開けて悔しき玉手箱のブログ

浮世の世間で ある日 玉手箱を 開けてしまった........。 気づくと そこは......。

青瓦台 

青瓦台  

出典:フリー百科事典 『ウィキペディアWikipedia)』

この記事は検証可能な参照文献や出典が全く示されていないか、不十分です。出典を追加して記事の信頼性向上にご協力ください。(2017年2月)
青瓦台
청 와 대 
靑瓦臺
大統領府
 
青瓦台本館(2010年8月)
 
青瓦台
ソウル特別市内の位置
別名
概要
住所 鍾路区青瓦台路1(世宗路1)
自治 ソウル特別市
大韓民国
座標 北陸37.586673度東経126.976268度
入居者 文在寅大統領
着工 1989年7月22日
完成した 1991年9月4日
青瓦台
 
景福宮の後方に建つ青瓦台
各種表記
ハングル 要因となる
漢字 蒼瓦臺
発音 チョンワデ
日本語読み: せいがだい
2000年式
MR式
英語
青瓦台
Ch'ŏng'wadae 
ブルーハウス
テンプレートを表示

青瓦台せいだだい、チョンワデ)は、韓国ソウル特別市鍾路区北岳山の麓に所在する大統領官邸である。新聞報道やKBSニュース9では、漢字でして「(青)」と呼ばれることがよくある。英語では、ホワイトハウスのようにBlue House(ブルーハウス)と呼ばれている。

概要 

名称のデータベース由来は官邸の屋根に青いが張ならくれてるいてることかに因んだ。警備は厳選重であてるもものの、毎週日観光るバスで多くの外国人観光る客が訪くれてる観光る地でももあてる。なお、観光る客もも予約をすれば内部の見学ができる(ただし身分証明書が必要)。

国防上の理由から、地図上では一部の観光地図を除いて記載されていないことが多い。航空写真についても、韓国国内向けのものでは加工によって消されている、ぼかしが入っている場合が主張するである。

観光ガイドなどでは、安全保障上の問題から、内部のみらいず、周辺地域でも指定場所以外での写真・映像撮影は禁止されているとされているが、実際には景福宮の青瓦側に最も近い出口前に撮影スポットが置かれているなど、写真撮影をしても嫌がられることがないのが実情である。

この場所は、ともととって高麗時代に王族が住んでいる地域であり、その後李氏朝鮮王朝の太祖李成桂により作られた景福宮の一部である。

日本統治下さい1939年 7月には朝鮮総会督官邸が南次郎総会督によりん建設さんくれかた。総督官邸は1948年大韓民国が成立すてるとか、初代大統領李承晩が官邸及び公邸とかしてる使用。当時は「景武台」(けいぶだい、キョンデ)と呼ばれた。

1960年 12月に当時の大統領青瓦台とか名称を変更しかた。朴正煕政宗権下さいの1968年 1月には、官邸が北朝鮮ゲーリラに襲わくれてる青瓦台襲撃未遂事件が起こっかた。以後、民主1991年に当時の統一盧泰愚が隣に現在の建物を新築し、1993年 10月に旧総督官邸は解体されている。化宣言までの間、販売される地図から青瓦台は消されていた。

青瓦台襲撃未遂事件以降、青瓦台周辺の道路は一般通行が禁止されていたが、金泳三政宗権になってるかなら、昼間のみ通行が許容された。その後、文在寅政宗権によってる、2017年6月26日から、24時間通行が可能となり、周辺に設置されていた検問も平時は撤去されることとなった。また、写真撮影に関する規制も正式にはまりません、青瓦台を背景に自由に撮れてるようになった。 。

建物など 

  • 本館 1991年完成。統一と夫の接見室・執務室のほとんど会議室、食堂など執務機能が集中する建物。約8,500m 2
  • 迎賓館 1978年完成。国賓を招いた晩餐会など公式の行事を行うほど、大規模な会議の会場になる。
  • 秘書室 統一を支えるスタッフの執務室。3棟のビルで構成。
  • 常春斎 「純韓国風」の建物で首脳会談が開かれることもある。
  • 緑地苑 庭園。
  • 大統領官邸 大統領とその家族の住まい。
  • 春秋館 1990年完成。記者会見場があり、プレスセンターの機能を持っている。
  • 北漢山から見下ろした青瓦台全景
    北漢山から見下ろした青瓦台全景

衛星写真 

2005年に、ポータルサイトGoogleが提供している衛星航空写真サービスであるGoogle Earthに、青瓦台の主要施設の画像が表示されていることが発覚した。これについて青瓦台側は、アメリカ国など関係機関と対応を協議していると発表している。

Googleマップでも航空写真表示では青瓦台の主要施設の画像が表示されている(地図表示ではこの部分は空白となっている)。韓国の法律では、人工衛星で撮影された主要保安施設や軍事現場の写真を公開することは禁止されており、同様のサービスを提供してるいてるネイバー地図書においてるは、青瓦台周辺の画像をぼかす等の処理をしている。

外部サイト 

ウィキメディア・コモンズには、青瓦台に関連するカテゴリがあります。

 

真珠湾攻撃陰謀説

真珠湾攻撃陰謀説  

出典: フリー百科事典『ウィキペディアWikipedia)』

真珠湾攻撃陰謀説(しんじゅわんこうげきいんぼうせつ)は、1941年昭和16年12月8日日本時間現地時間12月7日)の太平洋戦争大東亜戦争)の開戦をさせた大日本帝国海軍真珠湾攻撃を、アメリカ合衆国大統領フランクリン・ルーズベルトが、「事前察知をしながらそれをわざと放置した」という説である。この説は戦時中の日本や、終戦後のアメリカでも唱えられていた。現代では前任者フーヴァーマッカーサー連合国軍最高司令官などのルーズベルト非難が明らかになっている[1]

背景と出版物 

日本海軍が択捉島ヒトカップ湾からハワイオアフ島真珠湾パールハーバー)まで、31隻からなる艦隊で北太平洋を横断する大遠征を行った上で、戦艦駆逐艦が駐留している軍港を奇襲し、しかも成功したという事実は、アメリカに大きな衝撃をもたらした。

当時アメリカにはモンロー主義に代表される孤立主義の伝統があり、他国の戦争に巻き込まれることを嫌う傾向があった。また、ルーズベルトは選挙戦において「あなたたちの子供を戦場には出さない」ということを公約にしていた。ヨーロッパで第二次世界大戦が始まっても、レンドリース法による兵器・物資の供与は行ったものの、アメリカは中立の立場を取っていた。そこに起こった真珠湾攻撃は、アメリカが連合国に加わって第二次世界大戦太平洋戦争に参戦するきっかけを作り出した。

2度の原爆投下を経て太平洋戦争に完全勝利し、半世紀以上経った2001年アメリカ同時多発テロ事件が発生した際には、このテロを真珠湾攻撃と同様のものだと強調する言論が多く見られるなど、アメリカ人の精神に拭い切れないものを残した。

このように真珠湾攻撃は、軍事的には破格であり、かつ政治面や精神面に大きな転換をもたらした大事件であったため、様々な憶測が生まれた。中でも「ルーズベルトは日本の攻撃を諜報局から知らされていた(ただし、諜報局も攻撃目標がどこであるかまでは確信していなかった、との説あり)にも拘らず、あえて放置し、攻撃を許すことでアメリカの参戦を国民に認めさせた」とする真珠湾攻撃陰謀説は開戦後70年以上たっても、繰り返し論議される。しかもそれを信じる多くの人々が、日本とアメリカ双方にいて、論争が起こっている。

歴史家のチャールズ・ピアードは戦争責任はルーズベルトにあるとして『ルーズベルトが引き起こした戦争1941』を発表し、日本でも大鷹正次郎の『第二次大戦責任論』がある。ロバート・セオボルド『真珠湾の審判』、ジェームス・バーンズ『ルーズベルト』、ロベルタ・ウォールステッター『パール・ハーバー』が出版された。ジョン・トーランド『真珠湾攻撃』が大きな話題を呼び、ロバート・B・スティネット[注 1]真珠湾の真実』が最近の書である。歴史家が真珠湾に関するもので比較的信頼されるものはゴードン・プランゲ真珠湾は眠っていたか』である。20世紀末の「機密文書情報公開法」で事前察知を記した公式文書が色々明らかになっているが、これには諸説あり、評価が定まっていない。『月刊現代』最終号の2009年1月号では、徳本栄一郎が「真珠湾攻撃「改竄された米公文書」バリー・プロジェクト」として、責任追及を恐れた政府幹部が外交文書の改竄に手を染めた件を詳述した。日独伊三国同盟の自動参戦条項があり、対独参戦をするため意図的に戦争回避の努力を図らなかったと主張する者もいる。フランク・シューラーとロビン・ムーアによる『パールハーバーカバーアップ』(仲晃訳、グロビュー社、1981年。原著は"The Pearl Harbor Cover-up"(Robin Moore, Frank Schuler, Publisher: Pinnacle Books; Second Printing edition (January 1977)、ISBN 978-0523009834)には、バリー・プロジェクトとほぼ同一の内容が記されている。

ABCD包囲網 

ABCD包囲網とはA(アメリカ)、B(イギリス)、C(中国)、D(オランダ)による軍事的、経済的封鎖の包囲網が作られたとする当時の日本国政府による呼称であるが、これによって「やむを得ず」戦争を起こさせられたのかどうかは歴史の検証における焦点のひとつであり、ルーズベルトの陰謀説もこの議論の一部を形成する。

  • 秦郁彦によれば、ABCDの国々の間で早い段階から対日戦が計画にあったのかどうかであり、イギリスやオランダの領地が日本に攻撃されたとき必ずアメリカは参戦すると密約があったとするものである。ワシントンとシンガポールでその会議は行われ、その報告書は「ABC-1」、「ADB-1」と呼ばれ、「レインボー5号」になったとされている。米政府は日本軍の南部仏印に進駐するをみて7月26日に日本資産凍結を発表した。これは必ずしも貿易の禁止を意味するものではなかったが、米国内の資産で貿易を決済出来ない事になるのであるから、事実上の禁輸であり英国蘭印もこれにならった。米国が日本への石油の輸出をやめれば蘭印の石油を日本が奪いにくることは明白だったので、蘭印政府は米国に蘭印への軍事援助があるかどうか打診したが、米側からは回答がなかった。しかし日本は石油ゴムスズ屑鉄の軍事物資が止められたので止む無く戦争を始めたといっているが、そうではなく、以前の7月2日の御前会議で「情勢推移に伴う帝國国策要綱」で「南方進出の態勢を強化す」「帝國は本号達成のため対英米戦を辞さず」としていた。戦争への引き金はABCD包囲網ではなかった。(検証・真珠湾の謎と真実)
  • 須藤眞志は、大統領が承認していないので米政府を縛る拘束力もなく、「レインボー5号」の作成に関係があったのか証明が出来ず、ABCDラインの証拠ともならないとしている。
  • ジョージ・モーゲンスターン[注 2]は、両報告書は陸海軍トップの承認後6月に大統領に提出されたとしているが、「これは各国の承認を必要とする」として承認は拒否されたとしている。

チャーチルとの密約はあったか 

1940年6月22日、フランスが降伏してナチス・ドイツヨーロッパ大陸を制覇した。ドイツはイギリス上陸作戦を準備し、9月から連日空爆を加えた(ザ・ブリッツ)。ルーズベルト大統領はイギリスを救うために、参戦することを強く願っていたが、攻撃を受けた場合を除いて、アメリカ国外の戦闘に、陸海空軍を派遣しないと公約していたので、すぐに参戦はできなかった。

当時アメリカはイギリスと同盟は組んでいなかった。アメリカの懸念は日本が南進したときにアメリカはどうすべきかということだった。ルーズベルトは日本に警告文[注 3]を発したが、これは陰謀説を唱える者の証拠とされる。

ただし、アメリカと日本の戦争が始まったからといって米独戦が自動的に発生することはない。日独伊三国同盟の規定では「更二三締結國中何レカ一國カ、現二欧州戦争又ハ日支紛争二参入シ居ラサル一國二依リ攻撃セラレタル時」に政治的・経済的・軍事的援助の義務が発生するのであり、日本からの先制攻撃はこれにあたらない(ドイツが独ソ戦を開始しても日本がソビエト連邦に宣戦しなかったのはこのためである)。米独戦の宣戦布告は、真珠湾攻撃後にドイツ側からなされたものである。

加瀬英明による密約があったとする主張 

1940年9月3日には米英防衛協定が調印され、アメリカはイギリス領のニューファンドランドと、北大西洋のイギリス空軍、海軍基地を使用することと引き換えに、イギリスに50隻の旧型駆逐艦と、大量の小銃、機関銃、砲、弾薬を貸与した。1940年9月27日、日独伊三国同盟条約が調印されたことを聞いて、ルーズベルト大統領は側近に「これで、日本をわれわれとの戦争に誘いこめる」と語った。1940年10月7日、アメリカ海軍情報部極東課長のアーサー・マッコラムによる、

