開けて悔しき玉手箱のブログ

浮世の世間で ある日 玉手箱を 開けてしまった........。 気づくと そこは......。

意義

意義 

理論は事象を合理的に説明するための論述で特に学問の領域に決定的な意義を持っている。理論の意義は数多く挙がることが出来ますが、第一には理論は高度に複雑な現実の世界を単化することが可能である点を挙動することができます世界の万象には人間の認知能力を遥かに超過した人的要因と関係性が関わっており、それなりに再現するこれは現実的ではない。それゆえ現実を単なる施術に認める、その役割を理論と思考の道具に担わせることになる。つづり現実を完全に再現することではなく、どんな程度の説得力を保持した上で理解しやすい現実を原理法則などとして単純化しているか、そういうものが理論の本義であると言える。

自然現象の実験や政策提言のための調査などが得られた知識を蓄積する上に有効な思考の枠組を提供することができる。また、理論は研究で均衡の取れた総体的な視野を提供し、さんならに直送感的またんは感覚え的な結論を回避してる論理的な説明を行きうことかが可能であてる。これは研究調査を行う上で大きな指針である。

加えて現在の学術研究のほんとんど全部が何らかの基礎的な理論に基づいているものであり、先進的な研究を理解する上に理論は学問の世界にとってもまた不可欠の存在である。また初心者にも同様の理論がある確立されていれば学習してもポイントを指摘できる。このように理論​​の存在価値は学問にとってなくてはならないことであると言うことができる


三菱財閥
 
 
創業者とされる人物: 岩崎家
標章: スリーダイヤ

三菱財閥(みつびしざいばつ)は、日本三大財閥の1つ。

土佐藩出身の岩崎弥太郎が創立した三菱商会を基盤に、明治政府の保護も得て海運業を独占。1893(明治26)年三菱合資会社を設立。これを持株会社として造船業鉱業鉄道貿易などあらゆる分野に進出。第二次世界大戦後、連合国軍最高司令官総司令部 (GHQ/SCAP) の指令により解体された(財閥解体)。

経歴 

財閥の起源 

三菱財閥は、俗に三井住友とともに三大財閥であるが、三井、住友が三百年以上の史を持つ旧家なのに対して、三菱は明治期の動乱に政商として、巨万の利益を得てその礎を築いたという違いがある。

最初に弥太郎が巨利を得るのは、維新政府が樹立し全国統一貨幣制度に乗り出した時のことで、各藩が発行していた藩札を新政府が買い上げることを事前に察知した弥太郎は、十万両の資金を都合して藩札を大量に買占め、それを新政府に買い取らせて莫大な利益を得る。この情報を流したのは新政府の高官となっていた後藤象二郎であるが、いわば弥太郎は最初から、政商として暗躍した。

弥太郎は明治維新前後の土佐藩の商事部門を実質的に担ったが、明治政府の政策に沿って、土佐藩が商事部門から撤退を余儀なくされるとそれを引き継ぎ、海運業を主業とした[1]土佐藩坂本龍馬近江屋井口新助邸で暗殺されたことで解散した海援隊の後身として、大阪市西区堀江土佐藩蔵屋敷(現在の土佐稲荷神社付近)で始めた九十九商会の監督を弥太郎に1870年に任じた。さらに翌年の廃藩置県後、九十九商会は個人事業となった。弥太郎は県から土佐藩所有の船三隻を買い受け、1873年三菱商会と改称し、海運と商事を中心に事業を展開した。弥太郎は、当時欧米の海運会社が独占していた内外航路から外国汽船会社を駆逐するため明治政府の保護を受けて「郵便汽船三菱会社」と改称し、1875年に日本上海間の定期航路を開き、荷為替金融を開始するなどして激しい運賃競争の末に米国パシフィックメイル(en:Pacific Mail Steamship Company) 汽船会社と英国P&O汽船会社を撤退させることに成功し[2][1]、さらに西南戦争1877年)の際には軍事輸送の主役を務め、さらなる巨万の富を掌中にする。

