天使に神の意志を伝えます。[5]

セラフィム 

文字通り翻訳されたセラフィム(単数の「セラフ」)は「燃えるもの」です。セラフィムは、神の前にいるとき、6つの翼、人間の手、または声を持つ雄大な存在です。[6]セラフィムは最高の天使の階級であり、彼らは神の玉座の世話人として働き、「聖なる、聖なる、聖なるのは全能の主である。地球全体が彼の栄光に満ちています。」[7]

ケルビム 

エゼキエルによって記述され、伝統的なキリスト教図像によると、ケルビム 

ケルビムには4つの顔があり、1つは男性ライオン、そしてワシです(後に4人の伝道者のシンボルとして採用されました)。彼らは目で覆われた4つの結合した翼(黙示録4:8セラフィムのような6つの翼でそれらを説明しているように見えますが)、ライオンの体、そしての足を持っています。ケルビムはエデンの園[8]の生命の木と神の御座への道を守っています。[9]

ケルビムは創世記、出エジプト記、歴代誌2冊、エゼキエル書、列王記1冊に記載されています。[8] [10] [11]

セントトーマスアクィナスは、サタンを堕落したケルビムとして想像しました。[12]

玉座 

玉座」(ラテン語では「座席」(セデス)または長老と呼ばれます)は、コロサイの信徒への使徒パウロによって言及された天体の一種です。[13]玉座は、創造主が座り、その判断を下す天使です。 。[14]   

 

セカンドスフィア 

聖ミカエルとすべての天使の教会、サマートンの 西の窓。それは中央に9人の天使の姿を持った王キリストを描いており、それぞれがより高い列を表しています:ドミニオンケルビムセラフィム、そして天使; 下の行:公国王位大天使美徳、および権力

第二の球の天使は、物質を主題とし、霊を導き、支配することによって、創造物の天の知事として働きます。

支配または主権 

「Dominations」[15](LAT。dominatio、複数dominationesギリシャ用語から翻訳、kyriotētesPL。kyriotēs、「Lordships」)又は「支配権」が一部で天の生き物「Lordships」の階層として提示されていますDe CoelestiHierarchiaの英訳。支配は下の天使の義務を規制します。天使の領主が自分自身を人間に物理的に知らせるのは非常にまれなことです。

美徳 

美徳は、要素の制御で知られています。それらを「輝くもの」と呼ぶ人さえいます。動きの精神であることに加えて、彼らはまた自然を支配するのを助けます。彼らはまた奇跡を助けます。彼らはまた、人間が神への信仰を強めることを奨励する彼らの仕事で知られています。 [14]

権限または当局 

パワーズ」(LATpotestas(f)は、PL。potestatesは、彼らは天使が害をやってからそれらを保つために抑制することができます悪の力、支配する力を持っている天使があるので)自分の名前を与えられています。[14]

 

サードスフィア 

公国または統治者 

「公国」(ラテン語principatus)、ギリシャ語のarchaiplから「Princedoms」および「Rulers」としても翻訳されています。ARCHEギリシャルート参照エペソ3:10)、天使がされるように、教会などのガイドと保護国、あるいは人々のグループ、および機関は。公国は天使のバンドを主宰し、神のミニストリーを遂行することで彼らを起訴します。管理する人もいれば、支援する人もいます。[14]

公国は王冠を身に着け、王笏を持って示されています。彼らの義務はまた、上球の天使たちによって彼らに与えられた命令を実行し、物質界に祝福を遺贈することであると言われています。彼らの仕事は人々のグループを監督することです。彼らは地球の領域の教育者と保護者です。生殖のアイデア世界に関係する存在のように、彼らは芸術科学などの多くのものに生物を刺激すると言われています。[16] [検証に失敗しました]

ポールは、用語の使用規則権限を、エペソ人への手紙1時21分に[17]支配者当局エペソ人への手紙3時10分インチ [18]

大天使 

グイド・レーニの大天使ミカエル(ローマのサンタマリアデッラコンセツィオーネのカプチン教会、1636年)はサタンを踏みにじります。

単語「大天使」はギリシャ語から来てἀρχάνγελοςアーキ)、つまり「チーフ天使、ヘブライ語の翻訳רַב-מַלְאָךRAV-mal'ákh[19]これは、ギリシャ語から派生archein最初であることを意味し、ランクまたはパワーで; そして、「メッセンジャー」または「使節」を意味するアンジェロス。この言葉は新約聖書では二度しか使われていません:1テサロニケ4:16ユダ1:9新約聖書では、マイケルガブリエルだけが名前で言及されています。[要出典]