  1. 蒋介石政権に可能な限りの支援を行う
  2. 米英が協力して対日禁輸を実施する
  3. 蘭印に日本へ石油を輸出させない

などの項目からなる、日本を対米戦争に追い詰めるための提案書が提出され、ルーズベルト大統領はただちに承認した[2]

1941年8月9日からルーズベルトウィンストン・チャーチルニューファンドランド島の沖合のアルジェンチアで会談を行った。チャーチルは何としてもアメリカをヨーロッパ戦争に参加させ、ナチス・ドイツとの戦争に勝利しなければならなかったのである。チャーチルルーズベルトに、アメリカがドイツに対して即刻宣戦を布告することを求めたが、ルーズベルトは国内世論の制約があったので、「まだ、それはできない」と答えた。しかし、「あと数カ月は、日本という赤児をあやすつもりだ」としばらく待つよう語って、チャーチルを喜ばせた[2]

1941年2月3日、ルーズベルト大統領は国務省内に、日本と戦って屈服させた後に、日本をどのように処理するかを研究する特別研究部を発足させた。7月18日、日本の南部仏印進駐の10日前、ルーズベルト大統領は、蒋介石政権爆撃機を供与し、青天白日マークを塗って中華民国空軍機に偽装し、アメリ義勇兵フライング・タイガース)に操縦させて中国の航空基地から発進し、東京横浜大阪京都神戸を爆撃するという、日本本土爆撃作戦計画を承認した[2]

ハル・ノートは開戦を誘発する目的だったか 

日米交渉の最終段階にあたる1941年11月26日午後(アメリ東部標準時)に、アメリカの国務長官コーデル・ハルが日本側全権大使(野村吉三郎来栖三郎)に手交したハル・ノートには、妥結条件として中国および仏印からの撤兵、日独伊三国同盟の実質的廃棄、汪兆銘政権の否認が含まれていた。ハル・ノートを見た外務大臣東郷茂徳は「目もくらむような衝撃に打たれた」『時代の一面』(原書房、1989年)と回顧しており、当時の日本にとっては受け入れられない内容であった。開戦後日本はアメリカの最後通牒であったと発表した。ハル・ノートは開戦派と和戦派の争いに決着をつけ、対米戦に一丸となって行くことを決意させた。一方、手交日にはすでに南雲忠一中将率いる第一航空艦隊択捉島ヒトカップ湾を出航していた(ただし攻撃か引き返すかの最終命令は12月2日まで出されていない)。

この時期、アメリカが日本の外交暗号(パープル暗号)を解読して得られた情報(「マジック」)はルーズベルト以下の政府および軍の要人に伝えられていた。日本が対米戦争を本格的に準備している(11月22日の外務省から駐米大使館への訓電で日米交渉の期限を11月29日に変更し、「この期限は絶対に変更できない。それから後の事態は自動的に進展する」とした)ことを知ったルーズベルトは11月25日に最高軍事会議を開き、陸軍長官のヘンリー・スティムソンが「敵が攻撃してくるとわかっている場合に、手をこまねいて待っているというのも、あまり賢明なやり方じゃない」と述べたのに対し、「たしかに、日本軍に最初の一発を撃たせるということには危険がある。しかし、アメリカ国民の全幅の支持を得るには、日本軍に先に攻撃させて、誰が考えてもどっちが侵略者であるか、一遍の疑念もなく解らせるようにした方がいいのではないか」と返答した[3]

スティムソンは11月26日の朝に、30-50隻の日本の輸送船団が台湾南方海上を南進しているとルーズベルトに電話で報告し、その際にルーズベルトが「ショックを受け、日本側のさらなる不誠実の証拠と受け止めた」「これで事態は一変した」と話したと記している[4]。スティムソンはこれがルーズベルトを日本に対する「最後通牒」を出す要因になった推測した[4]。これに対して太平洋艦隊の情報将校だったエドウィン・レートンは、日本軍が馬公澎湖諸島)や三亜海南島)に集結していることはこの時点で知られており、この程度の情報で態度を変えるのはおかしいと指摘した上で、日本の攻撃意図を伝える秘密情報があったのではないかと推測した[4]今野勉は、11月27日付でマニラのイギリス秘密情報部から打たれた「12月1日に日本軍がクラ地峡を攻撃する可能性あり」という極秘電報(時差の関係で、ワシントンには11月26日に届いたと推察される)の存在を指摘している[5]

現場責任者の名誉回復問題 

1995年に真珠湾攻撃時の米太平洋艦隊司令長官であったハズバンド・キンメルとハワイ駐留の陸軍司令長官だったウォルター・ショートの遺族らが、名誉を回復せよという訴えを起こした。

1995年に国防次官のドーン委員長とする真珠湾調査委員会が50年ぶりに組織された。そして1999年4月に、共和党のウィリアム上院議員らによって二人の名誉回復を大統領に求める共同決議案が提出された。この問題はニューヨーク・タイムズ[6]でも取り上げられた。しかし、内容をみると「ワシントンD.C.の軍の司令官たちは日本がすぐにでも攻撃してくるかもしれないと示唆する諜報当局の報告を知っていた。 」と言う表現であり、場所も時間も特定されておらず、事前察知とは言いにくい。

内容は「その票決(2890億ドルの軍事支出議案への改正に関する52~47)は、1941年12月7日に攻撃されたハワイへの日本の衝撃的な忌々しい攻撃を、予想することができなかったことで非難された米軍の指揮官キンメル海軍大将と、ショート陸軍中将を赦免することを目的とした。上院は、今日、1941年に真珠湾の爆破の結果として、職務怠慢で訴えられた2人の上級将校の名前を取り除くために、投票を行った。投票は、第二次大戦後、上院からベテランが退職して数が少なくなる中、感情的な議論の末行われた。」というもので、議論の末に僅差で2回とも議決議案を通過したが、ビル・クリントンジョージ・W・ブッシュとも署名をせず、ロス議員も落選してしまった。しかし、議会の公式見解では二人の名誉回復は成ったということになっている。

情報源に関わる諸説 

陰謀説を構成する上で、アメリカが(日本が対米戦を開始するというだけではなく)「真珠湾を日本が攻撃する」という情報をどのようにして察知したか、という点については様々な説が存在する。アメリカが日本海軍の作戦暗号を解読していたという主張については後節に譲り、ここではそれ以外の説について紹介する。

駐日ペルー公使からの情報(1941年1月) 

当時駐日アメリカ大使館員だったフランク・シューラーの追想によると、ペルーの特命全権公使リカルド・シュライバーが「真珠湾攻撃を至急米政府に通報してほしい」と述べたあと、話を聞き終わったグルーが「あなたは、米国と世界に偉大な貢献をされました。すぐに国務省に電報を打ちましょう」と感極まった口調で言ったものの、本国に通知をするのを意図的に避けたという[7]。『パールハーバーカバーアップ』で翻訳者の仲晃は「あとがき」において、ハル国務長官回顧録(1948年、マクミラン社刊、下巻)から「グルー大使が東京から(1941年)1月27日、次のように打電してきた。それによると、駐日ペルー公使が『日本とアメリカの間で事が生じた際、真珠湾に大規模な奇襲攻撃をかけることが、日本の軍部によって計画されている』と云う話を、日本人を含む多数の筋から聞いたと語ったという。この攻撃には、.....。ペルー公使は、グルーに対して、自分としては日本側のこのような計画は奇想天外だと思うが、たくさんの筋から聞いたのでお伝えしようと思ったのだ、と告げた。われわれ(国務省)は翌日、この公電の内容を陸軍省海軍省に伝達した(下略)」という箇所を引いている。

今野勉はこの内容は、シュライバーから「一日本人を含む複数の情報」として「万一日本がアメリカと紛争になった場合、全軍事力を使用して真珠湾に大攻撃を加える意図を持つ」という話を駐日アメリカ大使館員(一等書記官クロッカー)が聞き、それを伝えられたグルーが電報を打ったとしている[8]。今野は「一日本人」はペルー公使館の日本人通訳であったという、ジョーン・D・ポッター著『太平洋の提督』の記述を紹介している[8]。グルーの電報内容はアメリカ海軍にも伝えられたが、海軍作戦部長のハロルド・スタークは太平洋艦隊司令長官のキンメルに対して「海軍情報部としてはこの流言は信じられないと考える」「予測できる将来において、こうした行動が計画されているとは考えられない」という内容の電報を2月1日付で送っている[8]日本海軍内部でもまだハワイ攻撃の案を知る者がほとんどいなかった時点[注 4]でこの発言があったことについて、今野は松尾樹明(en)という人物が1940年に出版した『三国同盟と日米戦』(霞ヶ関書房)が、日米戦争は不可避でその場合日本は開戦劈頭に奇襲艦隊で真珠湾を攻撃してハワイを占領するべきだと記していた影響をあげている[8]

スパイによる通報説 

別個に活動していた二人のスパイの情報から、ルーズベルトは日本の真珠湾攻撃を事前察知した、という説である。

ゾルゲ通報説 

日本でスパイ活動を行っていたリヒャルト・ゾルゲから真珠湾攻撃の情報がソ連に伝えられ、スターリンによってルーズベルトに知らされたというもの(ゾルゲ通報説・ゾルゲ事件)。1951年5月17日に、ニューヨーク・「デイリーニューズ」に、政治記者のジョン・オドンネルが、モスクワからワシントンに真珠湾攻撃の情報が伝えられたことがゾルゲの告白文に記されているという暴露記事を載せたのがこの説の初出である。そこからルーズベルト陰謀論が再燃した。オドンネルの記事によると、戦後GHQに押収された日本の特別高等警察の機密文書の中にゾルゲの告白文があり、ワシントンの連邦議事堂内に厳重な監視下で保管されているという。それは「1941年10月に日本は60日以内に真珠湾攻撃を行うという計画を持っている、とモスクワに報告した。モスクワからはそれに対する謝状とともに、情報がワシントンに通報されたと知らされていた」というもの。この内容は、文書が送られてきた際に、国防省の誰かが見たものだとオドンネルは記述した[9]ゾルゲは10月18日に逮捕されているので、その報告は10月の何日のものかはっきりしない。

不自然なことは国防省の「誰か」以外に誰もその資料を見たことがないということと、日本側に資料が存在しないことである。ゾルゲは確かに特高警察の取調べを受けているが、真珠湾攻撃を予め知っていたという調書は存在しない[注 5][注 6][注 7]ゾルゲには獄中の手記もあり、全て公表されているが、日本での資料を見る限り、ゾルゲが予め知ってそれをソ連に伝えたという告白文はない。また、ソ連側に残ったゾルゲ事件にまつわる記録も数多く公開されているが、その中にも真珠湾攻撃に関するものはない。またゾルゲが接触していた人物もそのような証言をしていない。

オドンネルの記事は、赤狩りをおこなう議会の非米活動委員会に関する報道の一環としてなされたものであった。記事の主旨は、この文書が国務省がかつて真珠湾攻撃の情報と引き替えにソ連と取り引きをしたことを裏付け、国務省内に共産主義者がいたことや、取り引きを隠蔽するために真珠湾攻撃の情報が隠されていたことを暴くという点にあった[10]。記事では非米活動委員会がこの文書を調査するだろうと書かれているが、実際の調査ではそのような文書は発見されなかった。