商会はこの戦争で政府側の軍隊・軍需品の輸送を一手に引き受けたばかりか、戦争終結の残った軍需品の処分までまかされ、一挙に莫大な利益を得ることになった。政府が西南戦争で支払った戦費は4,150万円といわれるが、そのうち1,500万円が三菱の儲けだった。しかし、その裏には後藤象二郎を通じてときの最大の権力者大久保利通大隈重信といった政府要人の後ろ盾があったことは言うまでもない。大隈重信岩崎弥太郎の癒着を糾弾した「大熊退治と海坊主退治」の風刺画は有名である[3]。(ちなみに三井財閥は、長州伊藤博文井上馨品川弥二郎らに肩入れして対抗していた)。

だが、政商として膨張する三菱に対して世論の批判が持ち上がった。そんなさなか弥太郎の後援者だった大久保利通1878年に暗殺され(紀尾井坂の変)、1881年には大隈重信が失脚する(明治十四年の政変)。勢いをえた長州閥と三井はここぞとばかりに三菱バッシングに打って出た。その最大のものが、海運業を独占していた三菱に対して、政府が音頭を取って財界人の渋沢栄一三井八郎右衛門大倉喜八郎政商を結集して設立した半官半民の共同運輸会社だった。三菱と共同運輸との海運業をめぐる戦いは、1883年4月から2年間も続き、運賃が競争開始以前の10分の1にまで引き下げられるというすさまじさだった。

こうしたさなか、幕末、維新の激動のなかを風雲児として駆け抜けた弥太郎が病死する。死後、三菱、共同運輸の共倒れを恐れた政府が調停にたち、両社は合併して日本郵船を発足(1885年9月、資本金1,100万円、うち岩崎家出資金500万円)させて、この死闘に終止符をうった。明治18年に弥太郎が亡くなったあとは、三菱の重鎮として、岩崎一族には、弥太郎の従弟・豊川良平近藤廉平(妻が豊川良平の妹)、弥太郎の姪姉妹を妻とした荘田平五郎各務鎌吉などがいた。この豊川良平、近藤廉平、荘田平五郎のほかに、末延道成を加えた4人が、弥太郎亡きあとの三菱発展に大いに貢献し、“三菱四天王”といわれた。

弥太郎のあとを受けて三菱総帥となったのが弥之助である。弥之助は三菱の事業を「海から陸へ」と方向転換し、それまで副業としていた高島炭鉱吉岡鉱山第百十九国立銀行長崎造船所、地所、千川水道会社などの発展に力をそそぎ、そのための新組織として「三菱社」を創設する[1]。いわばこれが後の財閥形成の基になった。1893年に三菱合資会社を設立して岩崎家の家産と事業とを分離し[1]、この時点で三菱総帥の地位は兄弥太郎の長男・岩崎久弥が継ぎ、さらに大正5年久弥の長男・岩崎小弥太に引き継がれ終戦を迎えることになる。

このように三菱財閥は弥太郎、弥之助の兄弟家系で世襲し、同族で発展したことから、「独裁政治」と言われる。ちなみに三井は「番頭政治」、住友は「法治主義」と言われている。

三菱商会 

1874年、三菱商会は本社を大阪から東京に移し、郵便汽船三菱会社と改名を重ね、主力事業である海運業においては外国勢力や中小の船会社を徹底的に駆逐して独占的な地位を得た。しかし三菱の独占と専横を快く思わない渋沢栄一井上馨品川弥二郎らが三菱に対抗できる海運会社の設立を画策、政府の出資も得、三井などの反三菱勢力も結集して1882年7月に共同運輸会社が設立、翌1883年営業を開始した。三菱はいつも通りの値下げ攻勢で共同運輸も潰そうとしたが、政府の後援のある共同運輸は更なる値下げで対抗。

続く2年間はダンピング競争で海上運賃は大幅に安くなったが両社は完全に消耗し、守勢に回った三菱は路線や人員の削減で倒産寸前となった。さすがに過当競争を見かねた政府が間に入り、1885年に共同運輸との対等合併日本郵船会社が設立された。三菱は中心事業である海運業を一時的に失ったが数年後には人的にも経営の実権を握ることとなった。

1885年の弥太郎死去後、その弟・弥之助が後を継いだ。岩崎弥之助三菱社と改名し1881年に買収した高島炭鉱1884年に借り受けた官営長崎造船所(後の三菱重工業)を中核として、事業の再興を図った。