ほとんどのキリスト教の伝統では、ガブリエルも大天使と見なされていますが、この仮定を直接文学的に支持するものはありません。また、大天使という用語は単数形でのみ表示され、複数形ではなく、マイケルへの特定の参照でのみ表示されることにも注意してください。[20] [21]

大天使ラファエルの名前はトビト記(トビアス)にのみ登場します。トビトが考慮される第二正典(東洋と西洋の儀式の両方)、東方正教会キリスト教徒、そしてアングリカンカトリック教徒で。しかし、トビト記は、改革派のキリスト教徒やバプテスト派など、ほとんどのプロテスタント宗派によって認められていません。ラファエルはトビアスに「主の前に立つ7人のうちの1人」であり、マイケルとガブリエルは他の6人のうちの2人であると一般に信じられていると言いました。[要出典]

4番目の大天使はウリエルで、その名前は文字通り「神の光」を意味します。ウリエルの名前は、西方キリスト教の聖書に記載されていない唯一の名前ですが、英国国教会ロシア正教会キリスト教徒が読む黙示録で重要な役割を果たしています:第2のエズラ記ラテンウルガタの第4のエズラ記)。この本の中で、彼は預言者エズラに七つ火を明かし、その後本の名前が付けられました。彼はまた、エチオピア正教会エリトリア正教会、およびエチオピアカトリックによって正教会と見なされている外典のエノク書でも役割を果たしています。   教会。カトリック教会は、一般的に天使としてウリエルを考えていない[22]エノクの書は、ほとんどのカトリック教徒で使用されるカトリックの聖書の一部ではないと同じように、[23]のいずれか。

七大天使の別の可能な解釈は、これらの7つが王位がで述べたスタンドの前にいることを、神の七つの霊であるということですエノクの書、とに黙示録[24]

七大天使は、国と国の守護天使であると言われている、と政治、軍事的事項、商業、貿易など、これらを取り巻く問題やイベント、と懸念している:例えば大天使ミカエルは、伝統的に「イスラエルの保護者と見られているとecclesiaGrと。ルートekklesiaから新約聖書神学と同一視通路)、教会、精神的なの前身新イスラエル[要出典]

追加の天使、メタトロンを経由してキリスト教の伝統を入力し、キリスト教のカバラは、で説明されてバビロニアタルムード天国としてスクライブとにゾハル天使の王として。エノクの外典の本(特に3エノク)は、メタトロンが以前は聖書のエノクであり、天国昇天すると大天使に変身し、メタトロンという名前が付けられたと述べています。その後、彼は大天使の首長の地位を授けられ、創造の秘密を語った。[要出典]

エンゼルス 

エスを慰める天使、カール・ハインリッヒ・ブロッホ著、1865年-1879年

"天使"やmalakhimヘブル:。מַלְאָכִים)、すなわち"プレーン"天使(Grの:。ἄγγελοι、PLの。Grの:。ἄγγελος、アンゲロス、すなわちメッセンジャーや特使)は、天体の人間の最低次であり、最も認識されています。彼らは男性の事柄に最も関心を持っている人たちです。天使の範疇には、さまざまな機能を持つさまざまな種類があります。天使たちはメッセンジャーとして人類に送られます。個人の守護天使はこのクラスから来ています。[要出典]

個人の守護天使 

個人の守護天使は別の順序ではなく、天使の順序から来ています。クリスチャンであろうとなかろうと、すべての人間に割り当てられているというのはクリスチャンの間の共通の信念です。[25]

 

中世の神学の聖歌隊 

このセクションでは、出典を引用していません。信頼できる情報源に引用を追加して、このセクションの改善にご協力ください。調達されていない資料は、異議を申し立てられ、削除される場合があります。(2021年3月)(このテンプレートメッセージを削除する方法とタイミングを学ぶ)
旋回天使の聖歌隊、神の住まいから、ダンテさんパラディソによって示され、ギュスターヴ・ドレ
 

合唱団からの個々の天使と悪魔 

  • セラフィムジョンミルトンのパラダイスでは、ロストサタンと大天使はこの聖歌隊に属しています(「大天使」はここでは「最も強力な天使」の意味を持ち、2番目に低い聖歌隊のメンバーではありません)。ベルゼブブはまた、魔術の連祷のセラフィムの王子として扱われます。[26]
  • ケルビム:失楽園、ベルゼブブとアザゼル彼らの秋の前に、ケルビムました。聖トマス・アクィナスにおける神学大全はサタンがないセラフィムに、この合唱団に属していることを述べています。
  • Thrones: Paradise Lostは、悪魔のAdramelecとAsmodaiを引用しています。一部の情報源は、アスタロトについても言及しています。[26] [27]
  • 美徳:魔術の連祷はベリアルに言及します。[26]
 