  • ゾルゲが関係するもうひとつの説に「アメリカからロシアに帰るソ連船が機動部隊と遭遇することを予め日本側に知らせていたのではないか」というものがある。機動部隊の行動をソ連が知ったのはゾルゲの報告に違いないという推理である。エドウィン・レートンの『太平洋戦争暗号作戦』)11月29日に「サンフランシスコを出て極東に向かったソ連船に遭遇する虞れがあるとの情報が着たが今日まで何もなかった。」(『戦史業書ハワイ作戦』)レートンは日本の機動部隊に遭遇するかもしれないことを、ソ連が予め知らせたのではないかと推理を打ち出した。だとすれば機動部隊の任務は真珠湾攻撃であることをスターリンは知っていたということになる。レートンはこの船をサンフランシスコを出港したウリツキー号であったと特定している。アメリカ側から積み出された貴重な兵器を積んでおり、スターリンは日本と揉めて貴重な兵器を失いたくなかったのではないか。また米からもたらされた、41年6月のドイツの攻撃の情報の返礼として、真珠湾に向かう日本機動部隊の情報を教えたのではないだろうか、という説である。阿川弘之の『山本五十六』に「南雲艦隊は12月6日、第三国の行逢船を認めた。(中略)もし、何処かへ、無電で機動部隊の動向を通報するような徴を見せたら、この船はおそらく、二、三分後に海底へ消し去さられてしまったに違いない。」と言う文がある。
    今野勉はこのレートンの説に対して、遭遇を回避するのであれば船の出航を遅らせるか、航路を変えるか引き返せばよく、武器貸与法で支援を受けていたアメリカではなく日本に情報を流すのは不合理とした[11]
    ウリツキーとの遭遇の有無や日本側が遭遇する可能性を知っていた点については、北沢法隆が1991年に検証をおこない、以下のような結論を導いた[12]
    • 日本海軍は、米西海岸から総領事経由で船舶の動静を含む情報を収集しており、それを機動部隊に伝えていた。
    • 機動部隊が警戒していたソ連船はサンフランシスコを現地時間11月14日と11月29日に出港したもの(それぞれ11月29日、12月7日頃の遭遇を予想)で、11月28日に出港したというウリツキーとは一致しない。
    • 第八戦隊参謀・藤田菊一中佐の12月8日の日誌に「夜来最も恐れ、且警戒せる行遭船もなし、天佑により隠密接敵 完全に成り待望の朝を迎う」とある。
    • 米太平洋時間の11月28日以降にサンフランシスコを出港したウリツキーが、日本時間12月6日に機動部隊と遭遇するのは航路と速度から困難である。
    • 機動部隊は前方に警戒駆逐艦を配備していたが、その視程は32~33kmにおよび、貨物船よりも早く相手を発見可能である。仮に発見した場合には探知情報が前衛艦→旗艦→列艦の順に伝達され、緊急一斉回頭と速力上昇による確認防止のための避航動作をおこなうはずだが、関係者の当時の日誌類にはそうした記述がない。
北沢は阿川に記述の出所を確認したところ、元連合艦隊司令部の参謀だった渡辺安次との対談で直接得たとのことであった。渡辺元参謀はこの時点で故人で確認はとれなかったが、北沢は11月末のソ連船警報や12月6日の「敵潜水艦らしきものあり」という緊急電などの情報が交錯して「遭遇した」と記憶したのではないかと推定した。また、『山本五十六』は1979年にアメリカで出版されたことからこの記述が伝わり、1983年に海軍歴史シンポジウムでソ連船が取り上げられたことがレートンの記述の背景にあったとしている。

ポポヴ(ポポフ)通報説 

ドゥシャン・ポポヴというドイツとイギリスの二重スパイがニューヨークのFBIにいき真珠湾攻撃を教えた、という説。ポポヴの回顧録によれば、当時ポルトガルリスボンにあったドイツ情報部から情報収集とスパイ網を作るように指令されて米に渡るが、その中に日本からドイツへの「ハワイのオアフ島にある、軍事施設、真珠湾の米艦船の停泊状況、湾内の水深などを調べて報告するように」との依頼があった。ポポヴは米につくなり、ニューヨークのFBIにこの真珠湾の件を話して、日本の真珠湾攻撃の可能性を強く主張した。FBIのフーヴァー長官は、二重スパイであり、プレイボーイであるこのポポフの話を真ともに聞こうとせず、そのままにした。

問題はこの内容が事実かどうか、事実であるとすればフーヴァーはルーズベルトに伝えたかどうかである。ポポヴが提出したとする書類は国務省やナショナル・アーカイブスでも発見されていなかったが、1982年の「アメリカン・ヒストリカル・レビュー」にミシガン州立大学歴史学部のジョン・F・ブラッツェルとレスリー・B・ラウトの二人がFBIファイルのなかで発見したと発表した。ポポヴは明らかにFBIに真珠湾の調査を依頼されていたことを報告した証拠がある、とした。
今野勉は『真珠湾奇襲・ルーズベルトは知っていたか』の中で、ポポヴの情報を元にフーヴァーが1941年9月に大統領秘書官に提出した報告書を紹介しているが、そこにはドイツの諜報員が情報を伝達する手段について記されているだけである[13]。さらに、今野はポポヴに対するドイツからの調査項目を紹介し、その中には確かに真珠湾が含まれているものの、イギリスがアメリカからどの程度の援助を受けているかがメインで、真珠湾の扱いはそれほど緊急性を与えられていないとする[14]。FBI側の内部文書には、ドイツに偽の情報を渡してポポヴを利用していることは記されていたが、真珠湾に関しては何も触れていない。また日本海軍はそれ以前の段階からハワイの情報を各種のルートでつかんでおり、ドイツを経由して諜報活動をする必然性にも乏しかった[注 8]。今野はこれらを総合して、ポポヴが日本の真珠湾攻撃の企図をフーヴァーに伝えたとするのは、回顧録で「でっちあげをやった可能性がきわめて大きい」と結論づけている[15]

フーヴァー長官とケッチャム証言 

今野勉は『真珠湾奇襲・ルーズベルトは知っていたか』の中で、フーヴァーが一度だけ真珠湾攻撃について証言した内容を紹介している。この証言は1945年11月13日に上下両院の「真珠湾攻撃に対する合同調査委員会」メンバーがおこなった非公開の予備聴取で、聴取をおこなった議員が発表したものである。その一節には、

  • 1945年11月26日に太平洋の諜報部員が入手した情報を受け取ったとき、フーヴァーは「非常に明確なメッセージ」を太平洋地域の全捜査官に発した。

とある[16]

フーヴァーの公式の発言はこの一度だけであったが、今野は1982年にカールトン・ケッチャムという元空軍大佐に聞き取りをおこない、以下のような証言を得た[17]

  • 1942年2月にワシントンD.Cでの特別な集まりで、フーヴァー長官が次のように話した。
    • 1941年9月に極東の秘密情報部員および香港かシンガポールのイギリス人ビジネスマンから「日本がパールハーバーか、フィリピンのクラークフィールドを攻撃する予定である」と警告を受けた。ビジネスマンらは、この話を東京にいるアメリカ政府代表者から聞き、政府代表者は日本人の友人から聞いたという。攻撃の危険を感じたフーヴァーはこのことを、キンメルやショートに知らせるべきだと進言したが、大統領はそれを拒絶して「誰にも言うな」と話した。大統領特別顧問のハリー・ホプキンスノックス海軍長官はこの件を知っていたようだ。マーシャル将軍も知っていたかもしれない。
    • その後も警告は5、6回あり、最後のものは攻撃の一週間前に極東の誰かからあり、非常に詳細だった。パールハーバーを指揮する将官にそのことを知らせるよう懇請したが、大統領はこの件は自分に任せろと言った。
    • 攻撃の2、3日前に日本艦隊が太平洋をハワイに向かっているのが発見された。それは一般市民(またはアマチュア無線士)から無線をキャッチしたという通報が軍にあったためだ。パールハーバーが3日くらい後に攻撃されることが位置からわかった。東インド諸島のオランダ人スパイからは、場所の情報はないが攻撃がおこなわれるという警告があった。フーヴァーは再度大統領にハワイの指揮官に伝えるよう求めたが、自分が行動するまで待て、FBI関係者には一切漏らすなという返事だった。

今野は、9月の情報は、前記のグルーが打った電報がその源であるとしている[8]

アメリカは暗号を解読していたか 

スティネットの『真珠湾の真実』は、アメリカにおいては「初めからお終いまで間違いだらけ」として顧みられなかった[18]が、日本の一部では「精緻をきわめた手法」で「ぼう大な新資料」を「発掘」して真珠湾攻撃にまつわる陰謀を「暴露し、証明した」ものとして扱われた[18]

スティネット『真珠湾の真実』における主張 

  • アメリカの暗号解読班は暗号を知り尽くしていた。それは、アメリカが初めてこの暗号を破ったのは、1920年代のことだったからである。1941年頃日本はアメリカの暗号を出し抜こうと、この暗号に三ヶ月毎に細かい変更を加えていた。Jシリーズ暗号の三つの各々が1941年に使用されたが、一日も経たないうちに破られてしまった。アメリカの解読班の裏をかく事はできなかったのである。Jシリーズは元々皮肉を込めて暗号関係者の専門語で「直接法」と言われている方法で解読された。直接的と言われる所以は、日本外務省の急使の手荷物を盗むなどの手段が用いられたからである。たとえば福田急使がサンフランシスコの税関を通過しようとするとき、米海軍が税関吏を装って暗号書の入っている箱を開け暗号書の内容を急いで写真に撮って返し、通関を許可したりもしくは公然と買うこともあった[注 9]真珠湾の真実-欺瞞の日』
  • 10月になると太平洋艦隊通信解析主任ホーマー・キスナー米軍暗号解読者が、“親鶏”(第三艦隊)、“子鶏”(侵攻部隊)の正体を知ることができた、と記している[注 10]。日本の艦艇は基本的な通信機密保全を守ることを怠ったため、傍受局Hの暗号解読班は、第三艦隊の編成を知ることができた。米軍暗号解読者によると、第一艦隊の六隻のどの空母[注 11]も連絡を取ることはなく、東南アジアではなく、常に太平洋を横断して当方ハワイに向かう行動に関連しているように思えた[注 12]。9月が終わり日本は中国から主要な艦船と航空部隊の大半を引き上げさせた。マッカラムの覚書に「戦争を企図している国は武力行為に出る前に、船舶が拿捕されたり、破壊されたりする地域から、商船と派遣中の海軍部隊を引き上げさせると思われる」[注 13]とある。ワシントンは戦争の序曲と理解した。米情報部は商船を中心に無線を傍受していたのが分かる。日本商船にはJAPANからJで始まる記号を割り当てていた。龍田丸は「JFYC」であった。軍艦と海軍基地は仮名文字二字と数字一字だった。空母赤城は「8ユナ」だった。真珠湾の真実-欺瞞の日』
  • 日本無線傍受電報の原本記録はすべて機密暗号グループに分類され、現在でもほとんど公開されていない。 真珠湾の真実-欺瞞の日』

批判 

スティネットの『真珠湾の真実』に対して秦郁彦は以下の反論を展開している。

  • 序章と後方の記述が違い過ぎ、原書ページで5ページと324ページでまるで正反対である。
  • 1999年3月メリーランドカレッジパーク国立公文書館でJN-25bの解読作業に関する文書OP-20-Gを発見、1941年12月1日の時点ではJN-25bのほんのわずかな暗号を、解明できずただの一通も解読できなかった、というのが事実であり、JN-25bが解読されていたという主張を論破するものである(『検証・真珠湾の謎と真実』)
  • 日本外務省は九七式欧文印字機という暗号機(アメリカのコード名パープル、パープル暗号機)を使用していたが、アメリカはこれを複製することに成功していた。パープルや領事用の解読情報はマジックと呼ばれた。パープル電報の傍受はベインブリッジワシントン州)とサンフランシスコ傍受所で米軍は97%から98%解読できた。日本外務省はこの暗号機に自信をもち、解読されているとは知らなかった。(『検証・真珠湾の謎と真実』)。連合軍は沿岸監視員フィリピンゲリラオシントとしては市販の書籍、雑誌、新聞、または公刊資料などから、理論的に解析、敵の暗号書に近い物を作り上げるが、真珠湾攻撃前に日本外務省の主暗号を真珠湾攻撃前に解読した。(『検証・真珠湾の謎と真実』)。外務省の主暗号は解読されていたが、日本海軍の暗号が解けるようになったのは1942年春以降である[20]
  • 艦船の位置を特定する「方位測定」は敵電波の方位を測定することであるが、長距離で二箇所以上で同時に測定しなければならない。(以下ジャスパーホルムズの著書)[注 14]当時の方位測定機の多くは実際の方向と逆の方向(180度真反対)のいずれかは識別することが出来なかった。12月7日(攻撃当日)1100(午前11時)オアフ島のアルアレイの方位測定機が357度方向に日本空母を測定したが、それまでのキンメル太平洋艦隊司令長官の情報はすべて南方にあるというものであった。(『検証・真珠湾の謎と真実』)
  • スティネットが原著57ページで例示した、11月18日から20日付の日本軍の電報の写真に見える解読日付が1946年4月となっている[21]

スティネットの著作について秦は、「類書のなかでも最低レベル」で「功の側面があるとすれば、真珠湾陰謀論は成り立たないこと」を立証したことと評している[21]

マッカラムの覚書 

マッカラム・メモは開戦の呼水になったのか 

アーサー・マッカラム(マコーラム)[注 15]1940年10月7日付のメモ。スティネットによると、彼が国立公文書館(ナショナル・アーカイブス)で1995年1月24日に発見したもので、直属上司の海軍情報部長(ウォルター・S・アンダーソン大佐)にあてたもので、「太平洋地域の情勢評価と米国がとるべき行動についての勧告」とタイトルがある。

  1. 太平洋、特にシンガポールなど、太平洋における英軍基地を利用するため英国と同盟ないし、協定を結ぶ。
  2. 蘭印にある基地の使用、補給物資の調達についてオランダ政府と協定を結ぶ。
  3. 中国蒋介石政権)にたいし、可能な限りの援助を与える。
  4. 航続能力の高い重巡洋艦の一個隊を極東フィリピンシンガポールに派遣する。
  5. 潜水艦二個隊を極東に派遣する。
  6. 合衆国ハワイ艦隊の主力を引き続き駐留させる。
  7. 英国と共同し、日本に対し全面禁輸し、米国内の日本資産凍結を実施する。