炭鉱、鉱山事業の拡充、1887年の長崎造船所の払い下げとその後の積極的な造船業の拡充、1885年に第百十九国立銀行の買収による銀行業務への本格展開をし、1887年に東京倉庫(後の三菱倉庫)を設立した。

1893年商法が施行され、三菱社は三菱合資会社へと改組。同時に弥太郎の長男・久弥が三菱合資の三代目社長に就任。総務、銀行、営業、炭坑、鉱山、地所の各部を設置して分権体制を敷き、長崎造船所の拡張と神戸、下関造船所の新設、麒麟麦酒の設立など、事業がいっそう拡大された。

1916年大正5年)に弥之助の長男・小弥太が四代目社長に就任。部長制を廃止し分野別に担当事務理事を置いた。

1917年三菱造船三菱製紙1918年三菱商事三菱鉱業1919年三菱銀行1920年三菱内燃機製造1921年三菱電機と次々に分割化していった。そして、満州事変から第二次世界大戦にかけて軍需の膨張拡大を背景に三菱の事業は飛躍的に拡大した。

スリーダイヤマークの「三菱」の呼び名だが、これは土佐藩山内家家紋の「三ツ柏」と岩崎家の家紋「三階菱」を組み合わせたものであった。戦前の8大財閥(三菱財閥三井財閥住友財閥安田財閥浅野財閥大倉財閥古河財閥川崎財閥)の中では唯一創業者の姓を冠さないものとなったが、これは新政権の明治政府に奉公するという岩崎の気持ちを表したものだったといわれる。

www.wikiwand.com




ロンリのちから

批判的思考は1930年代アメリカ教育学において主張されはじめ、1960年代教育の現代化にともない注目された。1970年代の基礎学力重視理論に一時忘れられるが、1980年代にまた再注目されたもので[2]アメリカの教育学、心理学などの分野で非形式論理学形式論理学とは異なる一般の議論などにおける論理に関する学問)とも関連して形成された(非形式論理学#批判的思考との関係参照)。

日本では1970年代井上尚美東京学芸大学)らが導入しようとした[2]

www.wikiwand.com

中学、高校。そして大学、社会人になっても求められる論理的思考力(クリティカル・シンキング)を養う番組です。1回目は推論の基本となる「三段論法」について学びます。

NHK高校講座 | ロンリのちから


イギリスの作家、ルイス・キャロルの『不思議の国のアリス』のなかから、登場人物たちの交わすナンセンス(非論理的)な会話などを紹介している。
ロンリのちから NHK Eテレにて放送されている論理的思考をテーマとした高校講座。2014年に10話まで放送され、2015年には新シリーズが11話から20話まで放送された。

第9回トラック輸送における取引環境・労働時間改善中央協議会及び第8回トラック運送業の生産性向上協議会を同時開催します ~ガイドライン案について検討を行います~

第9回トラック輸送における取引環境・労働時間改善中央協議会及び第8回トラック運送業の生産性向上協議会を同時開催します
ガイドライン案について検討を行います~

平成30年9月20日

 今回の上記会議では、主に平成28年度から2か年にわたり実施したパイロット事業(※)の成果をまとめたガイドライン案、働き方改革に関する状況等について説明、議論を行う予定です。

(※)トラック運送事業者と荷主がトラック運転者の長時間労働を削減するために、待機時間の削減や荷役作業の効率化などに取り組んだ事業
 (47都道府県において実施)。

 トラック運送事業の長時間労働の抑制等に向けた環境整備を進めるため、国土交通省厚生労働省が共同で設置した「トラック輸送における取引環境・労働時間改善中央協議会」及び官邸のサービス業の生産性向上協議会開催を受け設置された「トラック運送業の生産性向上協議会」を下記のとおり同時開催いたします。  

http://www.mlit.go.jp/report/press/jidosha04_hh_000158.html

消費期限と賞味期限

ただし、消費期限も賞味期限も、袋や容器を開けないで、書かれた通りに保存していた場合の安全やおいしさを約束したものです。一度開けてしまった食品は、期限に関係なく早めに食べるようにしましょう。


http://www.maff.go.jp/j/syokuiku/kodomo_navi/featured/abc2.html