も参照してください 

参考文献 

参考文献 

参考文献 

 

この情報は災害に結び付くような危険な状態であっても必ずしも発令されるわけではないが、発令された時点で災害が切迫または現に発生しており、避難中の住民に対しては安全な施設への緊急的な避難を促したり、避難が困難な住民に対しては屋内のより安全な部屋などへ避難(上階への垂直避難や崖側から離れるなど)させることを目的としている。

緊急安全確保   

出典: フリー百科事典『ウィキペディアWikipedia)』

緊急安全確保(きんきゅうあんぜんかくほ)は、住民の生命に被害が発生する災害が切迫または現に起こったことを覚知した場合、住民に対して直ちに自らの命を守る最善の行動をとることを知らせる情報として、通常は市区町村長の判断で発令される。

 

概要 

従来、地方公共団体市区町村)が出す情報は避難指示が最高であったが、それを上回るものとして2019年令和元年)5月29日防災気象情報水害土砂災害)に関する警戒レベル導入時より、警戒レベル5の「災害発生」に相当する情報である「災害発生情報」(さいがいはっせいじょうほう)が新設された。その後、2021年(令和3年)5月20日に改正災害対策基本法が施行され、実際に災害の発生を確認できなくても切迫した状態で発令できるよう、「緊急安全確保」に表現が変更されている[1][2][3][4]

この情報は災害に結び付くような危険な状態であっても必ずしも発令されるわけではないが、発令された時点で災害が切迫または現に発生しており、避難中の住民に対しては安全な施設への緊急的な避難を促したり、避難が困難な住民に対しては屋内のより安全な部屋などへ避難(上階への垂直避難や崖側から離れるなど)させることを目的としている[5]

 

発令された主な事例 

災害発生情報
緊急安全確保
  • 神奈川県平塚市(2021年7月3日):市内を流れる金目川などで浸水被害が発生している恐れがあるとして、午前8時までに流域住民(8万9000世帯、およそ19万9000人)を対象に発令[8][9][10]。なお、この情報は同日午後3時頃に解除されている。けが人等の人的被害は出ていない[11]。改正災害対策基本法施行後、初めての発令となった。
  • 静岡県熱海市(2021年7月3日):午前10時半頃に市内で20人以上が巻き込まれる大規模な土石流が発生[12](「令和3年7月3日の熱海市の土砂災害」を参照)したのち、土砂災害が発生する恐れが極めて高まったとして、午前11時5分に発令[13]、さらに午後3時までに市内全域(2万957世帯、3万5602人)を対象に発令した[12][14]
  • 島根県松江市(2021年7月7日):市内を流れる意宇川が氾濫する恐れがあるとして、午前6時50分に八雲町日吉地区(755世帯、1884人)に発令[15]
  • 鳥取県鳥取市(2021年7月7日):市内を流れる清水川の水があふれたとして、午後1時26分に吉成南町1丁目と2丁目(697世帯、1529人)に発令[16]
  • 広島県三原市(2021年7月8日):市内を流れる天井川の水があふれたとして沼田東地区と明神5丁目、さらに土砂崩れが発生した小泉地区に午前9時40分までに相次いで発令。対象は3478世帯、8264人[17]
  • 鹿児島県(2021年7月10日):大雨特別警報が発令されたとして、同日未明から朝にかけてさつま町内全域(1万481世帯、2万1165人)[18]伊佐市内全域(1万3123世帯、2万4696人)[19]薩摩川内市内の離島を除く全域(4万3549世帯、8万9098人)[20]出水市内全域(2万5299世帯、5万2547人)[21]湧水町内全域(4721世帯、8913人)[22]に発令[23]
  • 熊本県人吉市(2021年7月10日):大雨特別警報が発令されたとして、午前6時15分に市内全域(1万5308世帯、3万1223人)に発令[24]
  • 宮崎県えびの市(2021年7月10日):大雨特別警報が発令されたとして、午前8時6分に市内全域(8304世帯、1万7794人)に発令[25]
 

伝達 

テレビやWebサイト等による伝達の際、ガイドラインではISO 22324等を参考に危険度をカラーレベルで表現することが望ましいとされており[26]、一例として2021年5月時点で緊急安全確保は警戒レベルの配色に合わせて、NHKのテレビ放送やYahoo! JAPANの避難情報のページでは     系統を使用している[27][28]

 