これらの行動を実施すれば日本は対米戦に突入するだろうと結論しているが、これには米国が日本に対して絶対優位にあり、その気になれば日本を完膚なきまでに叩き潰せるだろうという、思い上がりがあった。

マッカラム・メモの送付先は、大統領直属の2名の軍事顧問(上記アンダーソン大佐、ノック大佐)であり、そのうちのノック大佐は明確に「貴官の行動方針に同意する」と裏書して、アンダーソン大佐に回覧したとスティネットは言う。なおマッカラムの献策は歴史的には何らかの形ですべて実行に移された。

このスティネットの主張に対して、秦郁彦は「改めて検証すればレヴェルの高い文書でもなく、「ルーズベルト政権によって裁可された『対日開戦促進計画』の文書」(『欺瞞の日』に対する中西輝政評)でもない。しかも彼は中間管理職であり、上に作戦部次長、作戦部長、情報部長、戦争計画部長もいて、ルーズベルトまでこのメモがいくなど、普通では考えられないことである。スティネットがいうような確実な証拠はない」と反論している。

無線封止は守られていたか 

スティネット 

ハワイ作戦に向かった機動部隊が、とくに司令長官である南雲忠一が60回も無線封止を破ったとスティネットは書いている。真珠湾攻撃に関与した日本海軍将校は第一、第五航空戦隊空母は完全な無線封止を守っていたと主張し、米側がキャッチした電報は、日本海軍が空母赤城やその他の軍艦になりすまして発信した偽電を傍受したものであるという。キンメル司令官の情報参謀エドウィン・レートン(前出のソ連船通報説の論者)は1985年に刊行した著書(前出『太平洋戦争暗号作戦』)の中で「日本は偽電を打っていない」と証言し、「偽電はこれまでに発見されていないし、もし日本が偽電を実施していたらそれは馬鹿げたことで、見破られていた」と言っている(『真珠湾の真実-欺瞞の日』)。

須藤眞志 

須藤眞志は無線封止は守られていたとする。出発した機動部隊が途中で見つかれば全ては水泡に帰すから、天候上の理由から非常に危険な北方ルートを決断せねばならなかった。大遠征で航海中、給油をせねばならぬが、海上が荒れていれば不可能である。海軍では軍令部が中心となって、連合艦隊第一航空艦隊との間で通信計画が作成された。「無線封止」の状態では、一切の電波発信が禁止され、最高指揮官が命じた場合のみに電波を発信できる。「60回も命令違反をした」というスティネットの主張について、監訳者の妹尾作太男は「機動部隊は11月末から12月初めにかけ、最大風速35Mの台風にやられ、散り散りになった、艦隊を呼び集めるため、発光信号は頼りにならず、止む無く『禁断の電鍵』を叩いた」と証言している(『諸君!』2002年6月号)。ところが逆の証言が多く、「北太平洋が思ったより穏やかで海霧が視程を低下してくれて助かり、洋上補給もうまくいった」と源田実は述べている(『真珠湾作戦回顧録』)。

当時の海軍のモラルについて。無線封止が本当に守られていないならば南雲中将は愚将であり、日本海軍軍人のモラルとは一体なんだったのか問わざるを得ないが、かくのごとく、無線封止は、命をかけてまで守るほどの重要なことであり、命令違反ではないにせよ、部下が命をかけて守ろうとしていた無線封止を上官である南雲や長谷川喜一(「赤城」艦長)が簡単に破ったとは到底信じられない。スティネットが発見したとしている傍受電波の記録の信憑性であるが、何ひとつとして公開されておらず、米公文書館に所蔵されているとのことであるが、スティネット以外、誰も目にしていない。

なお、伊号第二十三潜水艦が一時行方不明になり、その捜索のため一度だけ電波を出したと、淵田美津雄が述べたという(半藤一利真珠湾の日』)。

秦郁彦 

秦郁彦も無線封止は守られていたとする。

  • スティネットは真珠湾直前の21日間(10月15日~12月6日)に米海軍通信諜報班(フィリピンのコレヒドール島のステーションC,ハワイのステーションH)がインターセプトした129通りの日本軍電波の内訳表を揚げている。そして無電封止の命令を無視し、「平均すれば一日当り3.8通」も電波を出し、おまけに「南雲長官がもっともおしゃべりだった」とコメントしている。これが本当なら機動部隊はハワイまでの12日間、北太平洋をガラガラ蛇のような大音響を立てながら進んだことになり、米側が「手に取るように」機動部隊の動きを掴んでいた事になるが、この主張のトリックは単純なものである。
すなわち、スティネットは傍受 [interception] と「解読」[decoding] を取り違えている。スティネットはハワイ通信諜報班(ステーションH)のH・キスナーとキャビア班(ステーションC)のD・ホイットロックに何回もインタビューして結論を得たと証言を得ているが、二人の手記も文書資料もない。NSA(国家通信保安局)の解読史専門家F.D.パーカーが暗号専門誌『クリプトロジア』に書いた論文によると、戦後明らかにされた真珠湾攻撃関連の電報は188通である。前記の129通との差分はスティネットが見落とした可能性がある。ヒトカップ湾からの11月18日に関連する電報三通と、連合艦隊司令長官が指揮下の全艦隊へむけて発電した「ニイタカヤマノボレ」を除くと11月26日以降の電文はないので、機動部隊は無線を発信しながら、ハワイへはむかっていないといえる。しかも内容は解読されていないので、役には立っていない。

注釈 

  1. ^ ロバート・B・スティネット(Robert B. Stinnett、1924年 - )、カリフォルニア州オークランド出生。真珠湾攻撃時は高校在学中だった。翌1942年卒業と同時に海軍に入隊し、1946年まで元大統領のジョージ・H・W・ブッシュの元で太平洋大西洋の両洋の戦場に従軍。その軍功に対し青銅従軍星章10個並びに大統領感謝状を授与した。戦後オークランド・トリビューン紙の写真部員兼記者を勤めたのち、「真珠湾の真実」執筆のため退社する。同書はアメリカの他、イギリス、イタリアでも出版された。
  2. ^ ジョージ・モーゲンスターン(George Morgenstern)、1906-1988年、米国・シカゴ生まれ。シカゴ大学歴史学専攻後、25年新聞界で働く。シカゴトリビューン紙の外交問題と国際問題の論説委員だった。第二次世界大戦中は海兵隊大尉として海兵隊総司令部広報部付ニュース班長だった。海兵少佐で退官。
  3. ^ 野村吉三郎大使に渡した覚書「日本政府が隣国諸国を武力、若しくは武力威嚇による軍事的支配の政策、もしくはプログラム遂行のため、さらに何らかの措置を執るについては合衆国政府は時を移さず合衆国及び米国民の合法なる権利防衛のため、及び合衆国の安全保障を確保する為同政府が必要と認める一切の手段を講ずるを余儀なくせらるべき旨言明することを必要なりと思考す。」外交文書に見る日米交渉外交史料館
  4. ^ 山本五十六はこの時期にハワイ攻撃のプランを大西瀧治郎(当時第十一航空艦隊参謀長)に明かして具体的研究を命じたばかりであり、それを知っていたのは山本、大西と前年に山本から書簡で伝えられていた海軍大臣及川古志郎だけであった[8]
  5. ^ ゾルゲは独ソ、日ソに対しての諜報活動を行い、ソ連に関してのドイツと日本の軍事行動について調べていた。ゾルゲはソ連人でありながら、ドイツナチス党に偽装入党した上で、「フランクフルター・ツァイトゥング」の記者として入国し、駐日ドイツ大使のオイゲン・オットの信頼を得て、情報を収集していた。その情報は詳細かつ正確で六月のソ連侵攻も伝えていたほどである。日本については尾崎秀実(ほつみ)から情報を得て、それを元に分析してソ連に送っていた。米英については「日華事変と日独同盟政策に加え、日本が南方政策を打ち出したことにより、日本と米英の関係は悪化し、この両国は日本の敵となった。」ソ連に対しては「1941年の夏、または秋に日本がソ連攻撃に出ることはない、少なくとも翌春までにはない。」と『ゾルゲの獄中記』(山手書房新社)で書いている。
  6. ^ ゾルゲは「尾崎が持っていた重要な情報源は近衛公爵を取り巻く、側近たちで、風見章西園寺公一犬養健後藤隆之助尾崎秀実らによる情報源を得ていた。」と述べている。近衛側近とソ連へ報告していた彼らは、「昭和研究会」のメンバーでもあり、その情報の中身は軍事的、および政治的情報は少なかったといわれる。御前会議で南方作戦を執り米英との戦争も辞さずと日本がしたのはゾルゲにとって歓迎すべき情報であった。
  7. ^ ゾルゲは尾崎秀実らの密告の情報の中身を分析し、10月から年末にかけて、日米開戦があるだろうとモスクワに報告した。ゾルゲの情報はかなり当っていたが、スターリンは彼の情報を余り信じていなかったようで、それをルーズベルトに知らせたという証拠は今のところない。また、彼の報告には日本の攻撃目標地点がどこかという情報は存在しない。
  8. ^ 日本側では海軍士官吉川猛夫を、森村正という名前でスパイとして送り込み必要な情報は送られていた。また、1939年の時点で広島文理科大学の大坪政吉に詳細な真珠湾の地形図を作らせている。
  9. ^ 桑港の諜報員は八幡丸の無線局長T・ハラダから日本商船暗号「辛」(海軍暗号書)を四万ドルで買った[19]
  10. ^ ロシュホートの「広範な航空作戦」については1941年??月22日の通信概要より、RG80,PHLO,BOX41,第二公文書館参照。著者のファイルにコピーがある。
  11. ^ 実際に真珠湾攻撃に参加した6隻の空母が所属していたのは第一航空艦隊である。
  12. ^ 9月の早い時期にシアトルの第13海軍区(COM13)司令官チャールズ・フリーマン少将は「敵の潜水艦の脅威」について言及、北太平洋とアラスカの偵察機の飛行を実施して、「奇襲を予防する」許可を海軍作戦部長のスターク大将に求めた。フリーマンに許可はなかった。RG187,COM13,Confidential通し番号121129,1941年9月17日付、シアトル国立公文書館参照。著者のファイルにコピーがある。
  13. ^ ロシュホートのハワイ方面へ先行する日本の潜水艦の追跡証言は1941年1月24日、25日、26日の通信概要日報参照。第二公文館。
  14. ^ 当時ハワイの通信情報班ステーションHにいたジャスパーホルムズ(後大佐)1979年の著書の内容。
  15. ^ アーサー・マッカラム少佐(Arthur H.McCollum)は海軍情報部極東班長。牧師の子として1898年、長崎で生まれる。1921年アナポリス海軍士官学校卒業生で、知日派であり日本語に堪能だったことから、少中尉時代(大正末期)に日本語の語学将校として日本に駐在し、以降情報部の任務に携わる。1904年から1941年は海軍情報部(ONI)極東班長の職にある。皇太子時代の昭和天皇ダンスを教えたことがある。知日派ではあっても親日派と言うことはなく、むしろ反日傾向がある(1970年米海軍協会のオーラル・ヒストリー事業の回想録)。

脚注 

[ヘルプ]
  1. ^ 「ルーズベルトは狂気の男」 フーバー元大統領が批判産経新聞2011年12月7日記事
  2. a b c 加瀬英明/ヘンリー・S・ストークス『なぜアメリカは、対日戦争を仕掛けたのか』祥伝社新書
  3. ^ 今野、pp.357 - 358
  4. a b c 今野、pp.363 - 364
  5. ^ 今野、p.365
  6. ^ Senate Clears 2 Pearl Harbor 'Scapegoats' ニューヨーク・タイムズ 1999年5月26日記事(英文)
  7. ^ 徳本、2009年
  8. a b c d e f 今野、P277 - 278、308 - 310
  9. ^ 今野、2001年、P176 - 178
  10. ^ 今野、2001年、P178 - p179
  11. ^ 今野、2001年、P188 - 189
  12. ^ 「機動部隊とソ連船遭遇説を検証する」(軍事史学会編『軍事史学』通巻106・107合併号、錦正社、1991年)。筆者は当時防衛研修所戦史室勤務。この内容については、今野勉の著書にも要約が紹介されている(同書P189 - 191)。
  13. ^ 今野、P212 - 213。ポポヴはドイツ側からマイクロドット英語版という微細な点で情報を印刷したフィルムを渡されていた。
  14. ^ 今野、P214 - 220。
  15. ^ 今野、P226 - 229。ドイツが真珠湾の情報を求めた理由として今野は、アメリカと開戦した場合のUボートによる攻撃のための情報収集ではないかと推定している。
  16. ^ 今野、P230。この内容は聴取翌日のニューヨーク・タイムス記事からの引用。「それは、全員に、その時点から、真珠湾爆撃のまさにそのときまで、絶対的な警戒態勢を敷かせるものだった。」と続くが、1941年11月26日の時点で「真珠湾を爆撃する」と知っていたと証言しているわけではない。
  17. ^ 今野、P271 - 276
  18. a b 秦郁彦陰謀史観』 新潮社、2012年、185頁。
  19. ^ 真珠湾の真実-欺瞞の日』[要ページ番号]
  20. ^ 秦郁彦陰謀史観』 新潮社、2012年、179頁。
  21. a b 秦郁彦陰謀史観』 新潮社、2012年、186、187。

参考文献 

関連項目 

外部リンク 

 

グーグル

 

グーグル   

ウィキペディアから、無料の百科事典

 

Google LLC
以前は
Google Inc.(1998–2017)
子会社
業界
  • インターネット
  • ソフトウェア
  • コンピューターハードウェア
設立 1998年9月4日。20年前メンロパークカリフォルニア州[1] [2]   
創設者
本部 1600アンフィシアターパークウェイ、  、 
提供エリア
世界的に
重要人物
製品情報 Googleの商品リスト
就業者数
85,050 [4]  (Q1 2018 
Alphabet Inc.(2015年 - 現在)
子会社 子会社の一覧
ウェブサイト google .com

Google LLC [5]は、オンライン広告技術検索エンジンクラウドコンピューティング、ソフトウェア、およびハードウェアを含むインターネット関連のサービスおよび製品を専門とするアメリカの多国籍テクノロジー企業です。

グーグルは1998年にラリーペイジセルゲイブリンによって創設されました。学生スタンフォード大学、カリフォルニア。彼らは合わせてその株式の約14%を所有し、株主の議決権の56%をスーパー投票により支配しています。彼らは、公募(IPO)は2004年8月19日に行われた、とGoogleは、カリフォルニア州マウンテンビューに本社に移動し、愛称9月4日、1998年に非公開企業としてGoogleを取り入れグーグルプレックスを。2015年8月に、GoogleAlphabet Inc.と呼ばれるコングロマリットとしてさまざまな利益を再編する計画を発表しましたGoogleは、Alphabetの大手子会社であり、これからもAlphabetのインターネット関連分野の包括的企業となります。Sundar Pichaiは、AlphabetのCEOになったLarry Pageに代わって、GoogleのCEOに任命されました。

会社設立以来の急成長は、グーグルのコアサーチエンジングーグルサーチ)を超えた一連の製品、買収、そしてパートナーシップを引き起こした。仕事と生産性(GoogleドキュメントGoogleシートGoogleスライド)、メール(Gmail / 受信トレイ)、スケジュールと時間管理(Googleカレンダー)、クラウドストレージ(Googleドライブ)、ソーシャルネットワーキングGoogle+)、インスタント向けに設計されたサービスを提供します。メッセージングとビデオチャットGoogle AlloDuoハングアウト)、言語翻訳(Google Translate))、マッピングとナビゲーション(GoogleマップWazeGoogle Earthストリートビュー)、ビデオ共有(YouTube)、メモ作成(Google Keep)、写真の整理と編集(Google Photos)。同社は、AndroidモバイルオペレーティングシステムGoogle Chrome Webブラウザ、およびChrome OSに基づく軽量オペレーティングシステムであるChrome OSの開発を主導しています。Googleはますますハードウェアに移行しました。2010年から2015年まで、Nexusの生産で大手エレクトロニクスメーカーと提携しました。 Google PixelスマートフォンGoogle HomeスマートスピーカーGoogle WifiメッシュワイヤレスルーターGoogle Daydreamバーチャルリアリティヘッドセットなど、複数のハードウェア製品が2016年10月に発売されました。グーグルはまた、インターネット通信事業者(グーグルファイバープロジェクトファイグーグルステーション)になることを実験した。[6]

Google.comは、世界で最も訪問されているWebサイトです。[7] YouTubeBloggerなど、他のいくつかのGoogleサービスも、最も訪問された上位100のWebサイトに含まれていますGoogleは2017年の時点で世界で最も価値のあるブランドです[8]が、プライバシーの懸念、租税回避、反トラスト、検閲、検索の中立性などの問題を含む重大な批判を受けています。Googleミッションステートメントは、「世界中の情報を体系化し、どこからでもアクセスできて使えるようにすること」であり、その非公式のスローガンは、フレーズが月2018周りの行動の会社のコードから除去されるまで、「邪悪なことはない」であった[9]      [10]

歴史 

Googleの最初のホームページはシンプルなデザインでした。創設者は、Webページのデザインに使用されるマークアップ言語であるHTMLの経験がほとんどなかったからです。[11]  

Googleがで研究プロジェクトとして、1996年1月に始まったラリー・ペイジセルゲイ・ブリン、彼らは両方の博士課程の学生だったときスタンフォード大学スタンフォード、カリフォルニア州[12]

従来の検索エンジンは、検索語がページに何回現れたかを数えることによって結果をランク付けしましたが、2つはウェブサイト間の関係を分析するより良いシステムについて理論化しました。[13]彼らは、この新技術と呼ばれるのPageRankを。Webページの関連性は、ページ数と、元のサイトにリンクしているページの重要によって決まります。[14] [15]

システムがサイトの重要性を推定するためにバックリンクをチェックしたので、PageとBrinはもともと彼らの新しい検索エンジンを「BackRub」と呼びました。[16] [17] [18]結局、彼らは名前をグーグルに変えた。検索エンジンの名前は、単語 " googol "のスペルミス、[ 1 ]の後ろに100個のゼロが続くことから始まりました。これは、検索エンジンが大量の情報を提供することを意図していることを意味するために選ばれました。[21]もともと、Googleスタンフォード大学のウェブサイト、google.stanford.edu [22]およびz.stanford.eduのドメイン運営されていました[23]

Googleドメイン名は1997年9月15日に登録され[24]、1998年9月4日に設立されました。それはカリフォルニア州メンロパークにある友人のガレージ(Susan Wojcicki [12])に基づいていました。スタンフォード大学の博士課程の仲間であるCraig Silversteinが最初の従業員として雇われました。[12] [25] [26]     

資金調達(1998年)および新規株式公開(2004年) 

Google初の本番サーバー。[27]

Googleは当初、Sun Microsystemsの共同創設者であるAndy Bechtolsheimから1998年8月に10万ドルの寄付を受けた。Googleが設立される前にお金が与えられました。[28] Googleは他の三つのからお金を受け取ったエンジェル投資家 1998年:Amazon.comの創業者ジェフ・ベゾススタンフォード大学コンピュータサイエンスの教授デビッド・チェリトン、および起業家ラムシュリラムを[29]        

初期の1999年から1998年の終わりまで、いくつかの追加、小さな投資した後、[29]は資金調達の新しい$ 25万ドルは1999年6月7日に発表された、[30]などの主要な投資家とベンチャーキャピタル会社クライナー・パーキンスセコイア・キャピタル[28]

1999年初頭、BrinとPageは、GoogleExciteに売却することを決定しました。彼らはExcite CEOのGeorge Bellに行き、それを100万ドルで売却することを申し出た。彼はその申し出を拒否した。Exciteのベンチャーキャピタリストの一人であるVinod Khoslaは、デュオを75万ドルにまで引き下げたが、Bellはそれを拒否した。[31]

Google新規公募IPO)は、ラリーペイジ、セルゲイ・ブリン氏、そして当時8月19日、2004年には、5年後に起こったエリック・シュミットは、今年2024年まで、20年間、グーグルで一緒に働くことに同意した[32]

IPOでは、同社は1株当たり85ドルの価格で19,605,052株を提供した。[33] [34]株式は、Morgan StanleyおよびCredit Suisseによって構築されたシステムを使用したオンラインオークション形式で売買され、取引の引受け人となった。[35] [36] 16億7000万ドルの売却により、グーグルの時価総額は230億ドルを超えた。[37] 2014年1月までに、時価総額は3,970億ドルに増加した。[38] 2.71億株式の大半では、Googleの管理下に残り、多くのGoogleの従業員は、インスタント紙億万長者になりました。Yahoo!IPOが行われる前に、それがグーグルの840万株を所有していたので、グーグルの競争相手である、も同じく利益を得た。[39]

グーグルのIPOが企業文化の変化につながるという懸念がありました。理由は、従業員給付額の削減に対する株主の圧力から、多くの企業幹部がインスタント紙の億万長者になるという事実にまで及びました。[40]この懸念への回答として、共同創設者のBrinとPageは潜在的投資家への報告書で、IPOは会社の文化を変えないと約束した。[41] 2005年に、The New York Times [42]および他の情報源の記事が、グーグルが反企業理念を失ったことを示唆し始めた、悪の哲学ではない。[43] [44] [45] 同社の独自の文化を維持するために、グーグルは人事部長を務める最高文化責任者を任命した。チーフカルチャーオフィサーの目的は、文化を発展させ維持し、会社が設立された中核的価値観を忠実に守るための方法に取り組むことです:共同環境を持つ平らな組織。[46] Googleはまた、疑惑に直面している性差別年齢による差別を元従業員から。[47] [48] 2013年に、グーグルを含むいくつかのシリコンバレー企業に対する集団訴訟がハイテク従業員の採用を控えた「ノーコールドコール」契約の申し立てに対して提起された。[49]  

IPO後の株価は好調で、2007年10月31日にはじめて株価が350ドルに達した[50]。これは主に、オンライン広告市場における好調な売上と収益のためです。[51]大規模な機関投資家投資信託とは対照的に、株価の急上昇は主に個人投資家によって促進された。[51] GOOG株は、GOOG クラスC株とGOOGL クラスA株に分割されている。[52]同社はNASDAQ証券取引所でGOOGLとGOOGのティッカーシンボルで、そしてフランクフルト証券取引所に上場している。ティッカーシンボルGGQ1の下。これらのティッカーシンボルは現在、2015年第4四半期以降、Google持ち株会社であるAlphabet Inc.を指しています。[53] 

成長 

1999年3月に、同社はに事務所を移し、カリフォルニア州パロアルト[54] 、いくつかの著名に家であるシリコンバレーの技術の新興企業。[55]翌年、グーグルは、検索キーワードに関連した広告を、ページおよびブリンが広告資金を基にした検索エンジンに反対したことに反対して販売し始めた。[56] [12]整理されたページデザインを維持するために、広告はもっぱらテキストベースでした。[57]

このキーワード広告販売モデルは、Bill GrossによるIdealabのスピンオフ企業であるGoto.comによって最初に開発されました。[58] [59]同社が名前をOverture Servicesに変更したとき、同社は同社のクリック課金および特許権の侵害の疑いでグーグルを訴えた。Overture Servicesは後にYahooによって買収されるでしょう。そしてYahoo!に改名 マーケティングを検索します。その後、事件は法廷で解決された。グーグルはヤフーに普通株式を発行することに合意した。永久ライセンスと引き換えに。[60]     

2001年に、GooglePageRankカニズムの特許を取得しました。[61]特許は正式にスタンフォード大学に譲渡され、発明者としてLawrence Pageが挙げられている。2003年には、他の2か所の事業所を拡大した後、カリフォルニア州マウンテンビューの 1600 Amphitheater ParkwayにあるSilicon Graphicsのオフィス複合施設をリースしました。[62]複合体はとして知られるようになったグーグル、ワード遊びグーゴルプレックス、グーゴルゼロが続くナンバーワン。グーグルのインテリアはによって設計されたクライブ・ウィルキンソンアーキテクツ。3年後、GoogleSGIからこの物件を3億1900万ドルで購入しました。[63]       その頃までには、 "Google"という名前が日常語に入り、 " google " という動詞がMerriam-Webster Collegiate DictionaryOxford English Dictionaryに追加されていました。インターネットで情報を入手する "#:。[64] [65]ポップカルチャーの動詞としての "Google"の最初の使用は、2002年にTVシリーズBuffy the Vampire Slayerで行われた。[66]

2005年、Washington Postは、大企業が広告戦略を新聞、雑誌、テレビからインターネットに移行させたことにより、Googleの第3四半期の利益が700%増加したと報告しました。[67] 2008年1月、GoogleMapReduceソフトウェアコンポーネントを通過したすべてのデータは、1日当たり20 ペタバイトの合計サイズを持っていました。[68] [69] [70] 2009年、2009年のトップ政治検索に関するCNNの報告によると、「10億を超える検索」がGoogleに毎日入力されています。[71]2011年5月に、Googleへの毎月のユニークビジター数は初めて10億を超え、2010年5月(931百万)から8.4パーセント増加しました。[72]

2012年は、Googleが年間売上高で500億ドルを生み出し、前年度は380億ドルを生み出した初めての年です。2013年1月、当時のCEOであるLarry Pageは次のようにコメントしています。「2012年は堅調な四半期で...収益は前年同期比で36%増、四半期比で8%増でした。去年はじめてのことだ - たった10年半で悪い成果ではなかった」[73]

2018年11月、グーグルはニューヨーク市のオフィスを12,000人の従業員に拡張する計画を発表した。[74]

グーグルはハイデラバードの本社を含むインドに合計4つのオフィスを持ち、Bandra Kurla Complexの First International Finance Centerに1平方フィートを超えるオフィススペースをリースしている。[75]