脚注 

[脚注の使い方]
  1. ^ 避難情報改善へ 警戒度最高は「緊急安全確保」 21年から運用 - 毎日新聞 (2020年12月25日) 2020年12月26日閲覧
  2. ^ 「避難勧告」廃止し「避難指示」に一本化 法律改正案可決 成立”. NHKニュース (2021年4月28日). 2021年4月28日時点のオリジナルよりアーカイブ2021年5月7日閲覧。
  3. ^ 新たな避難情報の運用 5月20日から 避難指示に一本化など”. NHKニュース (2021年4月30日). 2021年4月30日時点のオリジナルよりアーカイブ2021年5月7日閲覧。
  4. ^ 災害時の「避難勧告」廃止、「避難指示」に一本化…違い分かりにくく”. 読売新聞オンライン (2021年5月10日). 2021年5月10日閲覧。
  5. ^ 避難勧告等に関するガイドラインの改定 ~警戒レベルの運用等について~ (PDF) - 内閣府(防災担当)2019年3月(2020年7月8日閲覧)
  6. ^ 町田市メール配信サービス”. 2021年7月10日閲覧。
  7. ^ 【警戒レベル5】洪水に関する災害発生情報発令について”. 由布市 (2020年7月8日). 2020年7月8日時点のオリジナルよりアーカイブ2020年7月8日閲覧。
  8. ^ 静岡で住宅流される 太平洋側で記録的大雨、被害広がる - 朝日新聞デジタル (2021年7月3日) 、2021年7月3日閲覧。
  9. ^ 神奈川県平塚市で「緊急安全確保」発令…警戒レベル5、「命の危険が迫っている」 - 読売新聞オンライン (2021年7月3日) 、2021年7月3日閲覧。
  10. ^ 神奈川などで大雨、土砂崩れも 平塚市に「緊急安全確保」初発令 - 毎日新聞 (2021年7月3日) 、2021年7月3日閲覧。
  11. ^ 日本放送協会 (2021年7月3日). “平塚市の緊急安全確保を解除”. NHKニュース. 2021年7月3日時点のオリジナルよりアーカイブ2021年7月3日閲覧。
  12. a b 熱海で土石流、住民20人不明 2人心肺停止 - 日本経済新聞 (2021年7月3日) 、2021年7月3日閲覧。
  13. ^ 被害世帯は100超 熱海市幹部「人的被害増える恐れ」 - 朝日新聞デジタル (2021年7月3日) 、2021年7月5日閲覧。
  14. ^ 日本放送協会 (2021年7月3日). “緊急安全確保 命を守る行動を 静岡 熱海市内全域2万957世帯に”. NHKニュース. 2021年7月3日時点のオリジナルよりアーカイブ2021年7月3日閲覧。
  15. ^ 日本放送協会 (2021年7月7日). “緊急安全確保 命を守る行動を 松江 八雲町日吉地区755世帯に”. NHKニュース. 2021年7月7日時点のオリジナルよりアーカイブ2021年7月7日閲覧。
  16. ^ 日本放送協会 (2021年7月7日). “鳥取市 吉成南町 1529人に緊急安全確保 命を守る行動を”. NHKニュース. 2021年7月7日時点のオリジナルよりアーカイブ2021年7月7日閲覧。
  17. ^ 日本放送協会 (2021年7月8日). “【緊急安全確保】命を守る行動を 広島 三原市3478世帯に”. NHKニュース. 2021年7月8日時点のオリジナルよりアーカイブ2021年7月8日閲覧。
  18. ^ 日本放送協会 (2021年7月10日). “鹿児島 さつま町全域に「緊急安全確保」発表 命を守る行動を”. NHKニュース. 2021年7月10日時点のオリジナルよりアーカイブ2021年7月10日閲覧。
  19. ^ 日本放送協会 (2021年7月10日). “鹿児島 伊佐 市内全域に「緊急安全確保」命が助かる行動を”. NHKニュース. 2021年7月10日時点のオリジナルよりアーカイブ2021年7月10日閲覧。
  20. ^ 日本放送協会 (2021年7月10日). “鹿児島 薩摩川内 離島除く全域に「緊急安全確保」命守る行動を”. NHKニュース. 2021年7月10日時点のオリジナルよりアーカイブ2021年7月10日閲覧。
  21. ^ 日本放送協会 (2021年7月10日). “鹿児島 出水 市内全域に「緊急安全確保」命を守る行動を”. NHKニュース. 2021年7月10日時点のオリジナルよりアーカイブ2021年7月10日閲覧。
  22. ^ 日本放送協会 (2021年7月10日). “