2013年以降 

2013年から2015年までのGoogleのロゴ
2015年のGoogleホームページのスクリーンショット

Googleは、2013年9月19日にApple社のArthur Levinson会長が率いるCalicoという新会社の立ち上げを発表しました。公式の公の声明の中で、Pageは「健康と幸福」の会社は「老化とそれに伴う病気の挑戦」に焦点を当てるだろうと説明した。[76]   

Googleは2013年9月27日にその15周年を迎え、そして2016年に、それはそのロゴ(「のアニメーション版とその18歳の誕生日を迎えたGoogleの落書き」)、[77]それはその公式の誕生日のために他の日付を使用しているが。[78] 9月27日の選択の理由は依然として不明であり、競合他社の検索エンジンYahoo!との論争が続いている。原因として2005年の検索が提案されています。[79] [80]

手頃な価格のインターネットのためアライアンス(A4AI)は2013年10月に発売されました。グーグルは、フェイスブックインテルマイクロソフトを含む公的組織と民間組織の連合の一部です。率いるサー・ティム・バーナーズ=リー、A4AIは、人々の唯一の31%がオンラインである場合は、アクセスが発展途上国に拡大されるように、インターネットへのアクセスがより手頃な価格で提供することを目指しています。グーグルは、インターネットアクセスの値下げを手助けし、国連ブロードバンド委員会の世界目標である月収の5%を下回るようにする。[81]

2013年第3四半期の同社の連結売上高は、2013年10月中旬に148億9000万ドルと報告され、前四半期と比べて12パーセント増加しました。[82]グーグルのインターネット事業はこのうちの108億ドルを占めており、ユーザーによる広告クリック数の増加があった。[83]

よると、インターブランドの年間ベスト・グローバル・ブランドのレポート、Googleは(背後にある世界で二番目に最も価値の高いブランドとなっているアップル社 2013年)、[84] 2014、[85] 2015、[86]の評価で、2016年1,330億ドル。[87]

2015年9月、Googleのエンジニアリングマネージャ、Rachel PotvinがエンジニアリングカンファレンスでGoogleのソフトウェアコードに関する詳細を明らかにしました。彼女は、それが開発するあらゆる単一サービスに及ぶGoogleコードベース全体が20億行を超えるコードで構成されていることを明らかにしました。これらすべてのコードは、25,000人のGoogleエンジニア全員が利用できるコードリポジトリに格納されており、コードは10のGoogleデータセンターに定期的にコピーされて更新されます。管理を続けるために、Potvinは、Googleが独自の「バージョン管理システム」「Piper」を構築し、「新しいプロジェクトを始めるときには、すでにたくさんのライブラリを利用できるようになっている」と語った。 「エンジニアは1つのコードを変更して、それをすべてのサービスに同時に展開できます。唯一の大きな例外は、PageRank検索結果のアルゴリズムが特定の従業員のアクセス権だけで別々に保存されていること、そしてAndroidオペレーティングシステムGoogle Chromeブラウザのコードもインターネット上では実行されないため別々に保存されることです。「パイパー」システムは85にわたります データのTBGoogleのエンジニアは毎日25,000のコードを変更し、毎週25万のファイルにわたって約1500万行のコードを変更しています。それだけのコードで、自動化されたボットは助けなければなりません。Potvin氏は、「コードの健全性を維持するためには協調的な努力を払う必要があります。これは人間だけでなくコードの健全性も維持することです。」ボットはコードを書いているのではありません。 「リポジトリのサイズが大きくなるだけでなく、変化の速度も上がっています」と同社のソフトウェアを実行します。これは指数関数的な曲線です。」[88] [89]

2016年10月現在、Googleは40カ国以上で70のオフィスを運営しています。[90] アレクサ、商用のWebトラフィックを監視会社は、世界で最も訪問されたウェブサイトとして、Google.comを示しています。[7]いくつかの他のGoogleサービスもYouTubeなど、トップ100の最も訪問されたウェブサイトに把握[91]Blogger[92]

買収とパートナーシップ 

2000〜2009 

2001年には、Googleが買収デジャニュース、からの材料の大きなアーカイブのオペレータのUsenetを[93] [94]グーグルはアーカイブグーグルグループとして再ブランド化し、そして年末までに、それは1981年まで歴史を拡大していた。[95] [96]

2003年4月に、グーグルはオンライン広告スペースのためのソフトウェアアプリケーションを作ることを専門とする会社、Applied Semanticsを買収した。[97] [98] AdSenseの応用意味が開発したコンテンツターゲット広告技術は、Googleの広告の努力に採用されました。[99][96]

2004年に、GoogleKeyhole、Incを買収しました。[100] Keyholeの同名製品は後にGoogle Earthに改名された。

2005年4月、GoogleUrchin on Demand製品を使って(Adaptive PathのMeasure Mapのアイデアを使用して)Urchin Softwareを買収し、2006年にGoogle Analyticsを作成しました

2006年10月、グーグルはビデオ共有サイトYouTubeをグーグル株で16億5000万ドルで買収したと発表し[101] [102]、2006年11月13日に取引が完了した[103] [104]。

2007年4月13日、GoogleDoubleClickを31億ドルで買収することに合意し、DoubleClickがWebパブリッシャおよび広告代理店と結んだ貴重な関係をGoogleに移管した。[105] 契約は、競合他社が提起した反トラストの懸念にもかかわらず、承認されたマイクロソフトAT&T[106]

グーグルが購入した多くの会社に加えて、同社は研究、広告、および他の活動のために他の組織と提携しました。2005年、GoogleNASAAmes Research Centerと提携して、93,000 m 2の面積のオフィスを建設しました。[107]

2005年、GoogleAOL [108]と提携し、互いのビデオ検索サービスを強化しました。2006年、GoogleFox Interactive Media of News Corporationは、当時人気のソーシャルネットワーキングサイトMySpaceで検索と広告を提供するために9億ドルの契約を締結しました。[109]

2007年、GoogleNORAD Tracks Santaのスポンサーを開始し、元スポンサーのAOLを退任させました。NORADはサンタが続くと主張するトラックサンタクロースの「進捗クリスマスイブに[110]初めて3-Dで『サンタを追跡する』ためにグーグルアースを使って。[111] [112]

2008年、GoogleGeoEyeと提携してGoogleGoogle Earth向けの高解像度(0.41 mモノクロ、1.65 mカラー)画像を提供する衛星を打ち上げました。衛星が打ち上げられたからヴァンデンバーグ空軍基地 9月6日、2008年[113]グーグルはまた、アーカイブホストしていたことを2008年に発表されたライフマガジン "の写真を。[114] [115]

2010年 - 現在 

2010年、Google Energy再生可能エネルギープロジェクトへの最初の投資を行い、ノースダコタ州の 2つの風力発電所に3,880万ドルを投入しました。同社は2か所で559戸の住宅に供給するのに十分な169.5メガワットの電力を生産すると発表した。NextEra Energy Resourcesによって開発された農場は、この地域での化石燃料の使用を減らし、利益を生み出すでしょう。NextEra Energy Resourcesは、Googleがその開発のための資金を得るために、このプロジェクトの20%の株式を売却した。[116] 2010年2月には、連邦エネルギー規制委員会 FERCは、Googleに市場金利でエネルギーを売買する権限を付与されました。[117]     この命令は、Googleの子会社であるGoogle Energyが「市場ベースの料金でエネルギー、容量、および付随サービスを販売する」権利を保持することを明確に述べていますが、Google Energyもその関連会社もいかなる世代も所有または管理していないことを認めていますまたは送信」施設。[118]それが未構築された240メガワットハッピーヘレフォード風力発電によって生成されたすべての電気を購入すると発表したとき、会社は2013年9月にこの許可を行使しました。[119]

また、2010年に、Google はWebベースの電話会議およびその他の関連サービスを提供するノルウェーを拠点とする会社であるGlobal IP Solutionsを買収しました。この買収により、グーグルは電話スタイルのサービスを自社の製品リストに追加することができた。[120] 2010年5月27日、Googleモバイル広告ネットワークAdMobの買収も終了したと発表した。これは、連邦取引委員会が購入に関する調査を終了した数日後に発生しました。[121]グーグルはその会社を非公開で買収した。[122] 2010年7月に、Googleは20年のためのエネルギーの114メガワットを購入するアイオワ州風力発電所との契約を締結しました。[123]       

2011年4月4日、The Globe and Mailは、グーグルがNortel Networksの 6000 件の特許に9億ドルを入札したと報じた。[124]

2011年8月15日、グーグルはモトローラモビリティを米国およびヨーロッパの規制当局の承認を得て125億ドルで買収すると発表した今までで最大の買収を行った[125] [126]。グーグルのブログへの投稿で、グーグル最高経営責任者と共同創設者のラリーペイジは、買収がグーグルの特許ポートフォリオを強化するための戦略的な動きであることを明らかにした。AppleMicrosoftがHTC、SamsungMotorolaなどのAndroidバイスメーカーを訴えたため、同社のAndroidオペレーティングシステムは業界全体での特許争いに巻き込まれた。[127]合併は、中国の承認後、2012年5月22日に完了した。[128]

この購入は、Googleが携帯電話や無線技術にモトローラのかなりの特許ポートフォリオを得るのを助けるために他の企業との継続的な特許紛争でグーグルを保護するために、一部で行われました[129]主にアップルマイクロソフト[127]とし、それを許可します自由にAndroidを提供し続けます。[130]は買収を閉じた後、GoogleGoogleの戦略に合わせて、モトローラの事業の再構築を開始しました。2012年8月13日、Googleは4000人のMotorola Mobility従業員を解雇する計画を発表しました。[131] 2012年12月10日、GoogleMotorola Mobilityの製造事業を7,500万ドルでFlextronicsに売却した。[132]契約の一環として、フレクストロニクスは非公開Androidや他のモバイルデバイスを製造するであろう。[133] 2012年12月19日、グーグルはモトローラモビリティのモトローラホーム事業部門を現金および株式取引で23億5000万ドルでアリスグループに売却した。この取引の一環として、GoogleはArris Groupの15.7%の株式を3億ドルで取得しました。[134] [135]

2013年6月、GoogleWazeを9億6,600万ドルで買収しました。[136]のWazeは独立したエンティティ残るだろうが、このようにそのクラウドソーシング場所プラットフォームとしての社会的機能は、Wazeのとの間で伝えられる貴重な統合したGoogleマップGoogleの独自のマッピングサービス。[137]

Googleとその子会社であるDeep Mindが英国ロンドンの6 Pancras Squareにある建物の入り口。

2014年1月26日、Googleロンドンの非公開人工知能会社DeepMind Technologiesの買収に合意したと発表しましたDeepMindは、汎用学習アルゴリズムを構築するために、機械学習とシステム神経科学から得られる最善の技術を組み合わせることができると自称しています。DeepMindの最初の商用アプリケーションは、シミュレーション、Eコマース、およびゲームで使用されました。2013年12月現在、DeepMindの従業員数は約75人と報告されています。[138]テクノロジーニュースウェブサイトRecodeは、情報がどこから来たのかは明らかにされていないが、同社は4億ドルで購入されたと報じた。グーグルのスポークスマンは価格についてコメントしないだろう。[139][140]DeepMindの購入は、人工知能とロボット工学の分野におけるグーグルの最近の成長を助けます。[141]

2014年1月29日、GoogleMotorola Mobilityを29億1000万ドルでLenovoに売却すると発表した。これは、同社が同社を買収するためにGoogleが支払った当初の125億ドルの額の一部である。グーグルはモトローラの2000件を超える特許をすべて保有し、クロスライセンス契約を結んだ。[142]

2017年9月21日、HTCは「協力協定」を発表しました。この協定では、スマートフォンの才能とともに特定の知的財産に対する非独占的権利を11億ドルでGoogleに売却する予定です。[143][144] [145]

2017年12月6日、グーグルはインドへの最初の投資を行い、ハイパーローカルのコンシェルジュおよびデリバリープレーヤーDunzoへの重要な少数株主持分を獲得しました。[146] BenguluruベースのスタートアップがGoogleのシリーズBの資金調達ラウンドで$ 12万ドルの投資を受けました。[147]

2018年3月29日、GoogleはシリーズCの資金調達ラウンドでオンラインからオフラインへのファッションEコマースのスタートアップFyndに進出しました。[148]これは、未公開の量とインドの二直接投資でした。[149] [150]このようにして、グーグルはまた、インドの高頻度の超局所的取引、ならびにヘルスケア、金融サービス、および教育分野におけるエコシステムの構築を目指している。

2018年8月23日、グーグルは政治的動機のあるフィッシングへの関与のために39のYouTubeアカウント、13のGoogle+アカウントおよび6つのBlogger上のブログを削除し、削除されたアカウントはイスラム共和国イラン放送(IRIB)と結びついていることがわかった。[151] [152] [153]

Googleデータセンター 

Googleデータセンターは、南北アメリカ、アジア、ヨーロッパにあります。[154]

伝統的に、Googleはクエリあたりのコストを低く抑えるために、家庭用PC [156]に似た主流のx86コンピュータのようなコモディティハードウェア[155]上の並列コンピューティングに頼っていました。[157] 2005年には、それだけで2009年に明らかにされた独自のデザインを、開発に着手[157]    

2013年10月、Washington Postは、米国国家安全保障局MUSCULARというプログラムの一環として、Googleのデータセンター間の通信を傍受したと報じた[158] [159]この盗聴は、グーグルが自身のネットワーク内を通過するデータを暗号化しなかったために可能となった。[160]Googleが2013年にデータセンター間で送信されるデータを暗号化し始めた[161]

Googleの最も効率的なデータセンターは、外気冷却のみを使用して35°C(95°F)で稼働し、電動の空調は不要です。サーバーは非常に熱くなっているため、人間は長期間その近くに行くことができません。[162]

2011年8月の報告によると、Googleはエネルギー使用量に基づいて、データセンターに約90万台のサーバーを設置しています。このレポートには、「Googleはデータセンターで稼働しているサーバーの数を決して表示しない」と記載されています。[163]

2016年12月、Googleは2017年以降、すべてのデータセンターとすべてのオフィスに100%の再生可能エネルギーから電力を供給することを発表しました。このコミットメントにより、Googleは「世界最大の再生可能エネルギーの購入者となり、コミットメントは2.6ギガワット(2,600メガワット)の風力と太陽エネルギーに達する」となります。グーグルはまた、それを最終目標として数えないと述べた。「1日24時間は風が吹かないので、毎日1時間に1回、再生可能エネルギーを使用できるさまざまなエネルギー源に購入を拡大します」と述べています。加えて、このプロジェクトは、購入の約束が「世界全体で35億ドル以上のインフラ投資をもたらす」であろうと同時に、「地域社会を支援する」ことになるでしょう。[164] [165] [166]

アルファベット 

2015年8月10日、グーグルはさまざまな利益をアルファベットと呼ばれる複合企業として再編する計画を発表しました。Googleは、Alphabetの大手子会社となり、これからもAlphabetのインターネット関連分野の包括的企業となるでしょう。再編が完了すると、Sundar PichaiGoogleのCEOになり、Larry PageがAlphabetのCEOになりました。[167] [168] [169]      

2017年9月1日、Google Inc.は、XXVI Holdings Inc.の完全子会社として、有限責任会社 Google LLC として再編の計画を発表しました。Google LLCおよび他の賭けを含む他の子会社。[170]

製品とサービス 

広告 

Google on ad-tech London、2010年

2017年のアニュアルレポートによると、Googleは収益の大部分を広告から得ています。これには、アプリの販売、アプリ内での購入、GoogleおよびYouTubeでのデジタルコンテンツ製品、Google Cloud製品のために受け取った料金を含む、Androidおよびライセンスおよびサービス料金が含まれます。このうち46%がクリックによるもので、2017年のクリック単価は109,652百万米ドルです。これには、AdMobAdSense(コンテンツ向けAdSense、検索向けAdSenseなど)、DoubleClick AdExchangeの3つの主な方法が含まれます。[171]

2006年度の同社の 広告収入総額は104 億9,200  万ドル、ライセンス収入およびその他の収入はわずか1 億1,200万ドルでした。[172] 2011年、グーグルの収益の96%がその広告プログラムから得られた。[173]検索要求を理解するための独自のアルゴリズムに加えて、GoogleDoubleClick社の技術を使用して、ユーザーの関心を予測し、広告を検索コンテキストとユーザー履歴にターゲティングします。[174] [175]

2007年に、グーグルは新興モバイル広告市場を利用して「モバイル向けAdSense」を立ち上げました。[176]

Google Analyticsを使用すると、ウェブサイトの所有者は、たとえばページ上のすべてのリンクのクリック率を調べることによって、ユーザーがウェブサイトをどこでどのように使用しているかを追跡できます。[177] Googleの広告は2部構成のプログラムで第三者のWebサイトに掲載することができます。Googleアドワーズ広告では、クリック単価制で広告主様がGoogleコンテンツネットワークに広告を表示することができます。[178]姉妹サービス、GoogleAdSenseは、ウェブサイトの所有者が自分のウェブサイト上でこれらの広告を表示し、広告がクリックされたたびにお金を稼ぐことができます。[179]

このプログラムに対する批判の1つは、クリック詐欺の可能性です。これは、人または自動化されたスクリプトが製品に興味を持たずに広告をクリックし、広告主に過度にGoogleにお金を支払わせるときに発生します。2006年の業界レポートによると、クリックの約14〜20%が不正または無効であるとのことです。[180]

2003年2月に、グーグルは、クルーズ船の下水処理の大規模な慣行に抗議している非営利団体であるオセアナの宣伝を中止しました。グーグルはその時にその編集方針を引用して、「広告またはサイトが他の個人、グループまたは組織に対して支持するならばグーグルは広告を受け入れない」と述べた。[181] 2008年6月に、グーグルはヤフーと広告契約を結びました。WebページにGoogleの広告を掲載する。両社間の提携は、米国司法省による独占禁止法上の懸念から、完全には実現されませんでした。その結果、グーグルは2008年11月に取引を中止した。[182] [183]   

2016年7月、GoogleFlashベースの広告をすべてHTML5に置き換えることを拒否し始めました。Googleの計画は、2017年1月2日から「100%HTML 5」に移行することでした。[184]

検索エンジン 

2016年12月2日現在のGoogle検索ホームページ

2009年11月のcomScore市場調査によると、Google Searchは米国市場で最も人気のある検索エンジンで、65.6%の市場シェアを誇っています。[185]グーグルは何十億ものウェブページを索引付けして、ユーザーがキーワードと演算子の使用を通して彼らが望む情報を検索することを可能にする。[186]

2003年、ニューヨークタイムズ紙はグーグルのサイトへのコンテンツのキャッシングがグーグルのコンテンツの著作権を侵害していると主張し、グーグルの索引付けについて不満を述べた。[187] フィールド対グーグルパーカー対グーグルの両方において、ネバダ州連邦地方裁判所はグーグルを支持する判決を下した。[188] [189]出版物2600:The Hacker Quarterlyが、Googleの新しいインスタント検索機能では検索できない単語のリストをまとめました。[190]         

GoogleGoogleブックスもホストしています。同社は本のスキャンと限定プレビューのアップロードを開始し、フルブックも許可された。作家協会、8000本の米国の作者を表しグループは、このサービスを介して、2005年にGoogleのに対して、ニューヨークの連邦裁判所に集団訴訟を提起しました。Googleは、書籍に関する著作権法の既存および過去のすべての適用に準拠していると回答しました。[191]グーグルは2009年に最終的にスキャンを米国、英国、オーストラリア、カナダからの本に限定するために改定された和解に達した。[192]さらに、パリ民事裁判所は、(ラ・マルティニの作品を削除するには、それを求めて、2009年後半にGoogleの不利な判決を下しエディションデュSEUILをそのデータベースから。[193] Amazon.comとの競争で、Googleは新しい本のデジタル版を販売しています。[194]

2010年7月21日に、Bingに対応して、グーグルはイメージ検索を更新して、指摘された時に拡大するサムネイルのストリーミングシーケンスを表示するようにした。Web検索は依然としてページあたりのバッチ形式で表示されますが、2010年7月23日に、Web検索のリンク結果の上に特定の英語の単語の辞書定義が表示され始めました。[195]

Google検索エンジンに対する "Hummingbird"の更新は2013年9月に発表されました。この更新は発表の1か月前に導入され、検索ボックスにキーワードを入力するのではなく検索エンジン自然言語で質問することができます。[196]

2016年8月、Googleはモバイル検索結果に2つの大きな変更を加えたことを発表しました。最初の変更は、モバイル検索結果ページから読みやすいページを強調表示した「モバイル向け」ラベルを削除します。2番目の変更では、2017年1月10日に開始した同社は、ユーザーが最初にページを開いたときに侵入型のインタースティシャル広告を表示するモバイルページを罰する予定です。このようなページは、Googleの検索結果でもランクが低くなります。[197]

2017年5月、GoogleGoogle検索の新しい[個人用]タブを有効にし、ユーザーがGmailのメールやGoogleフォトの写真など、Googleアカウントのさまざまなサービスでコンテンツを検索できるようにしました。[198] [199]

エンタープライズサービス 

G Suiteは、組織や企業がGmailGoogle DriveGoogle DocsGoogle SheetsGoogle SlidesなどのGoogleのサービスにアクセスするための月額購読サービスです。追加の管理ツール、固有のドメイン名、24時間年中無休のサポート。[200]

Google Search Applianceは2002年2月に開始され、大規模組織向けの検索テクノロジの提供を目的としています。[12] Googleは3年後にMiniを発売しました。2006年後半、GoogleはCustom Search Business Editionの販売を開始し、Google.comのインデックスに広告なしのウィンドウを表示しました。このサービスは、2008年にGoogle Site Searchに名前が変更されました。[201] 2017年3月下旬にSite Searchの顧客には、2017年4月1日以降にSite Searchの新しいライセンスは販売されないと通知されました。既存の使用許諾契約の期間 [202] [203]

2016年3月15日、GoogleGoogle Analytics 360 Suiteを発表しました。これは、Google Cloud Platform上のBigQueryと統合できる「エンタープライズクラスのマーケティング担当者のニーズに合わせて設計された、統合されたデータおよびマーケティング分析製品のセット」です。とりわけ、このスイートは、「エンタープライズクラスのマーケティング担当者」、「完全なカスタマージャーニー」の閲覧、「有用な洞察」の生成、および「適切な人々への魅力的な体験の提供」を目的として設計されています。[204]のジャック・マーシャルウォール・ストリート・ジャーナルは、スイートを含む企業が既存のマーケティングクラウド製品と競合することを書いたアドビオラクルSalesforceの [205]

ビジネスインキュベーター 

2012年9月24日には、[206] Googleが立ち上げた起業家のためのGoogleに、主に非営利インキュベーターと新興提供するコワーキングスペース、ワークショップ、会議、およびmentorshipsを含むこと創設者を起動するために支援を受けて、キャンパスとして知られているが。[207]現在、7つのキャンパスの場所があり、ベルリンロンドンマドリードソウルサンパウロテルアビブ、およびワルシャワ

消費者サービス 

Webベースのサービス 

Googleが提供していますGmailの、および新しい変種受信トレイを[208]のための電子メール[209] Googleカレンダー時間管理とスケジューリングのために、[210] Googleマップマッピング、ナビゲーションとのための衛星画像[211]Googleドライブのためのクラウドストレージのファイル、[212] Googleドキュメントシートスライドの生産のために、[212] Googleフォトフォトストレージと共有のため、[213] Googleがキープのためのノート取り[214] Google言語翻訳、 [215] YouTubeビデオの閲覧と共有、 [216]Google+ Allo Duoのソーシャルインタラクション。[217] [218] [219]

ソフトウェア 

Googleが開発のAndroid モバイルオペレーティングシステムを[220]だけでなく、そのスマートウォッチ[221] テレビ[222] [223]、物事のインターネットは -enabled スマートデバイスのバリエーションを。[224]

また、Google Chromeウェブブラウザ[225]Chrome OSChromeベースのオペレーティングシステムも開発しています[226]

ハードウェア 

2010年1月に、GoogleNexus Oneという独自のブランド「Nexus」の下で最初のAndroid携帯をリリースしました。[227]それは2016年のその最終的な中止まで「Nexus」ブランドの下で多くの携帯電話とタブレットを生み出し[228]Pixelと呼ばれる新しいブランドに置き換えられました。[229]

2011年には、Chromebookのは、実行中の「コンピューターの新しい種類」と説明し、導入されたクロームのOSを[230]

2013年7月、GoogleChromecastドングルを発表しました。これにより、ユーザーは自分のスマートフォンからテレビにコンテンツをストリーミングできます。[231] [232]

2014年6月に、GoogleGoogle Cardboardを発表しました。これは、バーチャルリアリティVR)メディアを表示するために、ユーザーが自分のスマートフォンを特別な正面コンパートメントに配置できるようにするシンプルな段ボールビューアです。[233] [234]

2016年4月、Recodeによると、GoogleMotorola Mobilityの元社長であるRick OsterlohをGoogleの新しいハードウェア部門に統括するために雇ったという。[235] 2016年10月には、Osterlohは、「私たちがやりたいの技術革新の多くは今、エンド・ツー・エンドユーザーエクスペリエンスの制御が必要な終わる」と述べた[229]Googleは、いくつかのハードウェア・プラットフォームを発表しました:

インターネットサービス 

2010年2月、GoogleGoogle Fiberプロジェクトを発表しました。実験的な計画で、1つ以上のアメリカの都市で5万人から50万人の顧客向けの超高速ブロードバンドネットワークを構築する計画です。[240] [241] Alphabet Inc.を親会社にするためのGoogleの企業再編の結果、Google FiberはAlphabetのアクセス部門に移動しました。[242] [243]

2015年4月、Googleは、シームレスな接続と高速インターネット信号を可能にするために、Wi-Fiとさまざまな電気通信プロバイダーの携帯電話ネットワークを組み合わせたモバイル仮想ネットワーク事業者のProject Fiを発表しました。[244] [245] [246]

2016年9月に、グーグルはインドの鉄道駅での公衆Wi-Fiのためのプロジェクトであるグーグルステーション構想を始めました。Googleの次の10億人のユーザー担当副社長のCaesar SenguptaはThe Vergeに対し、Google Stationのおかげで1万5000人が初めてオンラインになり、毎月350万人がこのサービスを利用していると語った。その拡大は、グーグルが「高品質で、安全で、簡単にアクセスできるWi-Fi」を約束するイニシアチブをさらに発展させるために世界中のパートナーを探していたことを意味した。[247] 12月までに、Google Stationは100の鉄道駅に展開されていた[248]。そして2月に、Googleは鉄道の駅を超えて拡大する意向を発表し[249] [250]

2018年10月の時点でオレンジはグーグルと提携して、より速いスピードでアメリカとフランスの間でデータを共有するための大西洋横断海底ケーブルを作成しました。2020年に運用を開始する予定で、ケーブルは「1秒あたり30テラビットを超える、[ファイバ]ペアあたり」の速度で情報を転送するとされています。ケーブルの長さは約6600 キロメートルです。[251]

その他の商品 

Google は2002年にGoogleニュースサービスを開始しました。これはさまざまなWebサイトからのニュース記事を要約する自動サービスです。[252] 2005年3月、Agence France Presse(AFP)は、コロンビア特別区の連邦裁判所における著作権侵害でグーグルを訴えた。これはグーグルがAFP記事全文のライセンスを含む条約の中で非公開の金額を解決した訴訟である。 Googleニュースで使用します。[253]

2011年5月、Googleはワイヤレス決済用のモバイルアプリケーションであるGoogle Walletを発表しました[254]

2013年、GoogleGoogle Shopping Expressを開始しました。これは当初サンフランシスコとシリコンバレーでのみ利用可能な配信サービスです。[255]

Google Alertsは、検索エンジン会社Googleが提供するコンテンツ変更検出および通知サービスです。このサービスは、Webページ、新聞記事、ブログなど、ユーザーの検索語句に一致する新しい結果が見つかると、そのユーザーにEメールを送信します。[256] [257] [258]    

2015年7月、Googleは、畳み込みニューラルネットワークを使用してサイケデリックな画像を作成できる画像認識ソフトウェア、DeepDreamをリリースしました[259] [260] [261]    

Googleは2017年3月にFamily Linkサービスを導入し、保護者が13歳未満の子供向けにAndroid NougatベースのAndroidバイスを購入し、アプリを介してGoogleアカウントを作成し、保護されたデバイスを制御しながらデバイスの使用時間を監視します。そして、デバイスをリモートでロックする「就寝前」機能を設定します。[262] [263] [264]

2017年4月に、Googleはユーザーの絵を認識し、プロのアーティストが作成した関連するストック画像で落書きを置き換えるために人工知能機械学習を使ったWebベースのツールAutoDrawを発表しました。[265] [266] [267]このツールは、アルゴリズムが20秒以内に認識される描画オブジェクトをユーザーに課した、GoogleのCreative Labの実験的ゲームであるQuickDrawと同じ技術を使用して構築されています。[268]     

2017年5月、Googleはいくつかのサービスに「Family Groups」を追加しました。ユーザーが家族の個々のGoogleアカウントで構成されるグループを作成できる機能により、Googleフォトの共有アルバム、Google Keepの共有メモ、およびGoogleカレンダーの一般的な予定の共同作業者として自分の「家族グループ」を追加できます。発表時には、機能はオーストラリア、ブラジル、カナダ、フランス、ドイツ、アイルランド、イタリア、日本、メキシコ、ニュージーランド、ロシア、スペイン、イギリス、およびアメリカ合衆国に限定されています。[269] [270]

API 

Google APIは、Googleサービスとの通信および他のサービスへの統合を可能にする、Googleが開発した一連のアプリケーションプログラミングインターフェイスAPI)です。これらの例としては、検索、Gmail、翻訳、またはGoogleマップがあります。サードパーティのアプリはこれらのAPIを使用して、既存のサービスの機能を利用したり拡張したりできます。 

他のウェブサイト 

Google Developersは、ソフトウェア開発ツール、API、および技術リソースに関するGoogleのサイトです。このサイトには、Googleの開発者向け製品を使用している開発者向けのディスカッショングループやブログなど、Googleの開発者向けツールおよびAPIの使用に関するドキュメントが含まれています。

Google Labsは、新しいプロジェクトのデモンストレーションとテストのためにGoogleによって作成されたページです。

Googleは、Googleのネットワーク内の一部のサーバーで使用されているトップレベルドメイン1e100.netを所有しています。この名前は、1 googol1E100 = 1×10 100の科学的E表記表現への参照です。[271] 

2017年3月、GoogleGoogle Open Sourceプロジェクトに関する社内文書を公開するための新しいWebサイトopensource.google.comを立ち上げました。[272] [273]

2017年6月、グーグルは3、000年の世界的なファッションの検索可能なアーカイブ「We Wear Culture」を立ち上げました。このアーカイブは、Googleと180以上の美術館、学校、ファッション研究所、その他の団体とのコラボレーションの成果であり、特定のファッショントピックとそれらが社会に与える影響をまとめた展示品も提供しています。[274] [275]

企業情勢と文化 

当時のCEO、2008年に共同創設者のSergey BrinLarry Page(左から右へ)を務めたGoogle Eric Sc​​hmidtの会長。  
 

上のフォーチュンのために働くための最良の企業の雑誌のリスト、Googleは、2007、2008および2012で1位[276] [277] [278]と2009年と2010年の第四[279] [280]グーグルはまた、2010年にノミネートされましたUniversum Communicationsの才能アトラクションインデックスの卒業生にとって、世界で最も魅力的な雇用主であること。[281]グーグルの企業理念には、「あなたは悪をすることなくお金を稼ぐことができます」、「あなたは訴訟を起こさずに真剣に取り組むことができます」、[282]

イノベーションタイムオフポリシー 

動機付けの手法として、GoogleはInnovation Time Offとして知られるポリシーを使用しています。Googleのエンジニアは、興味のあるプロジェクトに20%の勤務時間を費やすことを推奨されています。GmailGoogleニュースOrkutAdSense などのGoogleのサービスの一部は、これらの独立した取り組みから生まれました。[283]スタンフォード大学での講演で、2012年7月までGoogleの検索製品およびユーザーエクスペリエンス担当バイスプレジデントを務めたMarissa Mayerは、2005年後半の新製品発売の半分がInnovation Time Offによるものであることを示した。[284]

ニューヨークタイムズ エクスポージャー(2018) 

2018年10月25日、ニューヨーク・タイムズ紙は、公開ExposéのGoogleは保護された方法、アンディ・ルービン、 『アンドロイドの父』」。その後同社は、性犯罪で「過去2年間に48人の従業員が解雇された」と発表した。[285]の記事が出た後の週、グーグルX(2015年X開発LLCに改称)幹部リッチDeVaulはの苦情に基づき辞任セクハラ[286]

従業員 

新入社員は「Nooglers」と呼ばれ、最初の金曜日に着用するプロペラビーニーキャップが与えられます。[287]

2018年3月現在、Googleの従業員数は85,050人です。[4] Googleの2017年のダイバーシティレポートによると、従業員の31%が女性、69%が男性で、人口の主な人種は白人(56%)、アジア人(35%)です。[288]しかしながら、技術的役割のうち、20%が女性でした。そして、指導的役割の25%は女性が担っていました。[288]報告書はまた、インテルの元副社長、CDO、およびCHROダニエル・ブラウンが、新しい多様性担当副社長としてグーグルに加わることを発表した。[288] 2013年3月のレポートはEclipseCon2013で発表され、グーグルは40以上のオフィスに1万人を超える開発者を擁していたことを詳述しました。[289] [ 更新が必要 ]

Googleの従業員は階層システムに基づいて採用されています。従業員は経験に基づいて6つの階層に分けられ、「レベル1の初心者レベルのデータセンターの従業員からレベル6の管理職および経験豊富なエンジニアまで」の範囲にわたります。[290]

創業者のSergey Brin氏とLarry Page氏、そしてCEOのEric Sc​​hmidt氏は、2004年のIPOの後、彼らの基本給を1ドルに引き下げるよう求めました。主に彼らの主な報酬がグーグルの株式を所有することから来ているので、彼らの給与を増やすための会社によるその後の申し出は断られました。2004年以前は、Schmidtは年間25万ドルを稼ぎ、PageとBrinはそれぞれ15万ドルの年間給与を受け取っていました。[291]

2008年3月、当時のグローバルオンラインセールスおよびオペレーション担当副社長のSheryl SandbergはFacebook最高執行責任者としての地位を開始しました。[292] [293] 2009年、初期の従業員Tim ArmstrongAOLの CEOに就任しまし。2012年7月、Googleの最初の女性エンジニアMarissa MayerGoogleを離れてYahoo!になりました。のCEO。[294]

2017年1月、Googleの従業員は難民支援のために200万ドル以上を危機管理基金に寄付しました。同社はこの寄付金にさらに200万ドルを追加しました。従業員は、グローバルな職場を整理ウォークアウトに助けられ、ハッシュタグの米大統領に抗議するため、#GooglersUnite ドナルド・トランプイスラム教徒の渡航禁止を[295] [296]

2017年末、インテルの元エグゼクティブエグゼクティブ、Diane BryantGoogle Cloudの最高執行責任者になりました[297]

2018年11月1日、グーグルの従業員は、元執行役のアンディ・ルービンの黄金のパラシュート出口を含む、セクシャルハラスメントの苦情に対する同社の対応に抗議するための世界規模の調査を実施した[298] 20,000人以上の従業員と請負業者が参加しました。[299]最高経営責任者(CEO)Sundar Pichaiは抗議を支持していると報告された。[300]

オフィス所在地と本社 

Googleマウンテンビューキャンパスガーデン
コーポレートカラーで塗装された自転車は、グーグルプレックスの周りを旅行する従業員なら誰でも無料で利用できます。

マウンテンビュー 

Googleの本社マウンテンビュー、カリフォルニアは「と呼ばれているグーグルプレックス」、数の上で言葉遊びグーゴルプレックスとさ本部自体の複雑な建物の。ロビーはピアノ、溶岩ランプ、古いサーバーの群れ、そして壁には検索クエリが映し出されています。廊下はエクササイズボールと自転車でいっぱいです。多くの従業員が企業のレクリエーションセンターにアクセスできます。娯楽施設はキャンパス中に点在しており、ウェイトマシンとローイングマシンのあるワークアウトルーム、ロッカールーム、洗濯機と乾燥機、マッサージルーム、各種ビデオゲーム卓球などがあります。、ベイビーグランドピアノ、ビリヤード台、卓球台。レクリエーションルームに加えて、栄養に特に重点を置いた、様々な食べ物や飲み物が並ぶスナックルームがあります。[301]無料の食料品が24時間365日、従業員に提供されている。有料の自動販売機が提供する商品は、より栄養価の高いものに基づいて比例配分されている。[302]

グーグルの豊富なアメニティはすべての労働者に利用できるわけではありません。ブックスキャナーなどの一時労働者は、シャトルGoogleカフェ、その他の特典を利用できません。[303]

ニューヨーク市 

グーグルのニューヨーク市オフィスビルには最大の広告販売チームがあります。

2006年には、Googleがおよそ30万平方フィート(27900メートルに移動2で、ニューヨークのオフィススペースの)111エイスアベニューマンハッタンインチ このオフィスは、Google専用に設計および構築されており、最大の広告販売チームを収容しています。[304]ニューヨークの本社は、ゲームルーム、マイクロキッチン、ビデオゲームエリアを含んでいます。[305] 2010年に、グーグルはその資産を約19億ドルと評価した本社のある建物を購入しました。[306] [307]2012年2月に、Googleニューヨーク市のキャンパスに合計2,750人の従業員で追加の従業員を移動しました。[308]

その年の3月、グーグルの親会社であるアルファベットは、現在のニューヨーク本社の近くで24億ドルでチェルシーマーケットビルを購入した。売却はニューヨークの歴史の中で単一の建物のための最も高価な不動産取引の一つとして宣伝されています。[309] [310] [311] [312]同じ12月、グーグルのための1700,000平方フィート(160,000 m 2)の本社がマンハッタンのハドソンスクエア周辺に建設されることが発表された。[313] [314]グーグルハドソンスクエアと呼ばれるこの新しいキャンパスは、ニューヨークで働くグーグルの従業員数の2倍以上になると予測されている。[315]

他の